【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

奇妙な写真

      2016/10/09

Sponsored Link

 

俺が中学一年の時に、祖父が突然死んだ。

祖父は祖母と二人で行った温泉旅行から帰ってきたその日に心筋梗塞かなにかで死んだ。

祖父は今まで病気一つしたことのない人だったので、そのあまりにも突然の死にみんなビックリした。

葬式が終わって、家族で祖母の家に行くと帰ってきてからそのままになっている祖父の旅行カバンを見つけた。

母が旅行カバンを開けて整理していると、祖父が今回の旅行のために買った使い捨てカメラが出てきたので、母は夕飯の買い物のついでに近くの写真屋でそれを現像してもらってきた。

出来上がった写真を見てみると、旅行先の観光名所だけが写った写真か、祖母一人がこちらを向いて微笑んでいる写真ばかりで、祖父が写っている写真が全然見当たらなかった。

祖母が言うには、祖父は写真を撮るのは好きだが、自分が撮られるのはあまり好きではないらしく、見ず知らずの人に、「すいませんシャッター押してもらえますか?」と頼むのも照れくさがって嫌がるらしい。

「こんなことなら、無理してでも一枚、二人で写った写真を撮ればよかったねえ……」

と祖母がもらすと、弟が

「じいちゃんが写ってる写真あったよ!」

と写真の束から一枚の写真を取り出した。

その写真は、展望台で、まばらにいる観光客を背に微笑む祖母と、祖母から少し離れた後ろで、こちらを無表情で見つめている祖父が写っていた。

その写真を手に取った祖母は

「変だねえ、確かに、ここに行っておじいさんは写真を撮っていたけど、誰かにシャッターを頼んだ覚えはないいんだけどねえ……」

と、けげんな顔をした。

確かにその写真はちょっと変だった。

祖父は、たまたまそこを通りかかったらカメラに写ってしまった、といった感じだった。

父が、そっくりさんじゃない?と笑ったが、写真の人物は誰がどう見ても祖父だったし、着ている服も祖父の服だった。

祖母は、私の思い違いかしらねえ、と言って写真を元に戻した。

祖母の家から帰る車中、父が

「この世には自分とそっくりの人間がいるって言うじゃない?きっとそれだよ」

と冗談っぽく言った。

それを聞いて俺は、たしか自分とそっくりの姿をした人間に出会ったら死ぬんじゃなかったけ……?と思ったが、母が

「馬鹿なこと言わないで。お母さん、最近忘れっぽいから、誰かにカメラのシャッター押してもらったの忘れてるのよ」

と怒ったので、この話はこれ以上家族でしないことにした。

(了)

 

本当は聞きたくない!山の怖い話 その2

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

階下の奇妙な住人

西東京のアパートに引っ越した時のことです。 2DK、2階建て軽鉄骨の築2年、ごく …

検査室の白衣

  昔、働いていた工場には検査室という六畳ほどの小さな部屋があった。 …

犬畜生

去年の話。似た住所の同姓の人の郵便物がたまに誤配送される。 いつも黙ってポストに …

汲み取り式便所でみた別世界

  あとから考えると怖い幼い記憶 5 :あなたのうしろに名無しさんが… …

変わった隣人

  私が住んでいるマンションのお隣さんがちょっと変わっている。 536 …

稲荷祭りの夜に

身バレしそうで怖いけど、いまだに不可解な体験をひとつ。 711 :本当にあった怖 …

ワンカラの怪

先日、地元のカラオケ店に一人で行った時の話。 436 :ざんげの値打ちもない:2 …

まぶたの赤児【哀しくて切なくてチョッと怖い話】

よく怖い話で「昨日までいた彼女の存在がそっくり消えた」とか「昔の友達に関しての記 …

山城跡の鈴音

今から七~八年前の実話です。 お盆休みを利用し旅行がてら、当時の彼女と某山城跡を …

コンセント

最初に気付いたのは、散らかった部屋を僕の彼女が片付けてくれた時だった。 僕は物を …