【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

■火ともし山【怖い!まんが日本昔ばなし】

      2017/02/17

Sponsored Link

あらすじ

昔、諏訪湖の東の村に「おなみ」という娘がいた。

おなみには、夫婦になろうと言い交わした若者がいた。

ところが、ある日若者は、今住んでいる村から湖の向こう側に移り住まなくてはいけなくなった。

おなみは若者と会えなくなる事をとても悲しんだが、若者は毎晩湖のほとりの山で火をともすとおなみに約束した。

その火を見て、心を通わせようと思ったからだ。

若者は、移り住んだその日から夜になると山で火をともすようになった。

若者に恋焦がれていたおなみは、我慢できなくなって火を目印に若者の元に走りだした。

おなみは酒の入った竹の筒を持って、湖のほとりを全力疾走する。

やがて若者の元にたどり着いた頃には、中の酒から湯気が出て、熱燗のようになっていた。

若者に早く会いたいと言う思いのせいで胸が焦がれるようになり、それで酒が温まるのだと言う。

ある日、おなみはもっと早く若者の元に行きたいと思うようになった。

湖をぐるりと回るのは時間がかかる。

そこでおなみは湖を泳いで渡ることにした。

冬の寒い中だったが、おなみは若者の火を頼りに湖を泳いで渡った。

湖から上がったおなみの手には魚が握られていた。

いつもより早く来たおなみに若者は驚いた。

さらに、おなみがびしょぬれであること、取れたての魚を差し出したことに若者は驚いた。

この寒い中、おなみが湖を泳いできたと言うことが若者には信じられなかったし、もし本当にそうならこれは正気の沙汰ではないと思った。

Sponsored Link

次の日、若者は火をともした後に湖をじっと見ていた。

すると、おなみは一直線に湖を泳いできていた。

その様子を見た若者は背筋に冷たいものが走り、おなみのことが怖くなった。

次の日、おなみは湖のほとりで若者が火をともすのを待っていたが、いつもの時間になっても火はともされなかった。

少しでも早く若者に会いたいと思っていたおなみは、雪がちらつく中、湖へと入っていった。

湖の真ん中からでも、いったん火がともされれば、それを目指せばいいと思ったからだ。

しかしその晩、山に火がともされることは無かった。

そしてその晩以来、おなみの姿を見た者もいなかった。

しばらくして、若者が熱病で死んだと言う話が、風の便りでおなみの村に伝わってきた……

(了)

 

闇の検証(第7集)霊能者・寺尾玲子の新都市伝説

Sponsored Link

 - 怖い!日本昔ばなし

[PR]

Comment

  1. ななし より:

    新潟県佐渡島に伝わる伝説と内容が似ています。
    女性が佐渡島から夜にたらい舟で対岸に住む男性の元へ通う話です。
    しかし平成になってから地元の女性達がたらい舟で実際に佐渡島の伝説の残る小木港から対岸の本土へ渡っております。
    諏訪湖も案外、泳げるものかもしれません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

■吉作落とし(きっさくおとし)【怖い!まんが日本昔ばなし】

あらすじ ある山に、岩茸(いわたけ)を採って暮らしている「吉作」という若者がいた …

■佐吉舟【怖い!まんが日本昔ばなし】

あらすじ 八丈島に太兵衛(たへえ)と佐吉(さきち)という二人の腕の良い漁師が住ん …

■牛鬼淵【怖い!まんが日本昔ばなし】

あらすじ 昔、伊勢の山奥に牛鬼淵と呼ばれる深い淵があり、そこには顔が牛で体が鬼と …

■夜中のおとむらい【怖い!まんが日本昔ばなし】

今の山形県鶴岡の城下に『大場右平』という侍がいました。 ある夜のこと、仲間の侍の …

■牛鬼(うしおに)【怖い!まんが日本昔ばなし】

あらすじ 島根のある漁村に隠棲する侍の夫婦があった。 妻の方はとても出来た人で、 …

子取り・老婆の告白

約二十年前(1985年/昭和60年)。俺がまだお母さんのお腹の中にいたころ。 2 …

十六人谷【怖い!まんが日本昔ばなし】

十六人谷は日本昔話史上、もっとも恐ろしい話と云われています 十六人谷(じゅうろく …

■飯降山(いぶりやま)【怖い!まんが日本昔ばなし】

あらすじ 昔、三人の尼さんが山に入って修行をしていました。 山には住む家もなく、 …

■みちびき地蔵【怖い!まんが日本昔ばなし】

あらすじ 漁を終えた母親は、獲った魚と幼い息子・浜吉の手を引いて家路を急いでいた …