【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

きさらぎ駅に行った話

      2017/03/20

Sponsored Link

高校生の時の体験談。

610 :本当にあった怖い名無し:2016/11/24(木) 12:34:14.52 ID:LKftJRUs0.net

『きさらぎ駅』に行った話。

別の市にある友達の家に行った、帰りの電車だった。

それまでバスと自家用車が主な交通手段で、ほぼ電車は初めてだった。

でも、行きの電車がきちんと乗れたから、帰りは多少安心してた。(乗り換えとかは無い)

電車の中ではガラケーいじってた。

トンネルを抜けて、海沿いの道を進んでたんだけど、気付くとまわりが薄暗い。

まだ夏の五時過ぎだったから、こんなに早く暗くなるか?と思いながら、車窓を覗くと、景色が薄暗かった。

風景に黒いセロファンをかぶせたみたいな感じ。

周りを見回すと、電車内には私以外に七人の人がいたんだけど、みんな顔を伏せて寝てた。

みんな同じポーズで、電車のわずかな振動に合わせて頭が揺れてる。

ちょっと怖くなってたら、親からメールがきた。

『いまどのへん?駅には六時までに着きそう?』

親に六時に駅に迎えに来てってお願いしてたから、その確認メールだった。

とりあえず周りの人が変なのを伝えようと返信。

『五時五十分に着くように電車乗ったよ。でも周りの人がなんか変。みんな同じ格好で寝よる。あと、景色が見たことない暗さしとる』

親からは、『きちんと降りんさんいよ。周りが変ってどういうこと?みんな疲れとるんじゃない?あと、まだこっちは暗くないよ。あんた寝よるん?(笑)』
的なメールがきた。寝てるのにメールが書けるか。

そのメールになんて返信したら状態が伝わるか考えてたら、電車がゆっくり、大きく揺れて停まった。

駅についたみたいで、アナウンスは無かったけど、ドアがプシューって音をたてて開いた。

周りの人は相変わらずで、気味悪くて車窓からもう一度外をみた。

奥にふっるい木造の駅舎があって、その手前に看板があった。

駅名が『きさらぎ』駅と書いてあった。

聞いたことない駅だと思って、首をかしげたんだけど次の瞬間、ゾッとした。

『きさらぎ』駅の次の駅名が『ねのくに』駅だった。

私、島根県民。現場も島根県。

小さい頃から絵本やら神楽やらで神話は割りと慣れ親しんだものだった。

それで『ねのくに』→『根国』じゃないかと思った。

島根県の教育よありがとう。

根国っていうのは『行き来は出来るけれどこの世ではない異界』のこと。

根之固洲國とか、底根國ともいうみたいね。

とにかく、生きてる人間が来るとしたら良くない駅だっていうのだけはわかった。

雰囲気も素敵だとは言い難い。

どうしよう。降りるべき?親に相談する?電話とか?って思ってたんだけど、どこか冷静で、電車で電話したら駄目だとか思ってるうちに、ドアが閉じて電車が出発してしまった。

ちなみに、きさらぎ駅の前の駅は『たそがれ』駅だった。黄昏駅なのかな。

つまり駅は『たそがれ→きさらぎ→ねのくに』の順番ね。

どうにかしないとと思いながら、とにかく親に説明のメールを打ってた。

Sponsored Link

そしたら、子供の声がした。

びっくりして声の方をみたら、電車に乗ってた親子連れの子供が親御さんに話しかけてた。っていうか、起きてた。

「え?」ってなって、周りを見回したら、寝てたはずの人達七人全員起きてた。

車窓からの景色も、薄暗さが消えてた。

混乱してる私を他所に、それから五分もしないうちに最寄り駅についた。

親が怒ってたので理由を聞いたら、時計を見せられた。六時二十分くらいになってた。

迎えは六時の約束だったから、だいぶオーバーしててそれで親は怒ってた。

理由を言おうかと考えたんだけど、意味不明に聞こえそうなことを言っても火に油を注ぐだけだと思って、遅れてごめんなさいと謝った。

それで親に家まで連れて帰って貰って、体験自体は終わり。

納得いかなくて、あとから同じ電車に乗ったんだけど、きさらぎ駅もたそがれ駅もねのくに駅も無かった。

ちょっと調べてみても、島根にそれっぽい駅はない。

私が電車で寝てたのかもとも思ったけど、親とやり取りしたメールは残ってた。

ただ、メールはガラケーからスマホに代えるとき気味悪くて消去した。

勿体無いことをしたのかもしれない。

こんな感じの話。

長くなって申し訳ない。

信じるかはみなさんに任せる。

ただ、私はあの時、きさらぎ駅で降りなくて良かったのだと思いたい。

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1476840448/]

 

「極」怖い話(地鎮災) [ 加藤一 ]
一世一代の買い物―家。不動産の購入は多くの人にとって一生に一度あるかないかの一大イベントにして、最も高価な買い物だ。それにもかかわらず、試用期間も事前練習も許されず、少ない情報の中で決断せねばならない。住み始めてから何かあってももう遅く、再度売り払い、引っ越すのは並大抵なことではない。だが、この世には手を出してはいけない物件というのが確実に存在し、呼び寄せられるが如くそこに住んでしまった人たちがいる。俗に言う瑕疵物件だけでなく、遙か昔の歴史が絡む曰くつきの土地など様々なケースがあるが、そこでは信じ難き恐怖と不幸が実際に起きている。北海道の有名心霊スポット、円形マンションの真実に迫る驚愕の取材をはじめ、呪われた家と土地に纏わる実話を集めた渾身の書き下ろし怪談!

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

あの場所…

初投稿。事実を有り体に書きますので、オチません。 272 本当にあった怖い名無し …

兄に話しかけてはいけない

爺さんから聞いた話。 753 :本当にあった怖い名無し:2016/12/01(木 …

バスの老紳士と奇妙なおばあちゃん

友人から聞いた話です。 503:1/3 ◆zxEvCWYvb6 :03/12/1 …

椎名町駅でみた異様なのっぽさん

10年弱くらい前の話。あえて具体的に場所特定した上で書く。 342 :2017/ …

工場焼け跡塾

  人生で一回だけ体験した二十五年前の不思議な出来事です。特定されてし …

異世界で暮らす彼女

平成初頭、自分がまだ高校生の頃付き合った彼女の話。 高1の夏休み前に父親の会社が …

黒い封筒

  一昨年婆ちゃんが死んだ。高齢だったし、震災の心労もあったのかあっけ …

奇妙な手紙

2009年の暮れ、会社に一通の手紙がきた。 編集プロダクションに勤めている俺への …

奇妙な水晶玉

夏に田舎へ行った時、不思議というか怖いというか、そういう体験をしたので書いてみる …

えびす温泉

もう十年以上前のことになるけど、木曽のほうに二泊三日の予定で釣りに行ったんだよ。 …