【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

離れのお姉さん

      2016/12/19

Sponsored Link

両親が離婚して、五歳の頃に、某県中心部にあるの母の実家に移り住んだ。

796 :本当にあった怖い名無し :2008/07/15(火) 03:30:47 ID:BF1JZb0F0

歓楽街の中ににあるとても広い旧家で、母屋と、庭を挟んで離れがあった。

俺はその地域に馴染めずに、幼稚園でも友達ができなかったらしい。

だいたいが家にいて、離れにおもちゃをもっていってたとか。

祖父祖母との言葉の違いもあり、家にいても母屋にはいたくなかったようです。

そんな俺を祖母が気になって、後をこっそりつけて見てみると、なにやら独り言、というか、まるで誰かに向かって話してる。

それを気にした祖母が飯時に「いつも何して遊んでるの?」と聞くと、俺はかたくなに「教えない」とだけ言っていたとか。

祖母は、そんな俺の独り遊びの模様を、母に伝えていたそうだ。

でもそのとき母は、まだ特に気にしていなかったとか。

数日後、祖母がまた、離れでの俺の独り遊びを目撃。

いきなり現れて、「ちょっと、何を独りでしゃべってんの!」と突撃。

すると俺はいきなりキレて「おばあちゃんのせいだ!」と言ったとかで。

その一瞬で、祖母の俺を見る目は完全な「おかしい子」になった。

それでさすがに母も、このままではまずいと思い、俺に聞いたそうだ。

すると俺は、「あっち(離れ)の部屋にはあやめさんっていうお姉さんがいて、ぼくがおもちゃで遊んでるといつもお話してくるんだよ。それで今日はね、おばあちゃんが来たからどっかに行っちゃったんだよ。」と。

