【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

岩場のドア

   

Sponsored Link

高校時代、妙な体験をした。

647 名前:あなたのうしろに名無しさんが 投稿日:03/06/06 12:34

あまりに妙なので、これまで一度もまわりから信じてもらったことがない。でもほんとうに体験した100%の事実。

高校二年生の秋。

私の通う高校は文化祭などはまったく無関心なくせに、体育祭(というよりその応援合戦)にだけは非常に力を入れていた。

各クラスが趣向を凝らした応援をするのだ。

私のクラスは応援席のうしろに、おおきな立て看板をつくることになり、支柱にする木材を探すことになった。

クラスの萩原が「木材ではないが竹ならただで手に入る」というので竹に決まった。

なんでも萩原の家はちょっとした山を持っており、そこに竹薮もあるというのだ。

早速、土曜の午後に竹を伐採にいった。

萩原と私のほかに三人、合計五人。

竹薮はちょうど山の一番低いところにあった。

竹薮のまんなかに細い道があり、(むろん舗装などしてない)山(といっても高さ100mくらい)に続いていた。

竹を切り始めたとき、山道の遠くの方から妙な音が聞こえてきた。

ミィーーーーン

人の声でもない。動物の吼える声でもない。機械がだすような音。

だが、なんの音かわからない。

電動のこぎりかなにかかとも思ったが、萩原は「今日は誰もこの山に来てないはずだ」という。

それに第一、電動のこぎりのようなエンジン音ではない、別の種類の機械から出る音だった。

木などを切っているのではない。

でも誰かがなにかの機械を山のなかで使っている……

五人は顔を見合わせて不思議がった。

ミィーーーーン

ふたたび音がしたとき、私はのこぎりを片手に、音のする方にむかっていた。

気になってしかたなかったのだ。

ほかの四人もついてきた。

同じ気持ちだったようだ。

この山に詳しい萩原を先頭に、山道を登って行く。

ミィーーーーン

また聞こえてきた。

音は山道から少しそれた林の方からしていた。

ほんの少し歩いた時、急に先頭の萩原が立ち止まり、全員を制すと右の方向を指さした。
指さす方向にあったのはドア。

特撮番組の秘密基地さながらに、岩場にドアがついていた。

金属製の重そうなドアだが取っ手がない。どうやって開け閉めができるのか。

とにかく、へんな場所にへんなドアがついていた。

そのドアは開け放たれていた。

奥は暗くてよくは見えないが、なにやら通路が続いている。

この奥からあの音がした。

確証はなかったが、誰もがそう思った。

「おい萩原、なんだこのドア?」

「知らない。こんなものいつできたんだ?」

萩原はまったく知らないという。

「こんな変なものは見たことがない」

萩原は中を覗きながら、ぶつぶつとそんなことばを繰返していた。

そしてこちらを振り返り、「とりあえず中を確かめてみようぜ」と言った。

ドアが突然閉まって閉じ込められたら洒落にならない、ということで、開いたドアの下に大きな石を置いて、閉まらないようにした。

そして、怖いからいやだという栗原、平岡二人を残して、三人で中に入ることにした。

通路に入るとかなり暗く、よく見えなかった。

喫煙者だった私たちはジッポーを取り出し、蝋燭がわりにした。

壁を触ると、ごつごつとした岩の感触がした。

しかし、自然にできたものでないことは明らかだった。

機械で掘ったような、直線的なあとがいくつもあったのだ。

通路の広さはひとひとり通れるほど。

10mもいったら、すぐに『部屋』と呼べるような広い場所に出た。

そこで終わり。なにもなかった。

誰かがいた形跡すらない。

ここじゃなかったのかな、などと話をしていると、

「おーい、もどれ!もどってこい!」と入り口から声がする。

残った二人が叫んでいた。

あせったような叫び。

尋常でない感じがして急いで戻ると、ドアが動いている。

石だけでは押さえにならなかったようで、ふたりも必死にドアを押しもどしていた。

私たちが外に出て、五人ともがドアから離れると、ミィーーーーン

という大音響ともにドアが閉まった。

止め石が通路をごろっと落ちていくのが見えた。

あの音は、このドアが開閉するときの音だったのだ。

栗原が言うには、なんの前触れもなく突然動き始めたという。

それで慌てて押さえていたが、ドアの力はだんだん強くなっていったそうだ。

もう少し私たちが遅かったら、閉じ込められていたかもしれない。

夕方になっていたこともあり、翌日もう一度調べようということになった。

翌日、五人でもう一度この場所に行った。

しかし、なぜかドアは見つけられなかった。

むろん通路もなくなっていた。

萩原とはいまも付き合いがあるが、その後一度もドアについては見ていないという。

岩場も異常がないし、あの音も、もうしないという。

(了)

 

古代世界の呪詛板と呪縛呪文 [ ジョン・G・ゲイジャー ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

小さな訪問者

午後十時ぐらいだったと思うが、風呂に入っていたらピンポンが鳴った。 「ったく誰だ …

ヒッチハイク女

以前遠距離恋愛をしていた。 彼女は関西、俺は東京に住んでいた。 九月の三連休、知 …

外法箱(歩き巫女伝説)

  これから話すのは友人からの伝聞だ。まるで見たかのように話す所もある …

怒られる理由

  あれはかなり昔、自分が四歳ぐらいのころ。明け方四時ぐらいの出来事。 …

助けを求める女

今年の年始だったんだが、夜に歩いて三分のコンビニまで酒買いにいったんだ。 33 …

変わり果てた姉

友人らと宅飲みをしていた時の話 657 :本当にあった怖い名無し:2011/12 …

眼の不自由な人

就職して田舎から出てきて一人暮らし始めたばかりの頃、会社の新人歓迎会で深夜二時過 …

怪奇珠算塾

  俺が小学生だった頃、近所の小さなそろばん塾に通ってた。 398 : …

已む無し旅館

甲府方面にある旅館に泊まった時の話。 57 本当にあった怖い名無し 2008/0 …

妻の荷造り

友人の話。 彼は来週にせまった山登りのために、自宅で準備をしていた。 妻は毎度の …