【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ハンマーで砕くから

   

Sponsored Link

ある男が夜中の四時にテレビを見ていた。

402 名前:角焼もち:2006/12/13(水) 01:31:07.42 ID:/U7vpyPu0

どのチャンネルを回しても映るのは通販番組や試験電波。

男は暇をもてあます夜を過ごし、だか眠りに落ちることも拒んでいた。

しかたなく通販番組にチャンネルを合わせ、あまりに疑わしい商品を素晴らしいかのように語りつづけるタレントに含み笑いを浮かべる。

ハっ、こんなもの嘘に決まってる。いくらもらって誉めてんだ……

時間はゆっくりと流れ、男はイライラと番組を鑑賞していた。

見始めてからまだ三〇分しか経っていない、その事実にもイラついた。

いつまでこんなくだらない番組を続けるつもりだ……

男はいい加減に眠ろうかと思い、テレビの電源を切ろうとした。

リーン、リーン

同時にニュース速報の音がした。

なんだろう、なにか大事件でも起こったのだろうか。

男は不謹慎ながらもわくわくした表情で画面上部に浮かぶ《ニュース速報》の文字を直視した。

点滅する文字、そして文字が一斉に画面に現れた。

Sponsored Link

 

確実でないならば君の腰が砕けるほどのハンマーを持っているならば僕達はハンマーを持っているならば君の腰を砕くことも確実になるのならば君の言葉を砕くハンマーを持って君の所にいくのならば僕達は君のハンマーを持っているのならば君を燃やすように一万回の擦り付けを火を起こすことが可能だと君が言うのならば明日と今日の今日の今日は君の部屋に行きたいのなら地図を逆さの地図を血に染めた地図を血が流れてぽたぽた流れて君の手に集めて血が溢れるハンマーで君の腰を砕いてどろどろ流れて確実でないのならば君のハンマーを僕に集めて一万回集めて火を起こす地図を燃やすと君の家に行けないのならばぼたぼた流れて今日の今日に砕く確実なハンマーを地図に集めて腰を砕くのなら頭を砕くのなら目を砕砕くからからからぼたぼたとハンマーがを砕く頭を砕くのくのならハンマーを砕くのならぼたぼた流れて頭がぼたぼた流れて一万回集まって頭がどろどろ集まって行きたいのなら君の頭を砕いて僕達の仲間が集まって君の仲間が集まって今日に明日にハンマーで今日にハンマーで今ハンマーで君の家の地図がぼたぼた集まって向かっているハンマーが砕くから頭を砕くから足を砕くから目を砕くから君の頭をぼたぼたと血が燃やすようにぼたぼたと火をつけるためにハンマーが砕くから今日と今日地図に流れてぼたぼたハンマーが確実に確実でないのなら一万回の擦り付けを砕くのなら君の卵を砕くからからからぼたぼたとハンマーが確実に確実でないのなら火をつけるために確実にハンマーが君の頭を砕くから君の頭を砕く頭を砕くか頭を頭頭を砕く頭を砕く頭を砕く頭を砕く頭を砕頭を砕くかハンマーが砕くからからからぼたぼたとハンマーがぼたぼたと

文字が一斉に画面に現れた。男は唖然とした。

こんなニュース速報は見た事がない、いやこんなニュース速報はありえない。

テレビ局がミスでこんな文章を流すとも思えない。

ならばこれはなんだ。

文中に何度も出てくる「ハンマーで砕くから」というくだりが男をゾッとさせた。

しかも文字は普通のニュース速報と違い、いつまでも画面に残っている。

男は第六感からか危険な匂いを感じ取り、テレビの電源ボタンを押した。

テレビはあっけなくその画面を消した。

ドンドンドン!

突然、男の部屋の壁がみしみしと揺れた。

男はひっ、と壁から離れ腰を抜かしたようにその場にへたりこんだ。

テレビの裏の壁を誰かが叩いているのだ。ハンマーのようなもので。

ドンドンドン!

音のたびにミシミシと壁がうなりをあげて、チリチリと粉を舞い上げる。

「ハンマーを砕くのならぼたぼた流れて頭がぼたぼた流れて一万回集まって頭がどろどろ……」

誰かが呟く声が聞こえた。大勢が呟く声が聞こえた。

「誰だっ! 帰れ! 帰れ!!」

男は震え上がりながらも気丈な声で壁に向かって怒鳴る。が、声も音も止まない。

ミシミシ、ミシミシ

男の目の前で壁が盛り上がり、黒いシミのようなものが壁に広がる。いや、あれは人だ。
「ぎゃあぁっっっ!」

男は絶叫した。

黒いシミは人の形を取り、壁から抜け出し男に近づいた。その右手には大きなハンマーが握られていた。

ぶんっ、無慈悲にハンマーは男の頭に振り下ろされる。

男は首を肩へ折り曲げるように避けたが、ハンマーは肩に食い込みミシミシと骨が中で砕けるのが分かった。

衝撃で皮膚が引っ張られ首の筋にピキピキと鋭い痛みが走る。肩の皮膚が裂けてそこからおびただしい血が流れ出していくのが分かった。

無造作にハンマーは砕いた肩から持ち上げられる。

遠ざかる意識の中で男は自分の肩を見た。そこにはつぶれた肩がハンマーの形を作ったままびくびくと血を吐き出している。

男は見上げる。再びハンマーが振り下ろさ……を砕くのならぼたぼた流れて頭がぼたぼた。

(了)

 

恐怖通信鳥肌ゾーン [ 東雅夫 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

キンシクン

さっき幼馴染と久しぶりに会って、思い出した話をひとつ。 おいらの地元は田舎なんで …

鬼門部屋

  幽霊屋敷としか思えない家 私の母の実家は祖父母が亡くなって空家にな …

遠い夏のお姉さん

小学二年生のころの話。俺は小さいときに母ちゃんが死に、親父に育てられてた。 28 …

魂落(たまおち)

私がまだ小さかったころ体験した話です。 780 :本当にあった怖い名無し:201 …

奇妙な写真

  俺が中学一年の時に、祖父が突然死んだ。 祖父は祖母と二人で行った温 …

リアルドール

友人のフリーライターから聞いた話です。 7 名前: あなたのうしろに名無しさんが …

俺の死体が見つからない

あまりに不幸なことが続いた。 591 : 2007/10/22(月) 13:14 …

謎空間

結構前の話なんだけど、おばけそのものは出ないから読んでも怖くないと思う。 5:本 …

不思議な訪問者

友人の千晶(仮名)が体験した話。 ここに載せて良いかときいて、了承は取ってあるが …

記憶から消された同級生

先日小学校の同窓会があった。 出席率のいい我がクラスは亡くなった人以外全員出席。 …