【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

壁中の異空間

      2016/03/24

Sponsored Link

 

1998年、草野正人さん(仮名・三十三歳)は転職し、会社の与えてくれたマンションに一家三人で越してきた。

2002/10/18 13:25

かなり年数の経った建物だったが、三人が満ち足りて暮らすには十分なものだった。

このマンションの異変に始めに気付いたのは、妻の晴枝さん(仮名・三十三歳)だった。

毎日午後二時になると、隣の部屋の電話が鳴るのだという。

晴枝さんは次第に気味悪く感じるようになり、草野さんの会社に電話をかけてきた。

『隣の部屋、空き室なんですって。何か変よ』

草野さんの妻が何度も会社に電話をしてくるので、同僚の大竹春夫さん(仮名・三十五歳)はどうしたのか聞いた。

「隣の部屋から毎日同じ時間に電話の音が聞こえてくるんで、妻が気味悪がっているんですよ」

と答えると、大竹さんは『またか』というような、半ば諦めたような顔をした。

草野さんと晴枝さんは鳴り止まない電話に悩み、大竹さんに部屋に来てもらった。

壁に耳をつけた大竹さんは、「この音、隣じゃなくて壁の中からしてるぞ」と言った。

そこで草野さんは、同僚の協力で壁の中を調べることにした。

そこには大竹さん、吉野公広さん(仮名・三十五歳)、古屋一昌さん(仮名・三十五歳)、林田直子さん(仮名・二十四歳)が来ていた。

男性達が壁を壊し始めると、吉野さんが「誰かがここを壊した跡がある」と言った。

さらに壊していくと、ぽっかりとあいた空間に毛布と電話があった。

古屋さんが毛布を取り出し、林田さんが広げてみると、中には血だらけの山吹色のワンピースがくるまれていた。

その時、時計は午後二時を指し、その電話が鳴った。

草野さんは恐る恐る受話器を取った。

すると、そこからは女性の声が聞こえてきた。

『出たのね、許さない、絶対に。なんで一人にしてくれないの……』

あまりの不気味な声に、草野さんは受話器を投げた。

よくみると、その電話は線が引きちぎられていてつながっていなかった。

これをきっかけに草野さんは退職、一家は栃木へ転居した。

二ヶ月後、草野さんに一本の電話が入った。

林田さんが急死したという。

さらに、吉野さんと古屋さんも失踪していた。

草野さんは大竹さんと共に、林田さんの告別式に参列した。

そこで二人は、反対側の道で静かにこちらを眺める若い女性に気付く。

なんとその女性は、あの山吹色のワンピースを着ていたのだ。

それからも、自宅で草野さんの長男が黄色の服を着た女性を見たり、奇妙なことは起こっている。

草野さんがこの話をすると、聞いた人や自分に良くないことが起こってきたという。

「自分たちは開けてはいけないものを開けて、霊を起こしてしまったのかもしれないです」

と草野さんは話している。

ちなみに、奥さんも自分もこの事件以来、上の前歯が黒く変色してしまったそうだ。

(了)

 

「超」怖い話ベストセレクション [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

img1145
渡されたメモ

二十五歳の時の実話です。怖いというよりは不思議要素が多い実話です。 263 :本 …

img0676
謎空間

結構前の話なんだけど、おばけそのものは出ないから読んでも怖くないと思う。 5:本 …

img0556
函女

この話は去年の三月、高校を卒業して進学で一人暮らしを始める少し前に起きた出来事。 …

akai-oni
赤い鬼

  俺には四つ年上の姉がいる。 投稿者「とうま ◆xnLOzMnQ」2 …

utatenuma
●うたて沼

もう10年くらい前、俺がまだ学生だった頃の出来事。 136: 1:2013/11 …

miminari
耳鳴り

  ある日急に北海道の神居古潭(カムイコタン)って場所に行きたくなった …

150927_002
車のドアは二度閉まる

  一、二年くらい前の話。 2011/03/03 02:35:39 I …

kensasitunohakui
検査室の白衣

  昔、働いていた工場には検査室という六畳ほどの小さな部屋があり、そこ …

150916_011
一度死んだことがある

俺は一度死んだことがある 351 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17 …

150907_004
会うと良くないことが起きる…

彼女とデートの日、待ち合わせ場所へ向かう途中、携帯が鳴った。 彼女からだった。 …