【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

独り暮らしの爺さん

      2017/09/15

Sponsored Link

俺の隣の家には、奥さんに先立たれた一人暮らしの爺さんが住んでる。

2016/01/29(金) 00:10:35.68 ID:VhlM9lrv0.net

何時からなのかは忘れたが、毎晩22時を少し過ぎたくらいにカチャッとその隣の家の玄関の鍵の開く音と、ガラガラと扉を開く音が聞こえる。

隣の家は俺の家と同じタイプの扉だから、やたらと耳に入るんだ。

それで、すぐには扉が閉まる音は聞こえずに、しばらく経ってから閉まる音が聞こえる。

普段は音が聞こえても、散歩に出かけてるのかなぐらいにしか思わなかったが、よく思い出してみると、扉の開く音と閉まる音が聞こえた後、歩く音が聞こえない。

俺の家は、少し離れた所から歩いてくる音が聞こえるくらい壁が薄いので、扉の音以外が聞こえてもおかしくない筈なんだ。

それで、少し興味を持った俺は22時少し前から、爺さんが何をしてるのか覗き見をしてみる事にしたんだ。

爺さんは、奥さんの遺した玄関前のガーデニングを大切にしていて、俺の家側に花棚がそこそこ高く積まれている。

そこなら暗いし角度的に玄関から見える事は無いだろうと思った俺は、その花棚の奥に隠れた。

まあ、何も無いにしろ疑問が解決してスッキリ眠れるからいいかと、その時は考えていたんだ。

22時17分、スマホの明るさを最小にして、ゲームをしながら待っていると、カチャッと鍵が開く音が聞こえた。

俺は慌ててスマホを消した。

いつも通り、ガラガラガラと扉が開いた。

出てきた爺さんの異様な光景に俺は息を飲んだ。

爺さんは、扉に手を添えて顔だけを玄関の外に、ぬっと出していた。

それだけなら、防犯の為に外を見てるのかなと思うだけだろうが、表情が明らかにおかしい。

恐怖を覚えるほど、満面の笑顔なのだ。

表情筋疲れないの?ってくらいに口の両端がつり上がっている。

妙に冷静になって、爺さんついにボケたのかと思っていたら、ベタンッという音が響いた。

周りを見てもそんな音を出す様なモノは見た当たらない。

でも、ベタンッベタンッベタンッと音は俺の前を過ぎて、隣の家の中に入っていった。

信じられない音を聞いてしまい、息をするのも忘れて固まっていると、爺さんの目がカッと見開いたかと思うと、俺の隠れている花棚の方に首をグリンと向けた。

玄関のライトに照らされた不気味な表情に見つめられて、俺は一瞬軽く意識が飛びそうになった。

『バレた?いや、あの位置からこっちは見えないはず!でも俺を見てる!』とパニックになりつつ、頭を下げて出来るだけ小さくなって隠れた。

すると、玄関からこっちに歩いてくる音が近づき、花棚の近くで止まった。

必死に息を潜めたが、それより心臓の音が爺さんに聞こえてるんじゃないかと思う程うるさく鳴っていた。

しばらくすると、花棚の前から玄関へと戻って行く音がし、ガラガラガラと玄関が閉まる音をカチャリと鍵をかける音がした。

だが、俺は、爺さんが見張っているような気がして、その場から動けなかった。

それから、ある程度落ち着いた俺は身を小さくしつつ、家に逃げ帰った。

爺さんが何を家に招き入れたかよりも、バレたんじゃないかという事が怖くて仕方が無い。

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1452076098/]

 

怪談社(戊の章) [ 伊計翼 ]

Sponsored Link

 - ほんのり怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ラーメン屋の怪

先日、友人とラーメンを食べに行った。 深夜3時まで営業している店を知っていたので …

小川で拾ったワイシャツ

  日本がまだまだ貧しかった、昭和三一年の話。 876 2013/06 …

スキマ

  帰り際、自分だけ違う方向の電車だったので、仲間たちに別れを告げ電車 …

八高線のにらめっこおじさん

  東京の端っこに八高線(ハチコウセン)というローカル線がある。 72 …

深夜の公園児童が一人

駅から家に帰る時の話。 95:本当にあった怖い名無し 2016/11/02(水) …

彼岸からの生還

俺の死んだ爺ちゃんが戦争中に体験した話。 爺ちゃんは南の方で米英軍と交戦していた …

人格変容

  オレの職場に、突然人格が変わってしまったヤツがいる。 2005/0 …

霊園道路

俺が高校の頃なんだけど、部活で遅くなったもんで近道で霊園沿いの道路を通ったのよ。 …

夫にメガンテ!

  しゃべる絵皿 小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿 …

新聞奨学生怪談

俺が学生時代の話なんだけど、いわゆる新聞奨学生をやってたんだ。 学校行きながら、 …