【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

【稲川淳二】長い遺体/サーファーの死【ゆっくり朗読】228

      2021/05/31

Sponsored Link

長い死体

私の友人に、お坊さんがいるんですよ。

若いんですがね。

家が代々お坊さんですから、まぁ、若旦那なんですよね。

で、この人、趣味がサーフィンなんですよ。

お坊さんには見えない若者なんですが、夏になると、仲間とつるんで、波乗りに行くんだそうです。

その夏もね、朝早く四人で集まって、板を車の上に乗っけてね、海に向かったそうです。

途中、腹が減ったから、昼をね、早飯にしようってことで、適当な道路沿いのレストランに車を停めて、入ったんです。

「いらっしゃいませ」って店の女の子がきて、トン、トン、トンと水を置いていったんですね

だけど、三つしか置いていかない。

一人、友達の分が足りないんで、「お姉さん、水もう一つね!」って、言ったら、「は~い!」って言って、持ってきた。

注文、何にしようか?って、相談したんですが、みんな、早く海に入りたいですからね、別々に頼むより、みんな同じの方が早いって言うんで、

「お姉さん、全員、カレー下さい!」って、注文したそうです。

しばらくして、カレーがきたんですが、さっき、水がこなかった彼の前だけ、カレーがない…

カレーは、三つしかこなかったんです。

で、「お姉さん、カレー一つ足りないよ」って、言ったら、「あ、すみませ~ん、すぐに、お持ちします」って言う。

カレーはすぐに届いたんですが、彼女が置いていくときね、何とも、不思議そうな顔をしていたそうです。

でも、みんな気分は盛り上がっていましたからね、「お前、完全に影が薄いな、水もこないし、カレーもこないし!」って、みんなで笑ったそうですよ。

さて、食べ終えて、現地に着いてね、それ!って、板を持って、海に入っていった。

しばらく各々サーフィンを楽しんで、で、あがって来たら、三人なんですね。

例のカレーがこなかった彼があがって来ない…「おい、あいつどうした?」って聞いたら、

「いや、知んない、先にあがったか?」とか言ってね、ま、いいか…って、一休みしたら、みんな、また海に入った。

そうこうしているうちに、陽もだんだんと陰ってきたから、みんな海からあがってきたけど、例の彼がいない。

「おい、あいつ、どうした?…さっきから、姿みえないけど…」

「さぁな…でも、あいつのことだから、ナンパしてるんじゃないの?」

するともう一人が、「そうだな、あいつ、結構もてるし、女好きだからな」とか言う。

今夜の宿の場所はみんな知ってるんで、じゃ、先に帰って、休もう、って事になった……

宿について、シャワーとか浴びてね、一息ついたら、もう夕食なんですね、

でも、彼が戻ってこない。

さすがに、どうしたんだ?と、心配になったんですが、今みたいに、携帯電話が普及している時代ではないですからね。

でも、ベテランのサーファーだし、事故とか心配しなかった。

結局、「あいつの事だから、どこかの女と、よろしくやってるんだよ、心配ないよ」って事で、先に夕飯食べながら、お酒飲んで、盛り上がった。

そうこうしているうちに、みんな酔い潰れて、寝てしまったんですね…で、夜中になってね、襖の向こうから、「すみません…、あの、すみません…」って声がするんですよ。

「…はい、なんでしょうか?」って、私の友人のお坊さんが、襖を開けた。

そしたら、宿の女将が立っていて、「夜分にすみません、実はいま警察の方がおみえになってて、こちらの責任者とお話ししたいとのことなんです」

「なんでしょう?…私、いきますけど…」って言ったら、「さぁ?…いま下の玄関でお待ちです」って、階段を降りて行くんで、後をついていった。

下に行ったら、玄関に警官が立っていて、一応、警察手帳みせながらね、「お休みのところすみません…」って言うんで、「今時分、警察の方が、何のご用ですか?」って聞いた。

そしたら、「すみませんが、仲間うちで、まだ帰っていない方がいませんか?」と聞かれたから、すぐにピンときてね、「ええ、一人…あいつ何かやったんですか?」って聞いた。

「いや、別に何かしたというわけではないのですが…実は、一軒一軒聞いて回っていたので、こんな時間が遅くなって、申し訳ないのですが、警察署までご同行願いたいのですが…」って言う。

これは普通じゃないな、と思ったんで、「ちょっと待って下さい、今、仲間を呼んできますから」って、二階にあがっていって、二人の仲間を起こした。

「なんだよ?」

「なんだじゃないよ、今下に警察が来て、あいつの事で、一緒に来てくれって言ってるんだよ」

「あいつ、何かしたのか?」

「よく分かんないだよ、とにかく、みんなで一緒に行こう」って、急がせた。

で、パトカーに乗って、道すがら、「事件なんですか?」って聞いても、その警官が何も言わない。

ただ、曖昧にうなずいて、何ともいえない表情をしてるから、ははん、これは、いいことじゃないな…と思った。

警察署に着いて、パトカーを降りると、その警官の後に付いていって、あるドアの前に来ると、警官は言いにくそうに、「どうぞ、こちらに安置されています」と言う。

「…安置って、あいつ死んだんですか?」

「ご友人でなければ良いのですが、海で死体があがりまして、確認をいただきたくて、お呼びしました」と言いながら、部屋に入っていく。

これには、みんなビックリしましたよね、そう言われれば、あれからずっと、彼には会ってない訳で、死んだとしても、不思議ではないんですよね。

でも、信じられない訳ですよ。

部屋は結構広くて、床はコンクリートで、でも、不思議なのは、ちゃんとベットはあるのに、床にクッションが曳いてあって、その上に、寝かされて、シートが被さっていたそうですよ。

これか!と思いましたが、まだ信じられませんよね、で、これが変なことに、大体、人一人の長さって、決まってるじゃないですか?

