【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

壁と対話する男

   

Sponsored Link

この前エレベーター乗ろうとしたらさアナタ、男がいたのヨ。

839 :本当にあった怖い名無し:2015/06/29(月) 01:27:03.03 ID:ggI/nIIS0.net

後ろ向きで……

エレベーターに人がいても驚かないけど、後ろ向きで乗ってる人、はじめて見たからチョッと驚いた。

一瞬とまどって乗ろうか迷ったんだけど、掲示物見てるとかだったら失礼だし……

みたいな?つまんない気をつかって乗ったの。

なんかブツブツ言ってるから、背中向けたくない、

とか思って、壁を背にして横にポジションキープしてたの。

隣をちらっと見たら、直立姿勢のまま、壁まで10cmくらいまで顔近づけてて憤怒の形相。

鬼のような顔ってのはあのことね。

南無三!って唱えて、はやく一階に着くこと祈ったわよ。

八階だから、下まで結構時間かかるの。

「だーかーらー、貴様が言うか!ボケェ!」

「お、お、お俺のせいか!?あ!?」

ブツブツ……っていうかもう、怒鳴ってるのよね。

まだ六階かよぉ……と一階一階イヤな汗かきながら数えてたわ。

ようやく一階について、そそくさと逃げたんだけど。

離れてからエレベーター見ると、あの男、おりてない様子だったのね。

翌月くらいかな、またそいつに会ったの。

今度は地下通路で壁と話してた。

それから頻繁にそいつを見るようになって、とうとう自分家の近所にまで現れた。

やばい、キチに狙われてる?とチンサム&膝ガクガクぅ。

たまたま友人と歩いてたときにそいつがいたから、「またいるよ、あいつ」と言ったら「誰?」って。

「そこで壁と話してるやつだよ」と言っても、「誰もいないじゃないか」って。

そこで初めてこの世のモノじゃないわ!って気づいた。

そういえば会社のエレベーターで見たときも残業で一時すぎてたし……

って、なんだか納得ぅ。

幽霊なら刺されることもないだろうと逆に安心した。

したら、とうとう家のドアの前に現れたのよ。

ドアと話してるからドア開けられないし、一旦逃げようとコンビニへ。

戻ったらいなかった。

次の日は家の中に現れた。

冷蔵庫と話してた。

家には出ないと思ってたから、さすがに怖くて、キッチンの塩ふってみたけど効果無し。

諦めて寝ようとしても怒鳴り声が煩くて眠れない。すっかり寝不足。

ムカついたから「うるせえんだよてめえ!消えろ!」と怒鳴りつけた。

次の日寝てたら顔のまん前に現れてブツブツブツブツ。

精神的にかなり参ってたと思う。

「なんなんだよてめえ!あたしがなにかしたのか?ふざけんなよ!」

と、そいつが現れる度に怒鳴りあってた。

でね、ある日それを友人に見られてね……

「お前壁と話してたよ……」と。

ああ、なんか合点がいった。

そういうことか、って。

すぐさま病院へ行きました。

精神病だと思ったのよ。

結果は脳の血管がふさがってなんちゃらかんちゃらで、

バイパスが出来て助かったけど危なかったと言われました。

あれが幽霊なのか幻覚なのか、いまだ分からずじまい……

(了)

 

呪術の人類学 [ 白川千尋 ]

Sponsored Link

 - ヒトコワ・ほんとは人間のほうが怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

包丁男

今年の三月頃の話 190 名前:あなたのうしろに名無しさんが……:2003/09 …

追いかけてくる男

大学時代の飲み会の帰りの出来事です。 最寄の駅での飲み会だったので、駅まで自転車 …

嫌われ女教師の授業風景

俺が小学六年生の頃の話。 857: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/0 …

野鳥の密猟

オフロードバイク乗って、よく林道を走りに行くんだ。 464 名前:本当にあった怖 …

足の悪いお婆さん

心霊などの類ではないけど怖かった話をします 実体験です。 鳥肌って頭の先まで立つ …

チョウさん

俺がアメリカで知り合った中国人の話なんだが、チョウさんってのがいた。 464 本 …

シンメトリー

小学生の頃、ひまわり学級という障がいを抱えた子供が通うクラスがあった。 363 …

練習室の女

大学で実際にあった洒落にならない話。 189 :本当にあった怖い名無し:05/0 …

未明の呼び鈴

幽霊話じゃないけど(多分)、ちょっと聞いて。一ヶ月半ぐらい前の出来事。 619 …

ストーカー殺人が起きるまで

被害者の親友から聞いた、ストーカー殺人事件が起こるまでの被害者の子の話。 地元の …