【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

岩手黒森山の心霊スポット

   

Sponsored Link

二年前、二十歳のときの話

263 :本当にあった怖い名無し:2017/03/20(月) 16:00:18.60 ID:ogX7ZmR80.net

大学の先輩に誘われて岩手旅行に行った。

参加メンバーは、先輩の鏑木さん、瀬長さん、田勢さん、首藤さん、同期の久間木と俺。

東京から車で何度かパーキングエリアに泊まりながら岩手のホテルに泊まった。

先輩の鏑木さんは警察のHPにハッキングしたり高校時代リンチを傍観しながら笑ってたような基地外な人で、

サービスエリアから車に戻る際、ダッシュを強要し一番遅れて乗ったやつを車のトランクに入れるように指示していた。

俺は雑談があまり好きじゃなく長旅で疲れていたうえ、わざと遅れてトランクに乗って寝ていた。

三日間、そんな感じで車で岩手各地を巡っていたのだが、地元じゃないし正直飽きていた。

そこで俺は適当に先輩に「心霊スポット行きましょう!」と提案してみた。

鏑木さんも乗り気だったので鏑木さん、久間木、俺の三人で夜八時くらいに行くことになった。

日本一やばいといわれている心霊スポットの慰霊の森ではなく、大ヶ生というところにある黒森山に行くことになった。

黒森山に近づくにつれ雰囲気が変わっていくのが明らかになり、基地外の鏑木さんも「さすがにこれはやべーだろ……」とつぶやいていた。

当時、二月だったため途中道が凍結していて車での侵入が難しくなった。

そこで三人全員降りて徒歩で黒森山を目指すこととなった。

しばらく進んだ頃、鏑木さんが急に忘れ物をしたと言ったため、俺と久間木二人は待機した。

ところがいつまでたっても鏑木さんは来ない。

さすがにこれはおかしいだろと思い久間木と二人で車があったところに戻ると鏑木さんがいない。

あの人ならやりかねないと思っていたが、つい「鏑木死ね」と呟いてしまった。

本来ならその日新幹線に帰り、明日のバイトに間に合わせるつもりだったからだ。

これでは早朝に帰り、疲れが残るままバイトに臨まなければならない。

あたりは真っ暗。民家らしきものはあるがとても古く明かりは一つもない。

聞こえるのは川のせせらぎのみ。

都市部の盛岡までは一〇キロ以上も離れている。

俺は久間木に「仕方ない、一緒に徒歩で帰ろう」と提案したが

久間木も一癖あるやつで「いや、こんなおもしろいことはない、ここからは別行動だ!幽霊出るかもな(笑)」といって一人どこかに走り消えてしまった。

生まれて二十年、この時ほど恐怖を感じたことはなかったよ……

ここで立ち止まっていても仕方ない。

俺ははるか遠くに見える民家の光を目指して歩き始めた。

一時間ほど歩いてもあたりは山や林だらけで『ここで殺されて埋められてら絶対ばれないだろうなー』なんて事を考えてた。

その時突如「ぎゃあああああ!!」という女性のような叫び声が山中から聞こえた。

どう考えても女性の声にしか聞こえなかったが、俺は無理やり動物の声だと思い込み何とか心を落ち着かせる事に必死だった。

本当に失禁しそうになった。

尿意も限界だったので、その辺の林で小便をすることにした。

だがこの林も何かがおかしい。

風が全く吹いていないのに俺の近くの草木だけ不自然に揺れている。

「動物か!?」と思ったがそのようなものは見当たらない。

小便を済ませると俺はその場を早歩きで離れた。

そのとき、また叫び声が聞こえたので振り返ったのだがとんでもないものを見てしまった。

視力が悪いため、詳しい特徴はわからなかったが髪の長い女性らしきものが遠くの山から顔を出してこちらに向かって叫んでいた。

もう俺は恐怖心を我慢するのに限界で、人気があるところまで全力ダッシュで逃げた。

まぁ、というような恐怖体験でした。

あれは何だったんだろうかマジで……

後日談

鏑木さんの後日談によると車に乗った直後、エンジンがしばらくかからなかったそうです。

また誰もいないのにトランクからゴソゴソと不自然な物音がしたそうです。

久間木は自分と同じく叫び声を聞いてびびったらしくスマホを使いタクシーで帰ったそうです。

鏑木さんが僕を黒森山に置き去りにしたのを笑っていました……

また、その日僕が帰るのが前提だったため僕はホテルを追い出され翌朝まで盛岡のネカフェに一泊するはめになりました。

朝一の新幹線で帰り不眠不休のままバイトをすることに……つらかったです(笑)

黒森山から盛岡に帰る途中、お腹がすいたので「びって」というレストランに立ち寄ったのですがごはん、味噌汁お変わり自由で料理も美味しかったです。

よかったら行ってみてください(笑)

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1481887428/]

 

顳〔カミ〕草紙(串刺し) [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - 山にまつわる怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

higuma
ヒグマの恐怖

札幌にて母が妹を出産するために当時七歳だった俺は、道北にある母方の実家に預けられ …

anoyama-de
あの山で。

  日本ならどこにでもありそうな、山のふもとに住んでいる。 283 : …

140610_007
★相方

Nさんは、鋼材関係の専門の現場作業員だ。 会社勤めではないが、いろいろと資格を持 …

img0294
テントの外からすみません

  十五年ほど前の春過ぎごろ 734: 名無しさん 2014/06/1 …

Tunnel
山の奇妙なトンネル

  知り合いのおっさんがしてくれた話。 664: 本当にあった怖い名無 …

img0595
山に呼ばれる

色々な体験話を聞いたんだけど、その中で私も巻き込まれた話。 265:本当にあった …

151009_007
山に消えたTシャツの少年

俺は九州の田舎育ちだから、不思議な話をよく聞くんだよ。 2012/05/04(金 …

img1305
縄を持った若い女が山を登って行った

俺が青年団にいたころ、近くの山で若い女が縄を持って登って行ったと警察に連絡があっ …

mayonakanogozaisyodake
★真夜中の御在所岳

遭難者道案内の男性、下山後姿消す 真夜中の御在所岳 2010年10月18日午後5 …

151114_005
一服だんべえ

朝、林道を車で走って現場へ向かう途中。 前を歩いてた登山者が道の脇によけてくれた …