【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

【稲川淳二】日航123便【ゆっくり朗読】1094

      2021/06/04

Sponsored Link

これは私、生涯忘れることはありませんね。

日航の123便っていうジャンボジェットが御巣鷹山に落ちたんですよね。大惨事ですよ。

実はこの飛行機に私乗ってるはずだったんですよね。

ていうのもね、あの頃私健康ものの番組やってました。

「稲川淳二のためになる話」って番組です。

で、その時に、和田美容研究所の和田こうたろうさんという方、私の友人なんですよね。
彼が手伝ってくれたんですよ。

あの当日なんですがね、私すごく具合が悪かったんですよ。

立ってられないんだ。どうにも具合が悪い。

まぁ撮影はやったんですが。

そうしましたらね、和田さんが「稲川さん、これ飲んでくださいよ。うちの研究所で開発したもんなんですけどね」って言うんですよ。

「あぁどうもありがとう」ってそれをもらったんです。

まぁ撮影が済んで、こうたろうさんの方はというと大阪に用があったんですよね。

それですぐ空港に行っちゃった。

本来乗る飛行機が決まっていたんですけど、早く済んだもんだから123便に乗っちゃったんですよね。

私はというと、具合が悪かったから次の日の朝一番の新幹線で大阪に入ろうと思っていました。

それが運命の分かれ道でした。

今でも私、彼の顔覚えていますよ。

笑って「稲川さん、これ飲んでくださいよ」って言っている顔。彼も髭があります。

お父さんの和田しずおさんがよく「稲川さんと似ているんだよねぇ、うちのせがれ」って言うんですよ。

大好きな友人でした。

ところが皮肉なことにその番組の担当をしていたディレクターが、御巣鷹山の現場に飛ばされました。

真っ暗ですよね。道がないわけだ。

這い上がっていくんですよ、物を掴んで。でも怖い。

近づいていくと油の匂いと焼け焦げたような臭い。そして血の匂いが鼻を突くんで「うわー!」と思った。

でも道がないからみんなはい登っていく。

困るのは何かを掴んでしまった時。

でもライトはつけられない。

見るのが怖いから。あまりにも悲惨だから。

登っていると何かが手にぬるっと触るっていうんですよ。

上の方から音がするので見てみると、木の枝から何かがブラブラとぶら下がっているんです。

「稲川さん、たまらなかったよ…」と話をしてくれました。

どのくらいすごかったかというと、遺体を調べていると、ひとつの遺骨にもう一つの遺骨が入っていたそうです。

衝撃でハマっちゃっていたそうです。

事故の凄まじさというのはすごいですね。地獄ですよね。

帰ってきた彼が、服を脱いでズボンを脱いで、お母さんに「これ捨ててくれない?」って言ったそうです。

それで疲れきっているからそのまま寝ちゃったそうです。

夜中になると

「兄貴兄貴、兄貴」

見ると彼の弟が、「兄貴あれ見てくれないか?ちょっとおかしいんだよな」

弟に起こされたので「えー」と思っていると室内に生乾きの洗濯物が。

お母さんがロープを張って洗濯物を干していた。

みんなきちんと干されている。

なのに弟さんが指をさした「兄貴あれ見てみなよ」と言った洗濯物は、その洗濯物だけゆらゆらと揺れていたそうです。

「稲川さん、その服とズボンだけど、私がおふくろに捨ててくれって言ったその服とズボンなんだよ。おれ御巣鷹山から何か持って来ちゃったのかなぁ」って言ってました。

(了)

 

Sponsored Link

 - 稲川淳二

[PR]

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【稲川淳二】豹変【ゆっくり朗読】227

【稲川淳二】豹変【ゆっくり怪談】 これは怖いですね。頭っから馬鹿にして見くびった …

【稲川淳二】病院裏の火葬場【ゆっくり朗読】268

【稲川淳二】病院裏の火葬場【ゆっくり怪談】 病院の話なんですが、神奈川県の会社に …

【稲川淳二】先輩のカメラマン【ゆっくり朗読】104

【稲川淳二】先輩のカメラマン【ゆっくり怪談】 この話、不思議な話なんですがね。 …

【稲川淳二】オザワ【ゆっくり朗読】175

【稲川淳二】オザワ【ゆっくり怪談】 広島県の小さな町にロケに行ったんですよ。 ホ …

【稲川淳二】ブラインド【ゆっくり朗読】94

【稲川淳二】ブラインド【ゆっくり怪談】 岡山での話しなんですがね。 会社勤めをし …

【稲川淳二】富士の樹海【ゆっくり朗読】225

【稲川淳二】富士の樹海【ゆっくり怪談】 ブウゥゥゥゥ…… これね、自動車やバイク …

【稲川淳二】渓谷の怪【ゆっくり朗読】118

【稲川淳二】渓谷の怪【ゆっくり怪談】 もう何年も前になるんですがねぇ。私、あるテ …

【稲川淳二】東北の宿【ゆっくり朗読】150

【稲川淳二】東北の宿【ゆっくり怪談】 東京に本社のある食品会社の中堅社員で、 オ …

【稲川淳二】病院の子供の声【ゆっくり朗読】1174

【稲川淳二】病院の子供の声【ゆっくり怪談】 病院。そこは一歩踏み込んでしまうと、 …

【稲川淳二】樹海の心霊写真・最期の一枚【ゆっくり朗読】1113

富士の樹海近くで民宿を経営している、仮にAさんとしておきます。 この人地元の消防 …