【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

人面鳥頭女(じんめんとりがしらおんな)

      2017/09/17

Sponsored Link

キュルルル

 

私が経験した、恐ろしかった出来事をお話します。

2008/05/28(水) 16:42:53 ID:BP+Rur2F0

以前、私は電話や来客を応対する、いわゆる受付嬢をしておりました。

当時その会社にかかってくる電話は、実際その四割が業務と全く関係のない営業電話であったり、迷惑電話であったりとその多さたるや、一日中お断りの言葉を繰り返していると実感したほどでございます。

ナンバーディスプレイを導入するも、実質あまり意味を為しておりませんでした。

また、業務は大変忙しく、事業内容が貿易関係だったのもありまして、海外からのご連絡も少なからずあり、ただの受付である私も深夜十二時過ぎまでのシフトを組まされ、ひたすら電話応対をする日々でした。

前置きが長くなりましたが、その日々の中で私が受けてしまったとても奇怪な電話のお話です。

その日私は、いつものように深夜勤をこなしておりました。

時刻は正確には覚えておりませんが、午前零時過ぎだと思います。

外販部の方には何人か居るようでしたが、事務所には私が一人でした。

すぐにプルルル、と電話が鳴り、受話器を取りました。

「はい、修営社でございます」

『はい、ザザーッ 修営社でございます、ます、キュルルーッ』

「もしもし?」

『もしもザザーッし、もし?キュルーーッ』

「こちらは修営社でございます、どちらさまでしょうか」

『こちらは修営社でございます、ザザーッいます、どちらザザッさまでしょうか、うかキュルルルッ』
その相手は、私の言葉をそのままオウム返ししてきました。

奇妙なのはまるでボイスチェンジャーを使ったような声と、語尾部分のおかしな繰り返し、ザザーッという砂嵐のような雑音、そして「キュルーッ」という、ビデオを早送りをしたときのような音でした。

気味が悪いと思いましたが、どうせテープレコーダーなどを使ったイタズラだと思いまして「失礼します」と言うなり、返事も聞かずに電話を切りました。

しかし受話器を置くなり、また同じ電話がかかってきたのです。

「はい、修営社でございます」

『はい、ザザーーッ修営社でごザイマス、ザイマス、キュルルーッ」

「失礼します」

ガチャ!

プルルル……

「はい、修営社でございます」

『ザザッイ、エイシャシャデゴザイマス、ゴザイマス、キュルルーッ」
がちゃ。

切ってもしつこくかけてくる電話。しかも、先程の電話とは声が違いました。

ボイスチェンジャーの設定を変えたのか、どうやったのかは分かりませんが……

とにかく悪ふざけが過ぎるし、いちいち応対していたら仕事にならないので次にかけてきたら、保留のまま放っておこうと思いました。

回線は一つではないので、業務にさほど支障は出ません。

Sponsored Link

もちろん電話はすぐにまた鳴りました。

受話器を取って、いたずらであるのを確認し、保留して放置します。

しかし、一分も経たないうちに次々と同じ「キュルルーッ」という電話が入り、あっという間に五本あった回線が全て同一の電話でいっぱいになってまったのです。

相手側に最低でも五本の電話回線がないと、このようなことはできません。

私はもう恐ろしくて恐ろしくて、とりあえず外販部の方に行こうと思いました。

急いでバッグと上着を掴んだとき、私の携帯が鳴ったんです。

見ると、非通知でした。

都合があり、非通知拒否はしておりませんでした。

もちろん、普段ならそんな時間の非通知なんて絶対に出ないのですが……

何故かふっと出てしまったんです。通話を押して耳に当てました。

その電話は

ぷキュルルッ!

といって、ブツッと切れました。

あとはもう一目散です。

プルルル、プルルル、とコール音が鳴りっぱなしの部屋を飛び出て、外販部のところへ転がり込みました。

残っていた社員に、恐怖でもつれてうまくまわらない舌で、必死に事情を話し一緒に事務所まで来てもらうと、すっかりその電話は鳴り止んでいました。

その電話を受けた翌日、突然「ぶつっ」という音と同時に、私の右耳が聞こえなくなりました。

もうパニックでした。

その時はすぐに元に戻りましたが、今でも時々、突然右耳が聞こえなくなったり突然右目が見えなくなったり……そういうことがあります。

どちらも一過性のもので、数分で元に戻るのですが…
あの電話で、何か「よくないもの」に充てられたのでは…と
今ではそう考えてしまっている自分がいます。

単にあれは誰かの手の混んだイタズラで、すべては私の被害妄想が起こしていることなんでしょうか。

また、その後、よく見るようになった夢があるんです。

大きな黒い鳥が、私の頭上をぐるぐると飛んで周り、そのうち降りてくるのですが、なんと鳥の頭部は人間の女性の顔なんです。

彼女はバサバサと降りてくると私の右側の肩に止まり、耳もとでキュルルル、と鳴くんです。

女性の顔に見覚えはないし、あまり深くは考えないようにしていますが……

やっぱり不安です。

(了)

 

闇の検証(第7集)霊能者・寺尾玲子の新都市伝説

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

樹海で肝試し

私は樹海で一生忘れられない不思議な体験をしました。 848 :2003/02/1 …

零戦飛曹

今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。 656 : 2012/10/ …

禁句

  私はある俳句の会に入ってるのですが、そこで体験した実際にあった話で …

時空の同級生

  母から聞いた話。ほんの一ヶ月くらい前の話です。 599 :本当にあ …

奇妙なアパートの隣人

最近引っ越したアパートの隣人の事。 ここは学生や単身者がほとんどなので、引越しあ …

ご飯を三杯食べてください

  若い頃のなんだか不思議な体験。 415 :本当にあった怖い名無し: …

花畑で戯れるばあちゃんの夢

俺は小さい頃からすごくリアルな夢を見る。 743 :本当にあった怖い名無し:20 …

聊斎志異(りょうさいしい)人間の皮

ストーリー ■人間の皮 太原県の王という書生が道で美しい女性とすれ違い、彼女が悲 …

謎の三文字

  俺は、某所のある古いアパートで一人暮らしをしている。 964 名前 …

ホテル従業員奇譚

道東にある某ホテルでフロントをしています。 名前:本当にあった怖い名無し:201 …