【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

カガさまのお迎え

      2016/08/01

Sponsored Link

 

医者だった祖父が、とある山中の無医村に赴任したときの話。

156 :「カガ(蛇)さまのお迎え」:2016/05/24(火) 14:57:09.92 ID:c1JcRuu/0.net

祖父と祖母の家に預けられる形で、当時六歳の俺も一緒にその村で暮らすことになった。

喘息持ちの俺の転地療法も兼ねていた。

初日から村を挙げての大歓迎だった。

鎮守の神だという蛇(カガ)を祀る神社で盛大な祭りが催され、『神様のご加護』『神様の目印』として、玄関先と裏口に巨大な鈴のついた幣束がとりつけられた。

診療所兼住宅として与えられた建物は真新しく、わざわざ整地した土地に新築されていた。

俺の喘息の発作はみるみる落ち着き、村の者は「カガさまのおかげ」だと口々に俺に説いた。

人懐っこい村の子供たちともすぐに打ち解けたが、すぐに不可解な噂を耳にすることになる。

「ヒデくんは良いのう、カガさまがお迎えにくると母ちゃんが言いよる」

その意味を祖父母に問いただしたが、祖父母は顔を曇らせて、「お前は何も心配するな」とだけ。

そういえば毎夜、日が暮れるなり家全体が締めつけられるような、ギギギ……という家鳴りが気になる。

祖父母には「新築の木造家屋はそういうものだ」と説明されたが、一度気になると恐怖しか感じない。

だがやがて俺と祖父母は、《カガさまのお迎え》の本当の意味を知るところとなる。

台風の近づいたある晩のことだった。

血相を変えた父と兄が、祖父母と俺を迎えに来た。

困惑する祖父を父が殴りつけ、声を殺して「すぐに逃げろ!」と俺たちを車に押し込めた。

翌日上陸した台風により、山肌を押し流すような地滑りがあり、集落は土砂に飲まれた。

ただ一軒だけ無事だったのが、祖父母と俺たちのいた診療所。

だがその姿は異様なものだった。

すべて窓や出入り口が、中から脱出できないように外側から閂(かんぬき)と鎖で固められていたのだ。

勘の良い人にはわかったと思う。

俺たちはカガさまへの供物で、鈴や幣束は生贄の目印だ。

供物の俺たちに逃げられたカガさまの怒りか否か、村人たちの住居は一軒残らず土砂に飲まれていた。

俺たちを生贄にした安心感からか、村人たちは車で小一時間の避難所へ行くこともなく、皆自宅で亡くなっていた。

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1463021094/]

 

あした学校で話したくなるほんとうに怖い怪奇現象 [ 並木伸一郎 ]

Sponsored Link

 - 集落・田舎の怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

sanrinbou
さんりんぼう信仰

うちの親父は水道技術者なので特に夏場は忙しく、どこにも連れてって貰えない 330 …

151113_007
もんじょこき

  小学生だった時の話です。 675 : 本当にあった怖い名無し : …

fusiginaonnanoko
廃村屋敷のバイト

  俺はある大学に六年いたんだが、これはその五年目の話。 898 :本 …

nazo
★血族結婚の村の真実

血族結婚に対する偏見を覆す、衝撃の事実がここに! 石川県の某集落には、いまだに血 …

mamorigami
守り神

俺のじいちゃん家は結構な田舎にあって、子供のころはよく遊びにいってた。 270: …

151214_003
あまめの呪い

俺が体験した怖い話。 320 ; 2010/10/31(日) 17:22:08 …

kyoumon
天皇の経文

  落人の伝説って各地にあるんだろうな。 一番メジャーなのはやはり義経 …

umiwomitewaikenaihi
海を見てはいけない日

  九月に、『おおばあ』って呼んでたうちのばあちゃんの姉が亡くなって、 …

151214_004
つりさがり 自衛隊員が山中で見たものとは…

『つりさがり』というものをご存知でしょうか? おそらく初めて耳にする言葉だと思い …

jirousan
村の不思議な青年

  二十三年程前(1986年/昭和61年)の話。俺の地元は四国山脈の中 …