でも、被さっているシートが、やけに長い……

警官が、「すみませんが、確かめていただけますか」って言う。

お坊さんが、覚悟を決めてね、「分かりました」と、シートに手をかけて、捲ったそうですよ。

髪の毛が見えた、額が見える…捲っていくうちに、分かったそうですよ、それはそうですよね、仲間の顔なんかちょっと見れば分かりますから……

案の定、例の彼でした。どうしたんだよ……

どうしてこんな事に……

「間違いありません、彼です…」

それから大変ですよ、彼の家には連絡しなければならない、警察からは事情を聞かれる…何より、ショックですよね。

で、「なんで、亡くなったんですか?」って警官に聞いたら、「それが判らない」って言うんですよ、「溺れたんですか?」って聞くと、「溺れたのかも知れません…」

「心臓麻痺かなんかですかね?」って言うと、「可能性はあります…」

「どんな状況であがったのですか?」

「それがなんとも、説明しづらい状況でして…」

何言ってるんだ、警察は?と思った。

お坊さんはね、ともかく、手を合わせて、念仏を唱えたそうですよ。

そしたら、連れの一人がね、「おい、さっきから不思議に思ったんだけど…このシート、やけに長くないか?」って言った。

そしたらもう一人も、「あぁ、俺もそう思ったんだよ」って、警官を見る。

警官は、困った顔をしていたそうです。

で、お坊さんが、「下まで捲っていいですか?」って、警官に聞いたら、警官は曖昧に頷いたので、お坊さんはシートに手をかけてね、徐々に捲っていったそうですよ…

彼の顔が現れる…彼の胸から腹…そして、腰から太股まできたときです、何か、もやもやとした、灰色のものが見えた。

えっ?なんだ、コレ?って思って、一気にシートを、サーッと捲った。

途端、「うわぁぁぁ!!」みんな一斉に叫んだ……

なんと、そこには、彼の太股に、ガッチリ両手でしがみついて、老婆が引っ付いていたそうですよ……

彼の太股に、指が食い込むくらい、強く握っていたそうです。

灰色のもやもやしていたのは、老婆の髪の毛だったんですね……

死体は、二つだったんですよ……

だから、シートが長かったんですね。お坊さんがね、「何んなんですか、コレ?」って聞いたら、「…実は、老婆の方は、身元が分かっています…四日前に、崖から海に身投げしたのを目撃された、地元のお婆さんなんです…」

「四日前って…じゃ、何で四日前に死んだお婆さんが、こいつの足に絡み付いているんですか!?…死んでいるのに!?」って言ったら、

「さぁ…だから、それが分からないんで、我々も困っているんです…」って言ったそうですよ。

これは、ニュースになりました。

でも、サァファーの彼の死と、老婆の死は、別の扱いとして報じられたそうです。

何だったんでしょうね……

(了)

Sponsored Link

 - 稲川淳二

[PR]

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【稲川淳二】日航123便【ゆっくり朗読】1094

【稲川淳二】日航123便【ゆっくり怪談】 これは私、生涯忘れることはありませんね …

【稲川淳二】奥多摩の古旅館【ゆっくり朗読】298

【稲川淳二】奥多摩の古旅館【ゆっくり怪談】 これはねぇ、不思議な話なんだけど。私 …

【稲川淳二】豹変【ゆっくり朗読】227

【稲川淳二】豹変【ゆっくり怪談】 これは怖いですね。頭っから馬鹿にして見くびった …

【稲川淳二】自殺の名所【ゆっくり朗読】217

【稲川淳二】自殺の名所【ゆっくり怪談】 昔から自殺の名所って呼ばれる場所ってあり …

【稲川淳二】レコード室の女性【ゆっくり朗読】1203

【稲川淳二】レコード室の女性【ゆっくり怪談】 わたしがまだ二〇代の頃なんですが、 …

【稲川淳二】義兄の姉【ゆっくり朗読】176

【稲川淳二】義兄の姉【ゆっくり怪談】 世の中にはけっこう不思議な事ってあるんです …

【稲川淳二】病院裏の火葬場【ゆっくり朗読】268

【稲川淳二】病院裏の火葬場【ゆっくり怪談】 病院の話なんですが、神奈川県の会社に …

【稲川淳二】キャンプ【ゆっくり朗読】147

【稲川淳二】キャンプ【ゆっくり怪談】 三十代の男性で、仮にAさんとしておきましょ …

【稲川淳二】ねんねこ坂【ゆっくり朗読】93

【稲川淳二】ねんねこ坂【ゆっくり怪談】 私がよく怪談話をまとめる時に「どうやって …

【稲川淳二】沖縄の心霊スポット【ゆっくり朗読】941

【稲川淳二】沖縄の心霊スポット【ゆっくり怪談】 わたしね、全国ツアーってのをやっ …