【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

オザワ【稲川淳二】

      2021/04/09

Sponsored Link

広島県の小さな町にロケに行ったんですよ。

ホテルで一泊して次の日ロケってことだったんですが、着いたら結構遅い時間になってましてね。

わたしも部屋に入ったんですがすぐに寝れないもんですから、冷蔵庫からビールを出して飲んでたんですね。

ボーっとしてましたよ。

ああ、もう寝なくちゃまずいなあと思っていたんですが、なかなか寝れないんですよね。

どれ位時間が経ったのかわからないんですけど、どこかでドーンとドアの開く音がして、ドタドタドタ……ってすごい勢いで廊下を走る音がしたんです。

そしてドンドンドンとドアを叩く音がするんですよ。

けたたましい勢いで、ドドドドドン、おーいおーいとドアを叩きながら呼んでいる声がする。

そのホテルは我々しか泊まっていませんでしたから誰だろうと思ってね。

我々のスタッフの誰かだと思ったもんですから、ガチャっとドア開けてね見てみたんですよ。

そしたら案の定スタッフの一人が凄い勢いで、仲間うちのスタッフの部屋のドアを叩いてるんですよ。

見れば、顔は真っ青で、ガタガタガタ震えてるんです。

「何があったの?どうしたの?」って声をかけると、叩いてた先のドアがちょうど開いて、その部屋のスタッフが出てきたんですね。

彼は震えてるし、わたしも気になったんで一緒についていってみた。

「どうしたの?」って聞くと、「ああ……やあ……」とガタガタ震えて彼はうまくしゃべれない。尋常じゃないんですよね。

「おい……頼むからこの部屋泊めてくれよ……泊めてくれよ……」

ってその駆け込んだ部屋のスタッフに言うんで、「どうしたの?」のって事情を聞いてみたんですね。

彼も部屋に入ったんだけど、なかなか寝付けなかったんですね。

でも、明日の仕事もあるし、寝なきゃしょうがない。って事でベットに横になった。

電気を消して、真っ暗闇の中で静かにしてた。

と、その暗闇の中、なんとなく何かが動きまわるような気配があるっていうんですよね。

それがペッタペッタとスリッパを履いて歩きまわってる。

はじめは、よその部屋の足音が聞こえるのかと思ったけど、どう考えても自分の部屋の中で音がする。

そのうちに気配がして、ぐーっと近づく。

どうやら、その暗闇の中の何者かは、寝ている自分の顔を覗きこんでるようなんですよね。

うあああ……たまんねえなあ……と思った。

それでまた歩きまわってる。

しばらくすると、またベットに寄ってきて、自分の顔をジーっと見てる。その気配がする。

目を開けるのがこわい。でもとうとう我慢出来なくなって、起き上がって電気をつけちゃった。

まあ、部屋はなんてことないんですよ。

すっかり目が覚めたもんですから、どうしようかなあと……テレビをつけたけどもうやってやしないんですね。

しょうがないから、冷蔵庫から酒を出した。そしてベットに座って、一人グビーっと飲んでた。

ベットは壁に沿ってくっついているんですね。奥は壁、そして頭のほうに窓があるんです。

飲むだけ飲んだら、飲んだ勢いで寝ちゃおうって思ったんでしょうね。

1つ飲んじゃったから、もう1つ出してまた飲んでた。段々と気持ちが落ち着いてきた。

と、自分の座っているベット、なんだか後ろに沈む。

あれ?っと思った瞬間、後ろで音がする。

寝れなかったもんですから、さっき自分雑誌読んだんですよね。それをボーンとベットに放っておいた。

自分の後ろで何者かが、その雑誌をめくってる音がするんですね。

そんな事あるわけないと思って、その音をよーく聞いてると、確かに自分の後ろで誰かが雑誌のページをめくってる。

体が段々緊張してくる。耳は冴えてくる。

すると、段々段々とハッキリしてくる。

自分の座ってるベットに、誰かが座って、明らかに雑誌をめくってる。

うあああ……たまんねえなあ……

頼むから帰ってくれ、帰ってくださいよー……心で一生懸命祈りながら酒を飲んでた。

シーンと空気が張り詰めてる。

と、突然後ろから、

「なあ、オザワ」

って声をかけられたもんだから、うあああああ……って思ってね。

その瞬間、正面にある鏡に映る自分の姿が見えた。

驚いている自分の顔の横に、男の顔が半分映ったっていうんですよね。

あれなんなんでしょうね?って言ってましたよね。

(了)

Sponsored Link

 - 稲川淳二

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

奥多摩の古旅館【稲川淳二】

これはねぇ、不思議な話なんだけど。私が経験した話なんですよ…… 奥多摩にね、東京 …

長い遺体/サーファーの死【稲川淳二】

長い死体 私の友人に、お坊さんがいるんですよ。 若いんですがね。 家が代々お坊さ …

先輩のハト【稲川淳二】

中山って男は、「霊的な経験をした事がない」って私に言うんですけど、 こいつ、実は …

紫の座布団【稲川淳二】

不思議な話、って、ありますよねえ。 その日は、私の友人と、その、友人の先輩という …

霊能者の話【稲川淳二】

このお話を話してくれたのは霊能力者の方でしてね。 今は亡くなられていますけど、そ …

背負われた母親【稲川淳二】

これは北九州で、本当にあった話です。 若いお父さんとお母さん、二人の子供。 上は …

宇野くんの話【稲川淳二】

宇野くんという、テレビの制作会社の新人ディレクターが知り合いに居るんです。 私と …

赤いおにぎり【稲川淳二】

学生時代からの私の親友の話なんです。 だから、彼とは相当長い付き合いですよね…… …

夜窓人面浮遊考【稲川淳二】

私がレギュラーをしていた番組があるんですよ。 若い子が対象の番組でね。 曜日のレ …

キャンプ【稲川淳二】

三十代の男性で、仮にAさんとしておきましょうか。 十数年前の高校の夏休みの事なん …