【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

小学校で肝試し

   

Sponsored Link

 

これは僕が小学五年の時の話です。

五年生になると夏休みに一泊二日で学校に泊まって、自分達で飯を作ったり、何か作業したりしてプチキャンプみたいな行事がありました。

夜になると肝試しがありました。

体育館から男女一人ずつペアで順番に決められたルートで校舎を歩いて、体育館から一番遠い南側の離れた校舎に行くんです。

僕は好きな子とペアになればいいなと思っていましたが、そんな都合よくペアになれる訳も無く、違う子とペアになりました。

ただ、その子翔子ちゃんは可愛い系のグループの一人で仲も良かったので、まぁ不細工な奴となるよりかはマシだなと思いつつ、自分達の順番を待っていました。

そして自分達の順番になって体育館を出ました。

当たり前ですが校舎は真っ暗でシーンと静まり返っています。

最初の理科室に入るところで、

「お前先に入れよ」

「嫌や。よっくんが先に行ってよ!」

などと軽口を叩きつつもちょっとドキドキしていました。

理科室では先生が物陰から飛び出てきたりで、翔子ちゃんはキャーキャー言っていました。

僕はまぁ予想できていたし、身構えていたので声に出す程びっくりしませんでした。

理科室を抜けて、「びっくりしたねぇ」「別にぃ」等と言いながら廊下を進み二階に行く為に階段を上ろうとした時でした。

いきなり「キャハハハハハハハハハ!」と大きな笑い声がしました。

油断していた僕と翔子ちゃんは「うわあぁああ!」と笑い声の方を振り向きました。

ちょうどその階段の隣の奥に職員トイレがあった為に、狭くて短い廊下がありました。

そこに女の人が立っていてこっちを見て大声で笑っているのです。

真っ暗で階段の手すりが死角になっていたので、横を通っても気付かなかったのでしょう。

ビビりながらも、暗くて顔がよく見えない僕はその女の人に「びっくりしたぁ!先生誰?」と声を掛けました。

しかし、女の人はまだずっと笑ってこっちを見ています。

「?」と思い、女の人に近づくと、先生と違う!?見た事ない人や!と気付きました。

その人はこの学校では一度も見た事の無い女の人でした。

僕は恐怖とパニックで、無言のまま笑い続ける女の人を見ていました。

翔子ちゃんも僕と同じで無言のまま女の人を見ていたと思います。

すると突然、大声で笑い続けていた女の人がピタッと笑いをやめ、

「……違う」と言って無言のまま、こっちを見ながらゆっくり真っ暗な職員トイレに入って行きました。

呆然と立ち尽くす僕の袖をギュっと引っ張って、翔子ちゃんが「早く行こう」と呟きました。

「あぁ」と僕と翔子ちゃんは歩き始めました。

僕は翔子ちゃんに「あの人見た事ある? 俺見た事ない」と聞くと、翔子ちゃんは「私もない」と返し、二人とも無言のまま歩いていきました。

その後、工作室や保健室などを通りましたが、先ほどの恐怖があったので大してびっくりもせず、みんなが待っている南校舎の会議室に着きました。

そこには六十人ぐらい集まっていました。

 

Sponsored Link

僕たちの学年は130人くらいいたので、そのまま僕らも全員ゴールするまでそこで待っていました。

僕はさっきの女の人が誰か気になって、クラスの男子に「階段のトコで……」と聞いてみる事にしました。

しかし誰一人そんな人はいなかったと言うので、こいつら俺をからかいやがって、と思い女子にも聞いてみる事にしました。

しかし女子もそんな人はいなかったと言うんです。

逆に「よっくんは、いっつもそんな冗談言うよね」みたいな反応をされたので、同じペアの翔子ちゃんが「私も一緒に見た」と反論しました。

しかしやっぱり誰も見た人はいませんでした。

僕は「マジかよ……」と思いつつ新たにゴールしてくる奴に聞いて回りましたが、そんな人は出てこなかったと言われました。

そして、そのまま全員がゴールして肝試しは終わりました。

不安な気持ちでいっぱいだった僕は、担任に女の人の事を聞いてみました。

「階段のところで脅かし役をやっていた人は誰か?」と聞いたところ、

「階段に脅かし役はいない」と言われたので、

僕が見たその女の人、髪が肩より下まで伸びててなどと、特徴を言って、

「そんな感じの人、今学校にいますか?」と聞いてみました。

「寺崎先生の事?」と言われたんですが

「いえ、絶対に寺崎先生ではありませんでした」と答えると、担任は

「よういち!冗談言ってるやろ?」と言い出しました。

仕方ないので翔子ちゃんを呼んで来て同じ証言をしてもらうと、担任は

「じゃあちょっと見回ってくる」と言って何人かの先生と校舎を見回りに行きました。

数十分後、帰ってくると「そんな人はいなかった」と女の人の件は終わってしまいました。

僕は釈然としないながらもあきらめて寝る事にしました。

その後、結局その女の人が誰かは分かりませんでした。

一体あの女の人は何者だったのかとたまに考える事があります。

小学校の時は幽霊だ! と思っていましたが、今では変質者が紛れ込んでいたのかなと思う様になりました。

ただそう考えるとちょっとゾクッっとくる怖さがあります。

今の時代だったら、僕と翔子ちゃんの証言で多分中止なるだろうな……

(了)

 

ふたり怪談(5) [ 黒木あるじ ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

呪具

心の整理が出来てきたので、お話します 46 :モンキチ:2015/07/07(火 …

キューピーハウス

原題:逃げ場がない 小さな頃の話で、今じゃ確認のしようのない話ですが、自分にとっ …

祖母のした事

私の一番古い記憶は三歳。 木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。 …

ツウフウダンプ

前職が建設機械レンタル業だったんだけど、その時の話。 702 :本当にあった怖い …

今、神様やってるのよ

うちの母方の実家が熊本県にあるんですけど、ずっと実家に住んでいる母のお姉さんが、 …

母の愛は永遠に…

怖いというより悲しい話だけど、一年前母さんが死んだ… 457 :本当にあった怖い …

海底から伸びる手

  十五~六年ほど前。それは秋田県の某所、季節は夏のことでした。 その …

新サイトに移行中です【2017.09.18】

    いつもアクセスいただきありがとうございます。 ただい …

呪いのファミコンカセット

ゲーム雑誌会社で働いていました。 当時はゲームと毎日向かい合っていたので、振り返 …

七稲荷

卒業まであと数日となった時、学年主任をしていた皆藤先生が教えてくれた「この中学校 …