【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

可愛がり

   

Sponsored Link

私は怖くないけど、友人が《怖い怖い》と言うので自分をネタにしてみる。

kawaigari

私は動物好きだ。

でも友人は、それは違うと言う。

特に小動物が好きで、手にふわふわした毛皮の感触があるのが楽しい。

大学で実験用のネズミを掴んだときは、もぞもぞ動くのが可愛くて撫でまわしてた。

そしたら友人が、「何やってんの!?メチャメチャ苦しがってるじゃん!」と言ってひったくられた。

なるほど、友人の手に移ったネズミは大人しくなった。

掴みかたが悪かったのかと次のを掴んだら、やっぱりジタバタ動いてた。

楽しかったから、今度は友人に渡さずに堪能してたら、凄く気味悪そうに見られた。

「誰が見ても、首を絞められて苦しんで暴れてると分かる様子なのに、何ひとつ感じないで笑ってる私が怖い」

と言っていた。

別に首を絞めたつもりはなかったし、手触りが気持ちよかったから夢中で気づかなかった。

実家に帰省したら、親が猫を飼ってた。

可愛いなと思って近寄ったら逃げた。

捕まえて抑えて撫で回してたら叱られた。

私は遊んでるつもりだったが、猫は本気で苦しがってたらしい。

ついでに言うと、私は赤ちゃんも好きだ。

でも、友人宅でだかせてもらったら、赤ちゃんが泣き喚いて、慌てて抱き取った友人は、二度と触らせてくれなかった。

抱えてただけのつもりだったけど、何か変な持ち方してたらしい。

で、今妊娠中。

友人に話すと、何だか皆が奇妙な顔になる。

さすがに自分の子くらいちゃんと育てられる、と思いたいが、ちょっぴり不安になる今日このごろ。

風船を持つと割れちゃうとかはないけど、細かい物や壊れ易いものは、うっかり壊しちゃうことはある。

ただ、動物を握り潰したことはないので、大丈夫かと思ってたんだが、友人に言わせると、

「苦しんでるのを気づきもしなければ、気にもしない時点で既に怖い。殺さなきゃいいってもんじゃない」

だそうです。

問題は、相手が苦しんでいる様子を、苦しんでいると認識出来ない所にあるようだけど、それは育児において、ものすごくヤバい障碍だと思う。
※赤ん坊が苦しがってても気付けない訳だから、病気になっても放置してしまう……

《パートナーに、赤ん坊の様子を逐一観察してもらってた方がいい》

というご意見をいただきました。

ああ……多分それですね。友人一同が危惧してるのは。

いや、言語で、

「俺は今、熱があってだるい。頭も痛い。薬と消化の良い食べ物をすぐに用意しろ」

とか言われたらやるんですけどね。

それで、夫は私が変とは思ってないようです。

ただ、言葉を使わない動物や赤ちゃんが、動いたり鳴いたりする様子は、可愛いなあと思うだけなんですが、どうもその中に、本気で苦しんでるケースがあるらしいです。

脈拍や呼吸や心音が弱まってきたら気づきますし、明らかな外傷や火傷は見て分かるから、経験からしても、殺してしまうことはないと思うんですけどね……

Sponsored Link

軽度のアスペルガーじゃない?素人が言っちゃいけないけど、ウチの相方がそうだから、ひょっとして……と思った。
本当にこの先不安だと思うならば、一度お医者さまにみてもらうのもいいかも。気にならない程度なら別にいいんだけど……失礼なことを言ってすまん。

というコメントをいただきました。

あ、いえ、別にそこまで本気に悩んでるわけじゃないです。

お気遣いありがとうございます。ただ、妊娠報告した友人が複雑な反応を返すので。

その中に、学生時代に私を「怖い怖い」と言っていた人がいたので、思い出してネタにしてしまいました。

生まれてくるまでに充分に勉強して、きちんと子供の状態と安全に気を配れるように注意します。

自分だけで不充分なら、実母なり姑なり医師なりのアドバイスを仰ぐつもりです。

さすがに子殺しの母になるのは嫌なので、子供が言葉で自己主張できる年齢まで気をつけていきます……

(了)

 

怪談 [ ヤン・シュヴァンクマイエル ]

Sponsored Link

 - ほんのり怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ドクトル丸本

  二年前に関西某所の病院で学生の病院実習していた時の話。 546 : …

ぐるぐる様

    僕の友人にオカルティストで霊感もそこそこ強いKという …

ザザンボ屋敷

  学生時代に、女の友人のアパート(一階部分)に泊まった時の話…… 7 …

オカアサン

小学生の頃。妹が行方不明になり、一日後に戻ってきた。 915 :本当にあった怖い …

足を滑べらせて川に落ちた

  小学一年生の時、家の近くにある川で一人で魚を釣って遊んでたら、足を …

彼女の実家で

戦後すぐのお話。哲夫という田舎の青年が、カメラマンになる為に上京しました。 31 …

その日から婆ちゃんは幽霊が見えるようになった……

「お婆ちゃんは幽霊が見えるとよ。誰にも言っちゃいかんけんね」 860 :本当にあ …

岩手のキャンプ場の怪

  小学生~中学生向けの企画のキャンプがあって、岩手の方にあるキャンプ …

鼾をかいているおじさん

  高校の頃電車通学で、当時同じ高校だった嫁と毎日一緒に通学してました …

首縊りアパート

  俺の家は地方の大きな大学の近くにあって、近所にアパートが多い。 4 …