【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

走る男

      2017/01/27

Sponsored Link

ある休日、堀口は余りにも暇だったので、近所の古びたレンタルビデオ屋にビデオを借りに行った。

するとそこはもう閉めるらしく、閉店セール中だった。

店内にはどれでも一本百円で古いビデオを売り払っているコーナーもあり、堀口はそこでどうせなら埋もれている名作を見つけて得しようと、張り切ってビデオを漁った。

しかし思った以上に殆ど聞いたこともない駄作ばかりで、堀口はガッカリした。

当たり前だ、だから百円なのだ。

しばらくして諦めかけた堀口だが、一つだけ目に止まるビデオがあった。

『走る男』

そうタイトルだけ記された、何とも斬新なパッケージのビデオ。

「しょうがない、どうせ百円だし暇つぶしになればそれでいいか」

堀口は自宅に帰ると早速ビデオを再生した。

タイトルも出ずに、いきなりホームレスのようなボロボロの服を着た痩せ型の男が走っている映像が映し出された。

「? 手に何か持っている……鋸だ。何で鋸なんか持っているんだ?」

それにしてもこの男、こんな全力疾走しているのにバテるどころか汗一つかかず、スピードを落とす気配さえ一向に見せない。

「ん……? そう言えばさっきからこの男、見たことあるような道を走ってないか?」

堀口は段々と胸騒ぎがし始めた。……嫌な予感がする。

「あれ? この道は……? この角を曲がったら……?」

次のカットで胸騒ぎは確信になった。

ああ、ヤッパリだ。この男は家に向かってきている。

しかし、気付いたときには男は家のすぐ前まで着いていた。

いつの間にか、カメラは男の視点になっていた。

画面は古いアパートの堀口が住んでいる二階部分を映している。

急いでベランダから外を覗くと……

いる。あの男が。

男は迷わずベランダの柱を鋸で切り始めた。

訳の分からない堀口はとりあえず、

「おい! なにすんだよ! やめろよ!」と男に怒鳴った。

すると男は堀口を見上げた。

堀口は思わず息をのんだ。

画面からは確認できなかったが、男は両目がロンパッてカメレオンのようだ。

そしてボロボロの歯をむき出しにしてニヤッと笑い、走って視界から消えたかと思うと、階段を駆け上がる音が聞こえる。

「ヤバい! ここに来る!」

鍵を閉めようと玄関に急ぐが、男はもうそこに立っていた。

居間まで追いつめ、鋸を振りかざす男。堀口はとっさにリモコンで停止ボタンを押した。
その瞬間、男は居なくなっていた。鋸もない。

堀口はすぐにビデオからテープを引っ張り出してゴミ箱に捨てた。

堀口の部屋のベランダの柱には、深々と鋸の痕が残っていた……

(了)

 

廃墟巡霊 [ 高島昌俊 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

外国語指導助手ALTは見た!

  俺の通ってた高校には外国人のALT(外国語指導助手)がいた。 64 …

お狐様と山神様

  1999年、中学一年生の時の話です。 秋田県に住む婆ちゃんに会いに …

狐と福【古典怪談】

京都に住む貧乏な男の妻に、ある時、狐が取り憑いた。 それを幸運な事と受け取った男 …

四番目の私

  昔から家の中には大きな鏡があった。 悪戯心で別の大きな鏡を向かい合 …

化けねずみに頭を半分かじられても闘い抜いたブチ猫の話し

猫、忠義に身命を賭す(耳袋より) 昔、大阪のとある所に河内屋惣兵衛という町人の家 …

出前のアルバイト

大学生の頃、俺は下宿近くにある定食屋で出前のアルバイトをしていた。 204 :本 …

狐の嫁入り

小学校六年の時の夏休み。 俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にある。 七月下旬に友達 …

元病院の夜間巡回警備

昔、警備員をしていた時の事。 250:2007/11/09(金) 17:37:1 …

野球帽の少年

昔、喫茶店で会社の同僚から聞いた話。 同僚のK氏は若い頃、すすきのの飲食店に勤め …

無言電話の鳴る家

実際に今でも東京都の重要文化財としてあるらしい昭和初期の古い住宅の話。 家柄は官 …