【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

監視モニターに映る人

      2016/07/31

Sponsored Link

 

おれホテルのフロントで夜間勤務してるんだけどさ、基本電話番でその日の夜もボケーっとテレビ見てたんだよ。

13 :名無しさん :2014/04/04(金)07:20:31 ID:fFajIFcZL

そのテレビの横に監視カメラの映像が映ってるモニターが六つあるんだよね。

このホテル八階建てなんだけど、一階のロビーとか駐車場とか色々映ってるわけ。

その内二つのモニターが画面を四分割して各階の廊下を八階分映してるわけ。

そのカメラ各階の同じ場所に設置してて同じ角度で映してるから画面に表示されてる階数表示がないと何階かわからないくらい同じ映像なのよ。

それでテレビ見ててふと目の端で動くもの感じたから監視モニターに目をやったらさ。

八階の廊下に人が倒れるの、うつ伏せでスーツ着たサラリーマンみたいなのが。

まぁでも酔っ払いか何かだろと思って清掃スタッフに内線して八階に向かわせたんだけど、電話してる間にいなくなってたのよ。

スタッフからもいないですよ?って電話あったしね。

自力で部屋に戻ったのかねーなんて話して、いないんならどうしようもないしまぁいっかとか思ったらさ、また倒れてるのよさっきのサラリーマン、今度は七階に。

さすがにこれはちょっと怖くなってそのフロアの画面アップにしたらさ、少しずつ進んでるんだよ。

弱々しい匍匐前進したみいな感じで。

すぐまたスタッフに電話入れて向かわせたけどさ、またいないんだよ。

ただ今回は目を離した隙に消えたんじゃなくて画面手前に向かって来て見切れたって感じ。

それでも現場に向かったスタッフもいないって言うから消えたんだろうね。

廊下の画面手前は従業員が出入りする扉しかなくてスタッフはそこから出てくるからすれ違わないとおかしいので。

おれもさすがに一人でフロント無理だわと思って清掃スタッフを一階に呼んだわけよ。

そこからしばらく信じてくれないスタッフと色々喋ってたらさ、またいるんだよ。

二階の廊下に。

二人で目合わせてこれヤバ過ぎるだろってなってたらさ、そこに外出してた客が戻ってきたんだよ。

一階のロビーでおれが鍵とか渡すんだけど、その戻ってきた客、二階の部屋の利用者だったんだよ。

これ言った方がいいのかなとか思ったけど、なんて説明していいかわかんないし自分達の代わりにあいつに接近してほしいっていうのもあってそのまま黙ってたんだよね。

二階のモニターにはまだうつ伏せのサラリーマンいてさ、そこにエレベーターで上がってきたさっきの客が映ったんだけど。

普通に素通りしてるのよ、というか見えてないって感じで、そして何が怖いってさそいつがゆっくり進んでる画面手前にはおれがいる事務所への階段があるんだよ。

従業員以外立ち入り禁止って書いてるし鍵とか締めてないの。

二人でモニターの前で固まってたらさ。

ギィィィィってドアが開く音したんだよ。

画面にはそいつもう映ってないし二人ともドアの方を凝視してたらさ、それまでずっとどこか安心させてくれてたテレビの音が消えて振り向いたら画面真っ暗になってんの。

そしたらもう一人のスタッフがいきなり叫んでロビーが映ってる方の監視モニター指差して腰抜かしててさ。

画面にどアップの中年男性が映ってて口をパクパクしてたのよ。

おれもスタッフも叫んでその場から動けないまま朝になったんだけどさ。

いつの間にか消えてたあのサラリーマン……何だっただろう?

(了)

 

怪談社(壬の章) [ 伊計翼 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

saketaofuda
裂けた御札

  中学生の頃の修学旅行の話。 やっと着いた旅館は何かぼろい感じで、上 …

151217_004
ヒッチハイク爺さん

仕事で滋賀県で働いてるんだけど、一昨年の冬初めて滋賀県に来た時にあった不思議な話 …

150727_003
三角屋敷の怪

いつのころかあるのかは知りません。私が小学校に通い始め、物心ついたころにはその家 …

sofukitoku
祖父危篤スグカエレ

  それは八年前の夏だった。転勤で家族と共に上京してから五年が過ぎてい …

sissoumusuko
失踪息子の秘密

  どの本でだったかどうしても思い出せないんだけど、ずっと前にこんなの …

6taino-jiyaku
六体の地厄

  1986年(昭和61年)。俺がまだ小学三年生だった頃の話を聞いてく …

151106_010
山道で佇む男

  昔の話。俺は夜の山道を車でよく走っていた。 302:2007/08 …

151012_003
ホテルのアンケート

私が某会員制リゾートホテルに勤めていた時 ある老夫婦に書いていただいたアンケート …

35-tougesunroof
峠のサンルーフ

第35話 峠のサンルーフ 大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談 まるで銀座の美しい女性の …

piicantyukoku
ピーちゃんの忠告

ファッション誌界で有名な、霊感の強い若い男性カメラマンがいます。 二八歳の彼は、 …