【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

人工内耳手術

      2017/03/31

Sponsored Link

今から三十年以上前の話。

723 :本当にあった怖い名無し:2016/10/28(金) 18:39:38.92 ID:8EFmO2HA0.net

俺には姉がいて、姉は耳が聞こえない聾唖者だった。

ある日、どういう伝手なのか知らんが、姉に手術の話が来た。

当時としては新しい技術で、脳に音を電気信号のように変換する機械を埋め込み、耳から入ってくる音が聞こえるようになる、というものだった。

料金もほとんどかからないということだし(多分治験的なもの?かよくわからんけど)両親は姉にすすめたのだが、姉は「頭にそんなもの埋め込むなんて怖い」と拒否した。

俺は当時まだ小学生だしアホだったので

『なんで?耳が聞こえるようになったらいいのに』と思っていたが、結局、姉が強硬に拒否して手術の話は流れた。

その後、しばらくして姉の友人が手術を受けることになった。

聾学校時代からの友人で、本人は

『耳が聞こえるようになったら、ある男性歌手のコンサートにいきたい』と喜んでいた。

それからさらにしばらくして、母からその友人が家に篭もるようになったと聞いた。

音が聞こえるようになってから、家から出られなくなったらしい。

健常者にとっては当たり前の日常音が、音のほとんど無い世界に生きてきた彼女にとっては恐ろしい世界だったらしい。

その後、どうなったのか詳細は知らないが、その女性はそれから数年後に電車に飛び込んで自殺をした。

それが手術が原因なのか、他の事が原因なのかはわからない。

でも、もし、手術をしなければ自殺しなかったのかも、というのが心のどこかで引っかかっている。

障害者が健常者になる、ということは手放しで喜べるものじゃない、ということを思い知らされた。

724 :本当にあった怖い名無し:2016/10/28(金) 19:43:40.60 ID:TnGdRp7J0.net
多分、人工内耳の手術だと思う。

先天的な聾者の場合、脳と神経ネットワークが完成する十歳くらいまでに手術を受けないと、色々と弊害が有るって。

この技術が開発された当初、大人になってから手術を受けた先天的な聾者は、

言葉等、音に意味の有る事が認識出来ず、全ての音が雑音として入って来る事に耐えきれず精神を病んだ末に、元の聾者に戻った。

の後研究が進んで、脳が完成する前に手術を受けないとダメだと分かったって。

725 :本当にあった怖い名無し:2016/10/28(金) 19:51:58.65 ID:7d9KqXR60.net

視力でも似たような話を聞いたことがあるが、そっちの場合はアイマスクして暮らせば何も問題なかったそうだ。

ただ角膜手術は亡くなった提供者がいるだけに本人の苦痛を理解できない人からかなり叩かれたらしいが……

聴覚は再手術でもしない限り遮断できないからな……

727 :本当にあった怖い名無し:2016/10/28(金) 19:58:30.73 ID:8EFmO2HA0.net
詳しくありがとう。

全然知らなかったんだけど、そういうのがあったんだな……

姉に手術が来たのは二十歳前後だと思うので、その時点ではそういうことがまだ判ってなかったってことなんかな。

姉は偶々「頭に機械を埋め込むなんて怖い」と拒否したけど、一歩間違えたら姉が精神病んでたかもしれんね。

姉はその後、同じ聾唖の男性と結婚して、子供二人育てて、現在は孫もできて幸せな生活を送っているだけに、友人が不憫だ……

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1473998698/]

 

生まれ変わりの村

Sponsored Link

 - 後味の悪い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

gakuseiundou-jiisan
学生運動をやってた爺さん

  小四の頃、弟が生まれるから実家に預けられてた時期があった。 11: …

img1276
ウェルニッケ脳症

医療過誤の話。 544 :本当にあった怖い名無し:2016/08/27(土) 0 …

takano-ai
いたいけな小鷹の一途な愛

  世界ウルルン滞在記という、タレントが一週間海外にホームステイする番 …

img0442
櫻の樹の下で

  もうそろそろ年数たって時効だから話させてください。 1 :本当にあ …

bokunosinyuu
親友の証

僕には、小学校の頃からの親友がいる。 彼の名前は勇治だ。 僕は彼を《ゆうちゃん》 …

igonsyo
遺言書の掟

  私は中学二年の時、祖父が死にその葬儀に行く事になった。 当時、北海 …

151126_003
★冤罪地獄

テレビでやってた実話。 戦後間もない1949年、ある村で一人の女性が殺された。 …

151211_004
教師生活最大の後悔

小学校の教諭だった母親が最も後悔していたこと。 222 :2014/12/03( …

yatinntainousya
家賃滞納者

  俺は昔、不動産仲介の会社に勤めていたんだが、ある時、管理物件のオー …

ikenieyouin
生贄要員

「魔の起源」という本に載っていた山の神の解釈が後味悪かった。 503 :名無しさ …