【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

カブクワミステリー

   

Sponsored Link

昭和から平成に変わった年。

当時、尊敬して止まなかった昆虫採集の達人の鉢形さん(仮名)と共に、能勢地方で様々な昆虫採集をしていました。

鉢形さんは、関西の昆虫の裏世界の重鎮で、当時、飼育法が確立していなかったオオクワガタの生息地を完璧に網羅し、能勢地方から遥かに離れた都市の近郊でさえもオオクワガタを発見する程の達人でした。

その他水生昆虫、小動物等、驚く様な希少種の生息地を把握している人でした。

その鉢形さんと猪名川町のとある集落でオオクワガタを探していた時のこと。

 

林道沿いの台場クヌギにライトを照らしていると、山の斜面から、ミシ…ミシ…と足音が聞こえてきたのです。

距離にして私から10メートル程先です。

誰かが居ると思い、ライトを照らしました。

先は深い森だったので、木立が邪魔をして、良く見えません。

何か小動物が歩いていたのか、と再び台場を照らすと、また、ミシ…ミシシ…と、山の斜面を降りて来る訳でもなく、林道と平行して歩く様な足音。

改めて辺りをライトで照らしていました。

ある事に気づきました。

車が無いのです。

時刻は、22時を軽く過ぎていました。

車が無い……あの足音は、一体誰……

流石に気持ち悪くなって来ました。

近くに居た鉢形さんの所に向かいました。
そして、その事を話しました。
鉢形さんは

、「何?足音? あほか(笑) そんな事ある訳ないやろ。空耳や空耳」

と私の話を一笑しました。

鉢形さんの話で私は安心して、その場所から少し林道を上がった所にある台場クヌギを見る事にしました。

その台場は、オオクワガタが『普通』に見つかる木でした。

ベストシーズンでは、オオクワガタが、まるでコクワガタの様に木の表面を歩いているのです。

その木の近くは小川でした。

いつもの様にその木にライトを照らしていると、ほんの一瞬、小川のせせらぐ音が、大勢の人が話している声に聞こえました。

「え?!!」

我にかえると、小川のせせらぐ音です。

「あ、れ……空耳か…」

さっきの気持ち悪い足音で、オカルトチックな心理状態になっているのかも、と再び台場を照らすと、また

「ワイワイガヤガヤ、ワハハハハ…」

まるで、すぐ近くで、夜桜花見の宴会でもやっているかの様な、楽しげな人々の声。

声の方向にライトを照らしましたが、あるのは小川だけです。

今度こそ、本当に怖くなりました。

Sponsored Link

そして、鉢形さんの元へ行き、「今夜は、帰りたい」と告げました。

小川の近くで聞いた声は、間違いはありませんでした。

ただし、それ程怖くは感じませんでした。

敵意は感じず、ただ楽しく宴会をしている、といった雰囲気でした。

帰りの車の中で、鉢形さんにその声の話をしました。

相変わらす、鉢形さんは、

「声なんかする訳ないやろう? 空耳やって…」

と言いました。

しかし、鉢形さんの顔が一瞬真面目になりました。

私は、それを見逃していませんでした。

あらためて、訊き直しました。

「鉢形さん、俺の聞いたのは、ほんまに空耳やったんやろか?鉢形さん、ほんまの事を言ってよ」

すると、鉢形さんは

「しゃあない。ほんまの事言うわ。お前が聞いた音や声は、俺はしょっちゅう聞いてる。あの辺は、特に良くあるんや。足音、話し声、山を歩いていると襟元や袖口を引っ張られる」

絶句した。

やはり、私が聞いた声や音は、本当だったのだ。

鉢形さん曰く、猪名川、川西、能勢、三草山が酷く、特に能勢町が最も良くあるとの事。

鉢形さんと共に昆虫採集をしなくなる直前、鉢形さんは驚く様な事を口にした。

「この前ビックリしたで。近くに買い物をしに車を運転していると後部座席から『早よ急がな○×△■○…』という声が聞こえてきたんや」

その車は、いつも昆虫採集に出かける時に乗る車だった。

鉢形さんは、頭にきて、

「いつまで俺に付け回すんや!!!白昼にお前を晒け出すぞ!!」

と言おうとしたらしいのだが、酒に泥酔した時の様にロレツが全く回らく、言葉を発する事が出来なかったのだそうだ。

その後、鉢形さんとは親交が無く、今、どうされているか知らない。

(了)

 

本当は聞きたくない!山の怖い話 その1

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

渡されたメモ

二十五歳の時の実話です。怖いというよりは不思議要素が多い実話です。 263 :本 …

稲荷祭りの夜に

身バレしそうで怖いけど、いまだに不可解な体験をひとつ。 711 :本当にあった怖 …

大学の女子寮

私の母が体験した話を一つ。 534 :本当にあった怖い名無し:2017/05/0 …

不登校女子 家庭の秘密

俺が小学校高学年ごろの話。 夏休みが終わってから同じクラスに登校しなくなった女子 …

ヤラミソ哀歌

 私は三十年以上生きてきて喪女、しかもいわゆる「やらみそ」なんだが…… 三〇過ぎ …

階下の奇妙な住人

西東京のアパートに引っ越した時のことです。 2DK、2階建て軽鉄骨の築2年、ごく …

エンブレム

  俺の地元は大分県にあって、親父方の爺ちゃんの墓が、佐伯市内から少し …

花嫁が十三の時に亡くなった父からの手紙

  式では、出席できなかった親族の手紙を代読することがあります。 71 …

ミラーボーイ

小学四年生の時の話。当時俺は団地に住んでた。 682 :本当にあった怖い名無し: …

石鬼の呪い

  お堂のなかにある石鬼の話。 自分の町はかなりの田舎で、田んぼが多く …