【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

奇妙なドア

   

Sponsored Link

 

新しい家はベランダが広く、中も西洋の雰囲気を醸し出しているとてもよい家でした。

23 :毒男 ◆B.DOLL/gBI :2010/11/21(日) 04:19:11.84 ID:NgsFIxaY0

ただひとつ、僕の部屋にある奇妙な扉を除いては……ね。

僕の部屋のクローゼットのドアを開けて、更にその奥に小さいドアがあるんです。

たとえば電子レンジとか、旅館にある金庫あたりの小さいドアです。

取っ手の部分はザラザラに錆びていて、握っただけで手に錆がこびりつく。

気味が悪くて僕は開ける気にもなりませんでした。

父が気になるとはりきって開けようともしましたが、長い間誰も住んで居なかった家だったので扉が歪んでしまっていたり、錆のせいで腐食していたりしてどうしても開きませんでした。

それでも「業者を呼んで開けてもらう」と父は張り切っていました。

僕はそんな気味の悪い扉、開けなくてもいい。と思う反面、中に何が入っているのか分からない扉がある部屋で過ごさなければいけない。

僕の心は不安でいっぱいでした。

引っ越してきて二日がたったでしょうか。

ついに父が「明日、業者が来る。もしかしたら宝石でも入っているかもな」とニヤニヤした顔で僕に注げてきました。

明日になればこの不安も消える……

そう考えて僕はベットにもぐりました。

気味が悪いのでベットは部屋の隅に移動して、クローゼットから一番離れた位置にしていました。

もしも寝ているときに物音でも聞こえたら、嫌ですからね。

眠りについてどれぐらいしたでしょうか。ふと目が醒めたんです。夜中に。

時計を見ると午前三時半。

物音ひとつしない薄暗い電球の下、一人きり。

さすがに僕は恐怖心には勝てず、ぶら下った電気の線を引きます。

カチカチ

あっさりと電気はついて、明るい部屋が映し出されました。

「あ……!」

僕は背筋が凍りつくかと思いました。

クローゼットが開いているんです。閉めたはずなのに。

電灯に照らされたクローゼットの中に、あの錆びたドアがぼんやりと浮かんでいます。

恐くて恐くて、僕はあわててクローゼットを閉めようと扉にとびつきました。

その時です。

カリカリ……カリカリ……カリカリカリカリ

扉の内側からドアを引っかく音が聞こえてきたんです。

爪で大根おろしのギザギザした所を引っかくような、そんな痛々しい音でした。

(何かが、ドアの向こうにいる……)

引っかく音はだんだん激しくなっていき、ベリっと何かがはがれる音が聞こえました。

「お、お父さん! お母さん!」

あまりの恐怖にクローゼットの扉から手を離せないでいる僕はその場で叫びます。

けど、どれだけ待ってもどれだけ叫んでも……誰もこないんです。

まるで扉に声が吸い込まれているみたいに。

ギャリッ……ギャリッ……ガチャ

扉からの音が変わりました。

(ノブを、ノブを回してるんだ……! 大丈夫、大丈夫……あのドアは開くはずがないんだ、開くはずが)

ガチャガチャ……ガチャガチャ

ノブが何度も回って、僕はそれを見守ることしか出来ませんでした。

やがて音は更に不気味に大きさを増していきます。

まるでドアに体当たりしているような、ギシギシと扉が軋むのが分かりました。

ギッギッ………

……ギッギッ

僕は目を疑いました。

あれだけ父が力を込めても開かなかった扉が、少しずつ錆を落としながら開こうとしているのです。

「ひっ……!」

僕は情けない声を上げてクローゼットのドアを閉めました。

本当なら中の扉を閉めようとするべきでしたが、それは恐くて出来ません。

閉めた扉の向こうから、ギッギッギッと音がしばらく続き、バァン!

扉が開いた音でした。

何かがあの小さな扉から出てくる。ゴキゴキと間接が鳴る音が聞こえました。

「あぁあぁあああああぁああぁぁ……」

この世のモノとは思えない声がクローゼットのドアをびりびりと震わせます。

寒気で体中の血が凍りつきます。

「お父さん! お父さん!!」

僕は泣きながら必死で扉をつかんでそれが出てこないように叫びます。

ギシ……ギシ………

ついに中の「なにか」がクローゼットの扉を掴みました。

同時にものすごい力で扉を開けようと押してくるのです。

ギッギッギッギッ!

「ぎゃあぁあッ!」

少し開いた扉の上の方から真っ青になった血の気のない腕が飛び出し、ばたばたと水を得た魚のように暴れるそれに僕は絶叫しました。

更に足元から顔のようなものが這い出してきたとき

(上から手、下から頭……こんな人間いるはずない)

そう思いながら僕は気を失いました。

(了)

 

ゆるしてはいけない [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - ほんとにあった怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

シリンダー錠にまつわる怖い話

  仕事から帰ったら部屋の前にオッサンが二人で立ってた。 290 :本 …

空き家に棲むもの

ガキのころ、俺達の間では探検ごっこが流行っていた。 207: 本当にあった怖い名 …

古い木造アパートの部屋で起きた異変

  前に住んでたアパートで起きた出来事だ。 659 :本当にあった怖い …

高砂や

  今からお話するのは、おそらく毎日、私の身の回りに起こっていた出来事 …

無差別攻撃

オレが小学生のころに聞いた、先生の体験談を書きます。 290 本当にあった怖い名 …

学校を徘徊する幼女

これは俺が小学校六年生のときに実際に体験した出来事。 843 : 2009/08 …

石北本線、常紋トンネルにて

  1990年代の話ですが、現役バリバリの鉄チャンだった頃の実体験です …

黒い人

ちょっと前に思い出して、少し背中がひんやりした体験。 138 :本当にあった怖い …

ホーム・アローン~留守宅糾憫

俺は昔、父の都合で田舎の実家に住んでいた。 小学校低学年だった俺は、休日昼間はよ …

金縛りの夜チビが死んだ

  中学生の頃、一年間だけ犬を飼った。 590 :本当にあった怖い名無 …