【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

・・・からの電話 【稲川淳二・怪談】

      2017/03/18

Sponsored Link

A、B、Cの三人が、卒業旅行でAの別荘に遊びに行った。

別荘から帰る前日、夜遅く三人で話をしていると、突然一本の電話が。

Aが言うには、昼間に地元の女の子と知り合い、この別荘の電話番号を教えたとのこと。

Aは二人にからかわれながらも受話器を取った。

『あなた……キュルキュルキュル……でしょ?』

その女性とは違うらしいと思ったAは、

「どなたですか?」

と尋ねたが、受話器からは

『あなた……キュルキュルキュル……でしょ?』

と繰り返されているだけ。

気味が悪くなったAは電話を切った。

誰だったのかと尋ねる二人に、Aは電話のことを話した。

「女の声で、ずっと『あなた……キュルキュルキュル……でしょ?』って言ってるんだよ。まるでテープの早送りみたいにキュルキュルって……」

皆何か気味の悪いものを感じたが、結局はいたずら電話だということに落ち着いた。

帰る当日、Aは別荘に残るといい、BとCは自宅へと戻った。

その夜、Cのもとへ一本の電話が。

それは、Aが海で溺れて死んだという知らせだった。

それから一年がたち、CはしだいにAのことを忘れていった。

そんなある日、ほとんど連絡のなかったBから、Cに電話がかかってきた。

懐かしい友人からの電話に喜ぶCだったが、Bはどうも気分がすぐれない様子だった。

『なあC、海に行った時のこと覚えてるか?あの時、Aに変な電話がかかってきただろ』
「ああ、そういえばあったな」

『あの電話、俺の所にもかかってきたんだ……』

「何だって!?」

『俺、死ぬのかな……Aはあの電話の後死んだだろ……?』

「そんなの偶然だよ。そうだ、久しぶりに会わないか?」

『そうだな……会おう』

待ち合わせの日、先に着いたCはBを待っていたが、Bはなかなか現れない。

心配したCはBに電話をしてみるが、誰も出ない。

結局その日、Bは待ち合わせ場所に現れなかった。

数日後

CはBが待ち合わせ場所に来る途中、交通事故にあって死んだことを聞いた。

それ以来、電話に出ることが恐ろしくなったCは、電話がかかっても留守電を通すなどし、直接電話に出ることをしないようにした。

数ヶ月がたっても特に何も起こらず、Cも電話のことを忘れかけていた。

ある日、Cは最近できた彼女と電話で話していた。

Cは彼女との長電話を楽しみ、翌日遊びにいく約束をし、電話を切った。

しかし、受話器を置いて、すぐに再び電話がなった。

Cは彼女が何か言い忘れたのだろうと思い、受話器を取った。

『あなた……キュルキュルキュル……でしょ?』

Cは焦った。あの電話だ……!

「おい、誰なんだ!?いたずらはやめろ!」

『あなた……キュルキュルキュル……でしょ? あなた……キュルキュルキュル……でしょ? あなた……キュルキュルキュル……でしょ?あなた……キュルキュルキュル……でしょ? あなた……キュルキュルキュル……でしょ? あなた……』

Cは怯えながらも、電話を切ったら自分も死ぬと思い、ずっと受話器を握り締めていた。
何時間が経っただろうか、気がつけば空も白み始めている。

さすがにCも限界だった。

しかしその頃から、電話の『キュルキュルキュル』というテープの早送りのような部分が、徐々にゆっくりとなっていった。

『あなた……キュルキュルキュル……でしょ? あなた…… キュル キュル キュル ……でしょ? あなた……』

『キュルキュルキュル』の部分は、少しずつ人の声へと近づいていく。

そして、とうとうはっきりと声が聞こえるようになった。

『あなた……死にたいんでしょ?』

「俺は死にたくない!死にたくない!!」

Cがそう叫んだ瞬間、電話は切れた。

Cはそれからも、元気に暮らしているらしい。

(了)

拝み屋怪談逆さ稲荷 [ 郷内心瞳 ]

Sponsored Link

 - 怪談・実話系, 稲川淳二

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

nanigasi-jotohei
何某上等兵

  自衛官の間で伝わる怪談話 某演習場での演習時の話。 42 :専守防 …

140919_000
樹海の心霊写真・最期の一枚【稲川淳二】

富士の樹海近くで民宿を経営している、仮にAさんとしておきます。 この人地元の消防 …

140929_inagawa
スクラップ車の臭い【稲川淳二】

私毎年ね、怖い映画の脚本書いたり、監督しているわけなんですがね。 もう何年前にな …

140929_inagawa
義兄の姉【稲川淳二】

世の中にはけっこう不思議な事ってあるんですよね。 ただ気づかないだけなんですよね …

151008_000
怪奇住宅

23区内私鉄沿線住宅地での話 788:本当にあった怖い名無し:2011/09/1 …

140828_007inagawa
真夜中のエレベーター【稲川淳二】

  「まいったなぁ、まーた閉じ込められちゃったよ」 私の担当のディレク …

140528_000
霊感のある母親が病院でみたもの…《タカダ・コーポレーション大貫幹恵》

人志松本のゾッとする話 タカダ・コーポレーション 大貫幹恵さんのゾッとするお話。 …

140929_inagawa
岡山の霊能力者【稲川淳二】

  岡山に心霊治療をする霊能力者がいるっていうんでね、取材に行ったんで …

140616_004tumamieamamame
★『鏡越し』つまみ枝豆の恐怖体験

10年くらい前。ある仕事で北陸の方に行きました。 その仕事というのは、テレビでは …

140929_inagawa
自殺の名所【稲川淳二】

  昔から自殺の名所って呼ばれる場所ってありますよね。 華厳の滝だとか …