【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

女縛りの柿の木

      2016/04/22

Sponsored Link

 

つい最近怖い体験してた、すごい話したいから書く。

14:本当にあった怖い名無し :2014/12/07(日) 02:08:46.98 ID:a1O+WaJk0.net

俺は自営業の手伝いしてんだけど、十二月の始めに長めの休日をもらった。

正月は忙しくなるので、いい機会だと思って、半年振りくらいに実家に帰った。

やっぱりこっちは雪が多いとおもったね。

次の日、家でゆっくりしてたら雪かきでもしろと言われ、俺もいい子ちゃんだから雪かきをしていた。

そしたら成り行きで、近所の老夫婦の家の雪かきも、することになったんだ。

雪かきは結構疲れるから老体にはつらい、老人には優しくする俺は快く雪かきしにいった。

「うぇーい、ばあさん!!この俺が雪かきしにきてやったぞ」

というとばあさんが「あ~あ~ヒヒッ」と言いながら乳母車引いて、外に出てきた。

俺の故郷は足が悪くなった婆は乳母車引いて歩く。

最近ボケ始めてきたらしいが、俺のことは覚えていてくれて少し嬉しかった。

俺が雪かき始めると、ばあさんは座って昔話を語り出した。

この婆は語り部っていうのか、よく村の児童館みたいな所にきて昔話をしていた。

最近はこの大きめな村でも小学生が五十二人しかいないそうで、児童館がなくなったからこの婆も語り部は辞めたみたいだけど。

とにかく昔話を話すのが好きなばあさんは、今日は俺の家について話し始めた。

いつもは、川向うの清助が腰ぬかしただの、あの山から鬼がきて悪い子をさらっただの、そういう話しかしないから少し興味を持ち、話を聞いた。

「なの家(お前の家)はNの姫が武士に殺された場所でな、呪われとる」

という話だった。(Nは俺の本家の苗字)

そんな話を祖母祖父からも聞いたことがあり、俺は好奇心が湧いて更に詳しく、聞きたいと思い、家にお邪魔することにした。

家はなんか石鹸みたいなにおいがした。

ばあさんは俺にココアを出した。

なぜか隣の家のばあさんと、その奥の家のばあさんも来て、三人の話を俺が聞く形になった。

ばあさん達の話は世間話が多く、あまり進まなかったからまとめるとこうなる。

150~200年くらい前だと思うが、その昔、N家(俺の爺さんの実家)は地主だか村長、だった。

その娘(姫ではない)はたいそう可愛いらしかったんだそうだ。

そんで、その娘は山に山菜を取りにいき、そこで数人の山伏と会い、大変失礼なことをしてしまった。

激怒した山伏はその娘を殺そうとしたらしい。

娘はがんばって逃げたけど、丁度俺の家あたりで首をはねられて殺され、その死体は柿の木に縛り上げられた。

それをみた地主はたいそう悲しみ、その土地に別荘を建てて、供養したり山に人を寄らせなくしたんだそうだ。

まとめるとこういった物語だった。

つっこみどころもあるが、色々心当たりがあり、なんだか俺はこわくなった。

だって俺の家の裏庭に柿の木があるんだもん。小さいけど。

話を終えて、その家を後にした俺は自分の家に帰るのが怖かった。

祖母にその話をすると、祖母はさらに俺の家について詳しく話してくれた。

この家には元々本家が住んでいたが、あまりにも呪われていたから、俺の祖父に家を譲ったらしい。

一回建て替えて現在築四十六年になる。

その呪いというのが、水気のない廊下が毎朝濡れていたり、主人が病気になったり、夜に砂利を踏む音が聞こえたり、犬がほえたり、子供をそこで育てると死ぬとか、なにより小さい納屋みたいな所から変な気配がするというものだ。

