【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

顔盗みの蛇

      2022/01/01

Sponsored Link

知り合いの話。彼はかつて漢方薬の買い付けの為、中国の奥地に入り込んでいたことがあるという。

360 :雷鳥一号 ◆jgxp0RiZOM :2013/10/04(金) 18:17:30.50 ID:PR100RCj0

その時に何度か不思議なことを見聞きしたらしい。

「とある山奥の村でですね、一風変わった注意を受けたことがあります。ここの山奥に分け入るのならば、煙草を絶対に持っていけと。
私が『煙草はやりません』と言ってみても、吸う人も吸わない人も関係ないから、常に身に付けておくようにと、そう言われまして」

「日本でも似たようなことを言われたことを思い出しまして、こう聞いたんです。
『蛇除けですか?』って。やはりそうでした。お国が違うというのに面白いですねぇ、と思いましたよ」

ここで彼は少し苦笑して、こう続けた。

「しかしこの蛇というのが、日本とえらく違いましてね。人の顔を持つ大蛇だというのです。体型はかなりずんぐりむっくりらしく、動きはそんなに速くないらしいのですが。
驚くことにこの蛇、丸呑みした人間の頭部を、自分の頭として複製するのだそうで。
つまりこの蛇の顔は、最後にこいつに呑み込まれた人間の物なのだそうです。
『人面の蛇』だの『顔盗みの蛇』のような呼ばれ方をしていました、はい」

「この蛇は、取り込んだ人の知性で物を考えることが出来るようで、常に頭の良い人間を餌食にしようと探しているのだそうで。
蛇というよりも妖怪ですが、そういう類いにも向上心というか、進化したいとか上に昇りたいという欲求があるのかもしれませんね。
この話を聞かされて興味深く思いましたですよ」

「こいつは先に言ったように、動きが素早くないものですから、狙った人に近づくために色々と興味を引くようなことを話し掛けてくるのだそうです。
お宝の場所を知っているだの、この先で人が倒れているので助けてやってほしいだの、そんなことを話しながら近寄って、いきなりペロリと丸呑みするのだとか。
え、人間の口でどうやって人一人を呑み込むのかって?さぁそこまではわかりませんねぇ。聞いておりませんし。
頭を好きな形に変形出来るのですから、こう、ガッと広がるんじゃないですかね」

「厄介なことにこの蛇、食べた人の知識や記憶を、自分の物とするらしいのです。
その所為か、話し掛けてくる内容が、実に種類豊富で面白いのだそうですよ。
蛇の中に、知識が蓄積されていくんでしょうかね。
昔話に、過去の歴史を聞きたいがために、この蛇に会いに来る都の学者のお話があるのだとか。
学者を食べようと話し続ける人面蛇と、必死で逃げながら話を書きとめ続ける学者の、恐ろしいけどどこかユーモラスな内容でした、はい」

「ドキドキしながらその山に登ったのですけど、人面蛇とは会えませんでしたね。
まぁ、会えなくて良かったのでしょうけど」

彼はそう言って笑っていた。

(了)

[出典:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1377875509/]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚, 短編

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

遺影写真 #270

あたしの勤めてる会社、コンピューター関係で色々やっているんですけど、業務の一環で …

石器コレクション

一番仲の良い従兄が昔、石の矢じりとか石器なんかを集めてた。 716 :あなたのう …

後遺症あり

若い頃体験した話です。 715 本当にあった怖い名無し New! 2011/08 …

前ぶれ|大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談33

【大幽霊屋敷】浜村淳の実話怪談~第33話:前ぶれ【ゆっくり怪談】 第33話:前ぶ …

アメリカ大統領選に隠された秘密 やりすぎ都市伝説SP

アメリカ大統領選に隠された秘密 2016年12月2日やりすぎ都市伝説SP 201 …

汲み取り式便所でみた別世界

あとから考えると怖い幼い記憶 5 :あなたのうしろに名無しさんが…… 2001/ …

着信履歴

※着信履歴 560 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/ …

突然

高校生のとき、俺と友達が二人で信号待ちしてたら、 240: 本当にあった怖い名無 …

あまめの呪い

俺が体験した怖い話。 320 ; 2010/10/31(日) 17:22:08 …

便所の魔物

大学の友人と四人で海へ旅行へ行ったときの話。 374 :本当にあった怖い名無し …