【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

自分の名前を検索してみた結果…

   

Sponsored Link

自分の名前(女)で、検索をかけてみた

150903_000

すると十数件、同姓同名の人たちが検索に引っかかった。

研究者や会社の経営者、同じ名前でありながら全然別の生活をしている人たち。

その中に「○○○○○(自分の名前)のページ」というHPがあった。

それはプロフィール、BBSだけの初心者が作った感じのよくある個人のHPだった。

プロフィールを見ると、自分と同じ歳であり、趣味なども良く似ている。

BBSなどを見ると、常連っぽい人が5~6人いるらしく、この手のHPとしては、まあまあ流行ってる感じだった。

何となくお気に入りにして、時々見るようにした。

しばらくすると、コンテンツに日記が増えた。

日記は、まあ、そのへんのサイトによくある内容の薄い日記だ。

今日は暑かったとか、日本がサッカー勝ったとか、そんな感じの。

ある時、日記の内容が自分の生活とよく似ていることに気づいた。

始めに気づいたのは野球観戦に行ったときだ。

その日、そのサイトの管理人も同じ球場に行ったらしい。

その時はもちろん偶然だなとしか思わなかった。

球場には何万人もの人間が行くのだから。

次の日の、日記は会社でミスをしたことについて書いてあった。

私もその日、会社でミスをして少々落ち込んでいた。

次の日も、その次の日も、よく見ると日記の内容はまるで自分の生活を書かれているようだった。

大半は「カレーを食べた」とか「CDを買った」など、たいした偶然ではない。

しかし、それが何ヶ月も続くと気味が悪くなってきた。

ある日、掲示板を見ると、常連たちが管理人の誕生日を祝っていた。

その日は私も誕生日だ。

それでいよいよ怖くなってきて、初めて掲示板に書き込みすることにした。

しかし、書き込みしようとしても、名前や内容を書くところに文字が打てない。

色々やってみるが書き込めないどころか文字すら打てない。

「おかしいな?」と思っていると、あることに気づいた。

それは掲示板ではなく、ただのページだった。

つまり、一人の人間が掲示板っぽく見せかけて作った一つのページだったのだ。

「いったい何のためにこんなこと…」とすごく怖くなり、管理人にメールを打った。

「初めまして。私は貴方と同姓同名の人間で、よくこの~」のような当たり障りのないメールだ。

そして次の日、そのページを見ると、全て消されていた。

メールボックスには一通の返信があった。

『見つかった』

(了)

 

呪いの都平安京 呪詛・呪術・陰陽師/繁田信一

Sponsored Link

 - ヒトコワ・ほんとは人間のほうが怖い話, 短編

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

tanpen_011
助手席の女

  去年の秋の夕方、介護施設にいる身内を見舞った時に、元同級生にバッタ …

150818_004
高校時代の部活合宿にて

  高校二年の頃、部活の合宿で長野県のとある山奥の合宿所へ四泊すること …

150903_000
怪奇猫女

大阪西成のマンションに現れた頭おかしい女の人 去年まで大学のある大阪にいたんだけ …

tanpen_005
捨てられたVHSテープ

集合住宅に住んでるんだけど、そこのゴミ捨て場に結構な量のVHSテープが紙袋に入っ …

seiginomekata
正義の目方【ヒトコワ】

  昔、うちは小さな山を持っていた。 860 :本当にあった怖い名無し …

kotobanoura
言葉の裏側

コーチングをしている知り合い、日ノ沢の話。 278 :本当にあった怖い名無し:2 …

tanpen_004
雨垂れ石

  父から聞いた不思議な話があったので、たどたどしい文章ですがお付合い …

kurodenwa
死神からの電話

二十年前に死んだ兄の話です。 兄と私は非常に仲のよい兄妹で、よく近所の空き地で基 …

150820_004
あそこの山の神様

  一度だけ洒落にならない体験をしたのだけど、誰も信じてくれない。 で …

nobiokuri
野火送り

  今はもう廃村になってしまった小さな集落の話。 112 :あなたのう …