【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

奇妙な水晶玉

      2017/01/02

Sponsored Link

夏に田舎へ行った時、不思議というか怖いというか、そういう体験をしたので書いてみる。

153 :本当にあった怖い名無し:2013/08/28(水) 23:12:36.36 ID:nO5e6j5y0

親父の実家が田舎の古い家で、おばあちゃんとおじさん夫婦(親父の兄)が住んでる。

おじいちゃんはすでに亡くなってて、おじさんとこの子供は都会で別居。

年に二回、盆と正月に集まるくらいで、その時には墓参りだのそうじだのをする。

今年は離れの横にある小屋の大そうじだってんで、親戚一同がくそ暑い中でバタバタやってた。

小屋の中にあるいろんな物を表に出して、炎天下で虫干しと仕分け。

古いトースターや農機具だとかマッサージ機なんかがわらわら出てきて、見てると面白いけど、そういうのはまあゴミにしかならないんで捨てる。

包装紙や布切れなんかも小まめに取っといてあるのが昔の人なのかな。

で、その中にあった古いダンボール箱の中に、布みたいな和紙にくるんである丸い玉。

紙の中から出てきたのは水晶玉みたいな透き通った直径十五センチくらいの玉。

おばあちゃんに聞いたら、昔からあって全然使ってないけど何となく捨てられないんだとか。

日に透かしてみると古いものとは思えないくらい透明で、向こうの景色がゆがんで見える。

「売れば高いのかな?」

「じいさんはガラスじゃないかって言ってた」

そんなことを言い合いながら、ダンボール箱ごと積み上げてある荷物の上に置いた。

しばらくして雲行きが怪しくなってきたかと思うと、いきなり大雨になった。

大あわてで虫干ししてた荷物を屋根のあるところへ移している最中、荷物が当たって水晶玉が入ってるダンボール箱が下に落ちた。

中を見ると水晶玉が割れてた。

スイカを落としたみたいに見事にパックリと。

で、その破片の中心に小さな箱があった。

一辺五センチくらいの立方体。軽くてフタや開口部はない。

漆塗りみたいにつやのある赤でキズもなく、何というかきれいな箱だった。

でも、この箱はどこにあったんだろう?

状況からみると水晶玉の中に入ってったぽいけど、さっき透かしてみた時には中に何かが入っているようには見えなかった。

いろいろ情報が多すぎて動作がしばらく止まったけど、とりあえず雨から避難するために箱を持って屋根のところへ。

一通り荷物を移したら一旦家に入って雨が止むのを待つことに。

茶を飲んだり菓子食べたりしてるうちに晴れ間が出てきたので作業再開。

休憩中に水晶玉を割ったという話をしていたので、一同で箱のところへ。

ところが、ダンボール箱は空になってた。

水晶玉も小さな赤い箱もない。和紙の中に小さい破片だけが残されていた。

誰かがどこかへ移したのか?と思ったけど、誰もそんなことはしていない。

荷物の山を探したけどどこにもなかった。

と、何気なく足元を見て気がついた。

そこは屋根付きの通路みたいになっていてコンクリートで舗装してある。

そのコンクリートの上に泥で足跡がついていた。

外庭から水晶玉が入っていた段ボール箱まで、小さな足跡がポツリポツリと続いている。

ちょっと間があいてからゾワっときた。

良くみると裸足だし。

みんなも同じ感じで、ちょっとシーンとなった。

気味が悪いから、残りのそうじや仕分けは適当にして墓参りに行った。

不思議なことはそれだけ。

後は普通に酒飲んだり辛気臭い話があったり、まあ普通の夏の恒例行事。

田舎から家に帰ってからも水晶玉のことは気になってた。透明な玉に赤い箱が入ってたら普通見えるだろう。

でも、屈折の具合で見えなくなることがあるのかな?

調べてみたけど何も分からない。そういう情報もないし。

ただ、さっき思い出したことがあって今さら気がついたんだけど、あの足跡は行きだけで帰りがなかった。

箱のところまで行って、その後どうやって帰ったんだろう。

足を拭いたのか?足跡の上を踏んで帰ったのか……?

(了)

 

実話怪談覚書水霊魂 [ 我妻俊樹 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Comment

  1. うす より:

    怪盗ジョーカーで水の中に空気の膜を張った物を入れたら外からは屈折で見えなくなるネタがあったがその原理なら水晶玉でもいけそう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

honogurai-akari
仄暗い豆電球の明かりの中で呟く声が聴こえる……

  弟の十歳の誕生日。僕はその二ヶ月前に十二歳になっていた。 2006 …

151025_007
中華屋奇譚

近所の中華屋でラーメンを喰ったんだが、金を払おうとしたら、店主がいらないと言うん …

151118_007
武士と逢びき

小学校低学年くらいの時、凄い霊感が強かったみたいで、道を歩くだけでも色んなものが …

150726_002
5億年ボタン【名作】

記憶が曖昧ですが、自分が小学生くらいの頃にジャンプの特別版か何かで読んだ漫画です …

koujyouato-juku
工場焼け跡塾

  人生で一回だけ体験した二十五年前の不思議な出来事です。特定されてし …

orenositaimitukaranai
俺の死体が見つからない

あまりに不幸なことが続いた。 591 : 2007/10/22(月) 13:14 …

uitahito
浮いた人

学生時代、ビル清掃のアルバイトをしていた時の話。 そこは自然に囲まれた、10階建 …

img0880
去年の私

  数年前、いつも行ってるコンビニに自分と同じ服を着た人が居た。 55 …

img0392
存在しないレストラン

先日の話。私は学校の同期と飲み会があり、お店の予約をする事になっていた。 862 …

151230_005
●鍾乳洞の少年

俺の地元には小さな鍾乳洞がある。 田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても …