【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

生贄要員

      2016/09/09

Sponsored Link

「魔の起源」という本に載っていた山の神の解釈が後味悪かった。

503 :名無しさん@おーぷん :2016/02/23(火)23:59:02 ID:HDt

山の神は、名前のとおり山に住んでいるといわれる人の姿をした神で、目と足が一つづつしかない。

本の中で、山の神に関するこんなエピソードが古典から引用されている。

山の神が村に下りてきて人を襲った。
襲われた人は「あわあわ」などと悲鳴を上げながら、抵抗らしい抵抗もできず山の神に殺された。
山の神は鬼なのだ。

山の神が村に来た理由も人襲った理由も、村人たちが黙って山の神が暴れるのを見ていた理由もなく、「鬼なのだ」としか記されていない。

著者はこのエピソードに対し、以下のような考察を述べている。

かつては日照りなどの際に、神に人間のいけにえをささげる風習があった。
そして身寄りのない人間や流れ者などを、いけにえ要員として『飼って』おくことがあった。
いけにえ要員に逃げられては困るので、逃げられないように片目をつぶし片足を奪ったという。
それが片目片足の『山の神』の正体だ。
殺されるために生きている身が哀れだったので、時に暴れまわっても村人はとがめたりしなかったのだろう。

当時は、日照りや冷夏などの異常気象が、即、村単位の死活問題になるハードモードだったから、現代人の感覚で物を言ってはいけないのは分かるけれど「いけにえ要員の飼育」という考え方はやりきれないものがあった。

(了)

 

悪魔の起源 [ エレ-ヌ・ペイゲルス ]

Sponsored Link

 - 後味の悪い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

東武東上線人身事故

学生の時、大学からの帰りに電車の先頭車両の一番前に乗っていた。 するとガッタンと …

こどもの一生【中島らも原作・超怖い話】

中島らも原作『こどもの一生』 1990年初演のお芝居で何度か再演されているが、2 …

外国為替証拠金取引(FX)で財産の大半を失った話

  FXのなまなましい体験談が怖すぎて震えた件 701 名前:名無しさ …

人工内耳手術

今から三十年以上前の話。 723 :本当にあった怖い名無し:2016/10/28 …

学生運動をやってた爺さん

  小四の頃、弟が生まれるから実家に預けられてた時期があった。 11: …

教師生活最大の後悔

小学校の教諭だった母親が最も後悔していたこと。 222 :2014/12/03( …

【実話】チリで最悪な犯罪者に絡まれた話。

  これは、南米旅行が趣味だった頃、チリの古代遺跡で有名なとある島に行 …

自衛隊を辞めた男の怨念

  今から遡ること数年前の四月、俺は自衛隊に入った。 24: 本当にあ …

5億年ボタン【名作】

記憶が曖昧ですが、自分が小学生くらいの頃にジャンプの特別版か何かで読んだ漫画です …

ウェルニッケ脳症

医療過誤の話。 544 :本当にあった怖い名無し:2016/08/27(土) 0 …