思い当たる節がおおすぎた。

砂利を踏む音を聞いたことはあるし、小さいときから納屋だけは近寄らなかったし、本家に婿入りした男は病気で死に、俺の爺さんも病気で死に、俺の父上も病気になった。

濡れてることに関しては次の日の朝、テレビをみる前に調べたら確かにほんのり湿ってた。

子供に関しては良くわからなかったけど、こりゃヤバイと思ったね。

そんなだから俺の母親は、兄が生まれる前に霊媒師だかに納屋を御祓いを、してもらったんだそうだが、

「手に負えない、もっとすごい人を連れてくる」

といったきりなんだそうだ。

そんなこともあってか俺は三歳まで別の実家で育てられた。

とにかく俺は怖くなって、一度もあけたことが無かった納屋をあけて調べてみることにした。

でもおれ一人じゃ何かあったら怖いから、丁度同じタイミングで家に帰っていた元ラグビー部の兄と、まだ学生の、小太りな弟の三人で納屋に突入することになった。

兄は金属バットと懐中電灯を持ち、俺はガスガンを装備し、弟はライト付きのビデオカメラを回す役割だ。

俺と兄はすごいビビリだったから、なぜか武器を持っていた。

兄、俺、弟の順番で狭い納屋に入ることになった。

俺は入ってすぐ納屋の中を見渡した。

色々散乱していたが、目に付いたのは一番奥のつづらと白黒テレビと、レコードを再生する機械だった。

壁には昭和っぽいポスターが、貼られていた。(女性が何か持ってる絵、顔と手の部分が破れてよくわからんかった)

兄は物に邪魔されて先へ進めないようで、俺は出入り口付近で立ち止まるしかなかった。

肝心のビデオカメラを回してる弟が中に入れないでいた。

床を見ると昭和三十七年だかの新聞があった。

兄が一歩進んだので俺も一歩進む。

その時兄が悲鳴を上げた。俺もびびって下がったら、グニャリとしたものを踏む感触があった。

こけそうになって足元をみると、黒っぽい液体が靴に絡み付いていた。

ファァアアア!!

と、叫んで俺はすぐ後ろの弟に抱きついて納屋を出た。

そのあとから兄がもうダッシュして家に逃げた。俺もすぐに逃げた。

弟はたてつけの悪い納屋の戸を閉めてから来た。

家で落ち着いていた弟が兄から話を聞くと、兄はカァ~という女っぽい声が聞こえて、手をつかまれたと言っていた。

俺が液体のことを話すと兄はすごいビビッていた。

その後婆様からお叱りを受けた。

その時俺が

「でもあの柿の木、人縛れるほど大きいか?」

と言ったら、あの木は雷で一度折れたが、また生えてきたとのこと。

すごいけど、どこか恐ろしい柿の木だ。

俺はもう一日実家にいる予定だったが、怖くて自分のアパートに帰った。

道中はヘビメタを聴き、ゲームに没頭して恐怖を紛らわした。

アパートについてから一日後

兄から電話がかかってきた。兄は震えた声で「見た!」といってきた。

なんでも納屋を外側からみたら、窓に中からべったりと女が張り付いていたそうだ。

怖くて聞きたくなかったから電話を切った。

その後のことはよくわからないし、俺も納屋のアレがなんだったのかはまったくわからない。

俺の仮説では、あの納屋に霊が封じ込められているんだと考えている。

現実の話だからオチとかなにもないけど、書いたら恐怖心が薄れた気がする。

聞いてくれてありがとう。

21:本当にあった怖い名無し :2014/12/07(日) 04:53:52.85 ID:SBVZ+1aD0.net
光景が浮かんできて読みやすかった。
面白かったよ、もう一度行ってみてほしいなあ……

 

怪談五色(呪葬) [ つくね乱蔵 ]

Sponsored Link

 - 集落・田舎の怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

img0591
奇妙な村人

友人の奥山とある村に行ったときの話。 メアさん 2008/08/31 00:59 …

151030_004
お茶湯(おちゃとう)

今年のお盆、俺のひい婆さんの初盆だったんだ。 いろんな細かい行事がいろいろあって …

img0557
海辺の無縁仏

うちのじいさんの田舎が茨城なんだけど、昔は土葬だったそうだ。 923 本当にあっ …

151214_003
あまめの呪い

俺が体験した怖い話。 320 ; 2010/10/31(日) 17:22:08 …

umiwomitewaikenaihi
海を見てはいけない日

  九月に、『おおばあ』って呼んでたうちのばあちゃんの姉が亡くなって、 …

daggakodon
ダッガコドン(誰の子供)

  去年、私は仕事で失敗が続き、厄年は来年なのに何故だろうかと調べた末 …

gonbodane
牛蒡種(ゴンボダネ)

  837 :本当にあった怖い名無し:2016/01/25(月) 13 …

sirahogemiz
白髭水

  『遠野物語』に登場する霊峰・早池峰山の主は女神だが、実質お山を取り …

kaminoko
崇め奉られた神の子の末路

  私の住んでいた島で私が小さい頃、神の子だと崇められていたお兄さんが …

kubikarijizou
首狩り地蔵

小学生の頃、両親が離婚し俺は母親に引き取られ母の実家へ引っ越すことになった。 母 …