【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

監視モニターに映る人

      2016/07/31

Sponsored Link

 

おれホテルのフロントで夜間勤務してるんだけどさ、基本電話番でその日の夜もボケーっとテレビ見てたんだよ。

13 :名無しさん :2014/04/04(金)07:20:31 ID:fFajIFcZL

そのテレビの横に監視カメラの映像が映ってるモニターが六つあるんだよね。

このホテル八階建てなんだけど、一階のロビーとか駐車場とか色々映ってるわけ。

その内二つのモニターが画面を四分割して各階の廊下を八階分映してるわけ。

そのカメラ各階の同じ場所に設置してて同じ角度で映してるから画面に表示されてる階数表示がないと何階かわからないくらい同じ映像なのよ。

それでテレビ見ててふと目の端で動くもの感じたから監視モニターに目をやったらさ。

八階の廊下に人が倒れるの、うつ伏せでスーツ着たサラリーマンみたいなのが。

まぁでも酔っ払いか何かだろと思って清掃スタッフに内線して八階に向かわせたんだけど、電話してる間にいなくなってたのよ。

スタッフからもいないですよ?って電話あったしね。

自力で部屋に戻ったのかねーなんて話して、いないんならどうしようもないしまぁいっかとか思ったらさ、また倒れてるのよさっきのサラリーマン、今度は七階に。

さすがにこれはちょっと怖くなってそのフロアの画面アップにしたらさ、少しずつ進んでるんだよ。

弱々しい匍匐前進したみいな感じで。

すぐまたスタッフに電話入れて向かわせたけどさ、またいないんだよ。

ただ今回は目を離した隙に消えたんじゃなくて画面手前に向かって来て見切れたって感じ。

それでも現場に向かったスタッフもいないって言うから消えたんだろうね。

廊下の画面手前は従業員が出入りする扉しかなくてスタッフはそこから出てくるからすれ違わないとおかしいので。

おれもさすがに一人でフロント無理だわと思って清掃スタッフを一階に呼んだわけよ。

そこからしばらく信じてくれないスタッフと色々喋ってたらさ、またいるんだよ。

二階の廊下に。

二人で目合わせてこれヤバ過ぎるだろってなってたらさ、そこに外出してた客が戻ってきたんだよ。

一階のロビーでおれが鍵とか渡すんだけど、その戻ってきた客、二階の部屋の利用者だったんだよ。

これ言った方がいいのかなとか思ったけど、なんて説明していいかわかんないし自分達の代わりにあいつに接近してほしいっていうのもあってそのまま黙ってたんだよね。

二階のモニターにはまだうつ伏せのサラリーマンいてさ、そこにエレベーターで上がってきたさっきの客が映ったんだけど。

普通に素通りしてるのよ、というか見えてないって感じで、そして何が怖いってさそいつがゆっくり進んでる画面手前にはおれがいる事務所への階段があるんだよ。

従業員以外立ち入り禁止って書いてるし鍵とか締めてないの。

二人でモニターの前で固まってたらさ。

ギィィィィってドアが開く音したんだよ。

画面にはそいつもう映ってないし二人ともドアの方を凝視してたらさ、それまでずっとどこか安心させてくれてたテレビの音が消えて振り向いたら画面真っ暗になってんの。

そしたらもう一人のスタッフがいきなり叫んでロビーが映ってる方の監視モニター指差して腰抜かしててさ。

画面にどアップの中年男性が映ってて口をパクパクしてたのよ。

おれもスタッフも叫んでその場から動けないまま朝になったんだけどさ。

いつの間にか消えてたあのサラリーマン……何だっただろう?

(了)

 

怪談社(壬の章) [ 伊計翼 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ライブハウス奇譚

最初に書くけど、俺には霊感なんてものは全くなかった。今回初めて見たんだよ。 39 …

魔通り

数年前の夏休みの話です。 実家から、住み慣れたアパートに戻ると、上の階の人が、水 …

追いかけて黄泉の国

  友達の孝志から聞いた話。 64:◆B.DOLL/gBI:2009/ …

かわいい

自衛隊に入隊している友人が語ってくれた悲話である。 以前、彼はN県の駐屯地に駐屯 …

霊柩車

  麗華さんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいま …

夕闇通り探検隊

うちの地元はニュータウン地域なんだが、もうボロボロな団地ばかり。 723 :本当 …

ローカル私鉄の怪

それは、私が地方のローカル私鉄で、運転士をしていた頃の話です。 季節は晩秋の…空 …

最後の夜【ナナシシリーズ07】

物事には終りというものが必ずあって、それは突然に訪れるものだと知ったのは、15の …

ホタルの飛ぶ夜に

北東北のある人が、夏の盛りにフライフィッシングに出かけた。 818 :本当にあっ …

嗤う老人

  嫁が通ってた小学校であったという話。 13 :本当にあった怖い名無 …