【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

訪問の多い喫茶店

   

Sponsored Link

私が実際体験した出来事です。

彼女が癌の手術をしたばかりで、近くの美江寺観音様に治癒の祈願にお店を開ける前に参拝してました。

彼女の癌は驚くほど回復し、これも観音様のお陰と感謝して参拝を続けていた……そんなある日のこと。

午後三時くらいに二人の男のお客さんがみえました。

その二人にお水を出そうと用意していましたら、もう一人駆け込んで来る男のお客がいまして……

お水を三つ用意し直してテーブルに行くと、二人しかいません。

「三人様ですよね?」と尋ねますと……

「いいえ二人です」との答え。

あれ?あとからもう一人きたよなぁ。

遊びにきてた彼女に言うと……彼女は「ううん二人だったよ」と言います。

ええっ?ほんとうかぁ……

じゃああとの一人は幽霊か?などと彼女と話していました。

テーブルには初老の紳士とサラリーマン。

あとから来た若いやつはどこに?と考えていました。

しばらくして二人が会計にレジの所にみえました。

そこでまた驚きの出来事がおきました。

なんと会計に来た二人はサラリーマンの上司と部下という感じ……

二人は黒いネクタイ……

えっ????

あとから来た幽霊だと思った方が目の前で千円札をだしている……

震えるような手でお金をもらいお釣りを渡しました。

二人が帰ったあと彼女に聞きました。

彼女がいうには、「最初に一人が入ってきて、後からもう一人駆け込んで来たんだよ」という。

じゃあ幽霊が入って来たと話している時に見えていた初老の紳士が幽霊だったのか!

……なんとも狐につままれたような体験でした。

どうやら、まず上司が一人で入ってきて遅れて来た部下はトイレに直行。

部下がトイレにいる間に私が応対していたらしいです。

この体験の答えは次の日わかりました。

朝一番に初老の品の好い女性がみえました。

昨日がご主人の葬式だったとか。

きくとまだまだ若いと言える六十代。近くで洋品店を営んでいらっしゃる方でした。

奥様に昨日の事を話そうか迷いましたが言わずにおきました。

私のお店は店中に彼女が描いた仏画が溢れるお店です。

……いろいろな方がみえる喫茶店です。

(了)

 

怪談社(己の章) [ 伊計翼 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

呼ぶ声がする

  僕が小学生の頃、沖縄にいた時の話。 47 名前:あなたのうしろに名 …

橋の上の女

  二年前まで僕は大阪府の中でも奈良よりの小さな市に住んでいました。 …

ゴーストップ

山での話。山といっても、国道で、本線の裏道のような道路でのお話。 そこは確かに国 …

先生の腕

先生は話をする前に 「ハイッ!話し終わったら、私の腕に注目~!」 と意味不明なこ …

【岡本綺堂傑作選】異妖編(一) 新牡丹燈記

異妖編 (一) 新牡丹燈記 剪燈新話のうちの牡丹燈記を翻案した、かの山東京伝の浮 …

お囃子の騒めき

  母方の祖母から聞いた話…… 489 :本当にあった怖い名無し:20 …

学校の階段~落書き~

小学校六年生のときのことだから、もう十年以上前の話になります。 350 本当にあ …

螺旋階段の少女

6年前の夏の日の話だ。 俺は会社の同僚達と飲みにいって、帰路についたのはもうAM …

裂けた御札

  中学生の頃の修学旅行の話。 やっと着いた旅館は何かぼろい感じで、上 …

変な高校生~コンビニ店員シリーズ01

俺コンビニで早朝バイトしてる20代なんだが、 7時45分から8時15分くらいまで …