その夜に母と祖母、祖父が話をした。

もともと母の実家は芸者置屋というもので、経営者が店をたたむ時に、懇意にしてもらっていた祖父が安く買い取り、一部改築したものだった。

離れは、若い芸者さんが住んでいたそうで、どうやら俺の言っていたあやめさんは、その若い芸者さんではないかと。

祖父が不動産から「離れで亡くなった芸者さんがいる」と聞いた記憶があるという。

ただ基本的に祖父は霊とか一切信じない人なんで気にしなかったと。

まあそれで、一度離れを見てもらうかということになったらしい。

それで祖母が、うちが檀家になってるとこのお坊さんを連れてきたそうな。

いちおう俺もいたほうがいいだろってことだったらしいんだけど、坊さんがお経唱えてるときに、いつのまにか俺がぐずぐず泣き出して

「あやめさんが、さようならって言ってる」とか始まったらしい。

俺はこの一連こと、全く記憶にないんだけど。

その後は、「あやめさんはいなくなっちゃったよ」とだけ言ってたらしい。

だからこの話自体も、家の中では誰もしなくなったそうで。完全に風化。

数年前にたまたま、祖母と母が思い出して語ってくれて驚いた。

子供ってのはそういう体験ができるのだろうか。

後日談

その半年後くらいに、親戚関係の用事でまた帰省する機会がありまして。

予定がだいぶ早く終わり、うちから徒歩二十分ほどにある小料理屋で、一緒に用事に参加した従兄弟と二人で飲み始めました。

そこで、「そうそう、前回帰省したときに聞いた話なんだけどさ」みたいな感じで、その芸者さんの話をしたんです。

まあそれで従兄弟と二人でちょっと盛り上がってきたんですが。

すると、店主がちょこちょこと話に首をつっこんでくる。

態度がぶっきらぼうな感じだったので、最初はなんとなく

「こっちが若い客だから、なめられてるかな?」

みたいな感じがしたんだけど、なんかそうでもなさげで。

そうしたら店主が、「そっち関係に詳しい人呼ぼうか?」なんて言い出しまして。

「何を言ってるんだこのオヤジは」と、わけがわからなかったんですけど、いきなり電話をかけ、「母さん、ちょっと店出てきてほしいんだけど」と。

結局三十分ほどすると、だいぶ年のおばあさんがやってきまして。

どうやら店主の母は芸事の先生をしていた人で、芸者関係の組合にも属していたとか。そこそこの人らしい。

まあそれで、俺は知っている範囲で淡々と話をしたんです。

Sponsored Link

そこでわかった話なんですが。

母の実家は、その以前は、とある実業家が経営していたそうで。

そのおばあさんはちょくちょく、芸事を教えに行っていたとか。

離れで亡くなったのは、まだ半人前の芸者さんで、自殺。

当時、いろいろと苦労があった故のものだと言われたそうです。

ちょうどそれと同時期に経営者に病気が発覚。

当初は誰かが継ぐという話も出ていたらしいんだけど、経営者には、子供・まともな親戚がいなく、店をたたむことにしたとか。

また、その歓楽街には他にも芸者の店がいくつかあり、商売敵に「あそこの芸者は自殺した」という話を広められてしまい、風当たりが良くなかったということもあるそうです。

そこで、経営者に懇意にしてもらっていたうちの祖父が話をもちかけられて、信じられないほど格安で買い取った。

祖父は、離れで自殺した芸者さんがいることを承知だったけど家族にはごまかしていたってことです。「聞いたことあるかも」みたいな。

改築は母屋だけで、ハナっから離れを使う気がなかったのはそういうことだったんだとわかりました。

芸者さんの名前は、母と祖母が言ってたのと(俺が言っていたんだけど)、そのおばあさんが言ってたのでほぼ合致してるので、俺が見たというのはその人に間違いないと思われます。

ここ二年ほどで祖父と祖母が亡くなり、母も再婚したので、その家には現在叔父が住んでいるんですが。

家を大事にしないせいか、不幸続きでどうしようもない状態です。

その叔父は、掃除とかしない人で。女がいるんだけど、それも一切しなくて、庭にゴミためるようなアホなんです。

だからどんどん悪いことが起きてます。罰だと思う。

最近、俺も県外に居を構えることになったんで、その家にはもう近づくこともないかと思います。

追伸

その小料理屋は、歓楽街の外れにあるんですが。

いつもは飲むといってもすぐ近くしか行かないんだけど、その日に限っては、従兄弟が「ひさびさ来たから散歩したい」と言い出して、そのついでに入ってみたんですよ。

だから、従兄弟が一緒でなければわからなかったですね。

それもまた、後で考えたらほんと不思議です。

(了)

 

死ぬほど怖い噂100の真相 ネットでよく見るヤバい話

Sponsored Link

 - 心霊

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

声魂

  私本人が体験した話です。 今からちょうど十年前、私がまだ大学生だっ …

霊感看護師

俺の職場には、いわゆる『見える人』がいる。 339 :本当にあった怖い名無し:2 …

海辺の魔物

去年の夏、太平洋側の海に友達たちと旅行にいった。 37 :本当にあった怖い名無し …

シビトウラナイ

俺の知り合いに、みえる人がいる。 17 :2007/07/12(木) 18:39 …

生霊

二十年近く前のこと、春先に行った社員旅行の記念写真にその序章は姿を現しました。 …

霊感スーパー・チーフの憂鬱

俺は、スーパーで働いてた。 429 :本当にあった怖い名無し:2015/09/0 …

全身黒ずくめ男

最初に。実話なんで、オチはありません。怖いというよりも不気味とか奇妙な話です。 …

其処に居た女

僕はマッサージ師をしている。 178:矢吹新一 2016/8/17 15:19: …

心霊スポットの廃ホテル

今年の夏、友達二人と一緒に海に行った。 388 :2011/11/24(木) 0 …

借金トリ霊

  社会人になって一年ぐらい経ったころに起きた心霊現象を語る。 457 …