【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

彼岸からの生還

   

Sponsored Link

俺の死んだ爺ちゃんが戦争中に体験した話。

爺ちゃんは南の方で米英軍と交戦していたそうだ。

運悪く敵が多めのとこに配置されてしまい、ジリジリと後退しながら戦う毎日だったそうだ。

作戦で米英軍が進んでくるところをちょいちょい襲撃して進撃を遅らせながら、こちらの被害は抑えて後退しながら戦っていたという。

話を聞いていた当時中学生の俺には、日本軍なんて「突撃!」とか「玉砕!」とかやっているイメージしかなかったから、意外だった記憶がある。

そうやってジリジリ後退していた爺さん達だが、ある日、とうとう敵に部隊の位置を捕捉されてしまい、爆弾やら砲弾やらがガンガン打ち込まれる事態になったそうだ。

必死で友軍陣地を目指して逃げたので、仲間も一人二人と生死もわからないままはぐれて行ってしまった。

爺ちゃんも死を覚悟しながら移動したが、あと一日も移動すれば安全圏というところで、近くに爆弾がさく裂して吹っ飛ばされたそうだ。

気がつくと友軍陣地なのか兵士が大勢いるところだったそうで、「助かったのか?」って思ったそうだ。

そこは川に近い広場の様なところで、見覚えはなかったが、大勢の兵士が寝転がったり雑談したりと、だいぶ前線からは離れた様な和やかな雰囲気だった。

爺ちゃんは衛生兵に自分の隊はどうなっているのか聞いてみたら、川岸にたむろしているのがそうじゃないかって言われたのでさっそく行ってみた。

川岸に行くと隊長の姿は見えなかったが、退却中に別れ別れになった仲間がいて、爺ちゃんは結構助かった仲間が多い事に嬉しくなった反面、三分の一ぐらいは姿が見えない事に悲しくなった。

そして、特に親しくしていた仲間と雑談しながらくつろいでいると、川の向こうに見覚えのある兵士が大声で叫んでいるのに気がついた。

その兵士は大声で爺ちゃんの名字を呼んでいるので目をこらしてみたら、どうやら同じ隊の水島という人のようだ。

爺ちゃんは水島が川の向こうにいる事を仲間に教えた。

最初はみんなきょとんとして川の向こうに人影を探している様子だったが、あんなにハッキリと水島が見えているのに見つけられないようだった。

そのうち誰かが「あ~そういう事か~」と言って、みんなで爺ちゃんをかつぎ上げて、

「お前はあいつのところまで行ってこい!」とか、

「しっかり泳げよ!」

と言いながら慌てる爺ちゃんを川に放り投げたそうだ。

爺ちゃんはケガ人にひどい事をするもんだと思ったが、あの退却で水島も助かったんだと思うと嬉しいので痛みをこらえて川を泳いでいった。

向かいの川岸では水島が自分の名前を呼び続けているので、声を頼りに近づいていくと急に激痛がはしり、しまったワニか?と思ったらしい。

激痛で意識が飛びそうだと思ったとき、今度はベッドの上で気がついた。さっきまでいた所ともまた違うどこかの友軍の陣地。

爺ちゃんは激痛をこらえながら衛生兵に聞いてみると、自分の目指していた陣地よりもさらに先の場所だった。

衛生兵に

「君の隊は大変だったな、背負ってくれた仲間に感謝しろよ」

と言われて、爺ちゃんは色々聞こうとしたが、今は寝ていた方が良いと取り合ってはくれなかった。

次の日、爺ちゃんは痛みと疲れでぼんやりとしているところに水島が訪ねてきた。

水島は開口一番

「お前は隠れて何か喰ってたのか?重かったぞ」

と笑いながら嫌味を言ってきたそうだ。

爺ちゃんは水島が運んでくれたんだと思いながら、これでも痩せたんだと言い訳をした。

言い訳をしながらも心に引っかかる言葉が言い出せずにいると、水島の方から「ウチの隊は今の所七名だ」と言った。

爺ちゃんはあの川岸で会った何名かの名前を口にしたが、水島は上げた名前の人は誰も来ていないと言った。

そして今この陣地にいるのは、水島に聞いたところ、あの川岸にいなかった人たちだったそうだ。

爺ちゃんはこの話をしたときに最後にこんな事を言っていた。

「戦場に行けば死に花咲かせなきゃいかんとか話にはなるけど、やっぱ戦友には生き残って欲しいものだよ。みんな同じ気持ちだよ」

爺ちゃんは八年前に亡くなってしまったが、あっちでは川岸の戦友さんと仲良くやってんのかな?

(了)

 

魔刻百物語 [ 伊計翼 ]

Sponsored Link

 - ほんのり怖い話

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    おーい水島ぁー一緒に帰ろー

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

miyakekiyaridaiko
三宅木遣り太鼓

  八月初旬、夜中に我が家の次男十五歳がリビングでいきなり歌い出し、私 …

ofuda-bissiri
取り壊し予定の家の土壁の中に御札がびっしり詰まっていた

  引越し屋でバイトしてるんだけど、取り壊し予定の家から家具を運び出し …

img0291
匂いで癌がわかる

  色々落ち着いたからまとめるついでにちょっと話したくなった。当方男で …

img1499
姉の電波トーク

  俺が小学生で、五歳上の姉が中学生だった頃のこと。 190 本当にあ …

img1900
霊園道路

俺が高校の頃なんだけど、部活で遅くなったもんで近道で霊園沿いの道路を通ったのよ。 …

140820_004
兵隊さんとの想い出

  子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。 808 : 2006 …

img0877
白昼の訪問者

霊とかじゃないんだけど、現在進行形で怖いんだが。 182 :本当にあった怖い名無 …

img1086
ぬいぐるみを持った少女をひいてしまった

  配置換えで新しい現場となり歓迎飲み会十八時開始。 当日急遽決定だっ …

151129_003
ラーメン屋の怪

先日、友人とラーメンを食べに行った。 深夜3時まで営業している店を知っていたので …

ikwade-kokkurisan
一家揃ってコックリさん

  友人の一家はそろってオカルト好きで、家族でコックリさんをしたりする …