【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

医療の神様ありがとう。

      2016/10/26

Sponsored Link

 

もう五年以上一緒に住んでいる飼い猫が獣医にもうダメかもと診断をされた。

914 :名無しさん@おーぷん :2016/10/05(水)19:18:44 ID:cbG

尿管が細くて腎機能もほぼ止まっている状態で尿が出ないため、膀胱が破裂しそうで膀胱に亀裂が入っている状態だった。

ご飯も食べれず吐いてばかり。

最後の時を家で一緒に暮らした。ほうがいいかもしれないとも言われた。

でも死んでほしくなかったから入院させて治療をお願いした。

今までの飼い猫との思い出がぶわっと溢れてきた。

あとにとても悲しくなった。

心を落ち着けるために明かりを消し瞑想した。

瞑想しようとしても飼い猫のことが浮かんできて悲しくなった。

そのとき飼い猫が静かに寝そべっているイメージが浮かんだ。

拝むように手のひらを合わた。

思い浮かんだ飼い猫を手で撫でた。

病気の部位の下半身も撫でた。

どうか治りますようにと必死で祈った。

ふと最近行った神社を思い出した。

どうか〇〇神社の医療の神様、飼い猫を助けて下さいと願った。

願いながらイメージの中で飼い猫をなで続けた。

すると目を瞑っているはずなのに目の前が明るくなった。

白装束で縦長でおおきな三角の帽子をかぶった人が現れた。

その人が飼い猫をひと無ですると飼い猫が光った。

何故かわからないが飼い猫が治った。ことを悟った。

後日談

獣医は、飼い猫が急に元気になってご飯をもりもり食べだした。と言っていた。

順調に回復して無事退院した。

医療の神様ありがとう。

(了)

 

黄泉づくし [ 平谷美樹 ]

Sponsored Link

 - 心霊ちょっといい話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

学生時代の下宿

  六〇代の父の話を思い出したので書きます。 2012/12/21(金 …

彼女のアニキが暴走族を辞めたワケ

  七年前に付き合ってた彼女のお兄さんの話。 彼女と付き合うまで知らな …

お稲荷さまの勧請にまつわる話

  うちのじいさん(婿養子)の実家の山に伏見から借りてるお稲荷さんの祠 …

瞼の母ちゃん

  うちは母子家庭だった。母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで、一人 …

ジャングルで遭難した部隊が見たもの

  太平洋戦争中、曽祖父は兵役で東南アジアに出征していたそうです。 と …

夢の元カレ

  珍しく平日に休みが取れた日。彼氏が出勤するのを見送っった。 206 …

もどり雪

一月の終わり、山守りのハルさんは、山の見回りを終えて山を下っていた。 左側の谷か …

祖母の信心

うちの母方のばあちゃんはまじない師の家系だったとかで、よく帯状疱疹とかも治してい …

粗暴の石

  今から書くのはもう何十年も昔の話。 940:本当にあった怖い名無し …

元ITドカタの心霊事件簿

会社で除霊をすることになりました。 1: 名も無き被検体774号+ 2014/0 …