【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

わらべたちの『はないちもんめ』が聴こえる哀愁ホーム

   

Sponsored Link

 

鉄道で不思議な話と言えば、もう十年以上昔の話になるが……

476 :本当にあった怖い名無し:2013/05/15(水) 22:08:04.39 ID:BL2Ixo6E0

俺が就活の帰り道、信州の茅野駅から長野駅に向かっている途中だった。

線路が一本しかないため、電車の交差の待ち時間に停車した駅は、夜の闇に覆われて、真っ白な霧に包まれていた。

その時、同じ車両に乗っていたのは、俺とリーマンのおじさんが一人だけ。

ホームを降りてタバコを一服していると、霧の中から歌が聞こえてきた。

子供たちが歌う『花いちもんめ』だった。

 

一体どこから聞こえてくるのか不思議でならず、同乗のおじさんに声をかけると、氏も首を傾げていた。

車掌さんもホームに降りていて、この歌の正体を尋ねてみたが、正体は分からずじまい。

結局、交差を無事に終えた電車は、俺たちを乗せてその駅から滑り出して行った。

その後、最近になって同じ路線を昼間走ることがあった。

霧に包まれていたことに加えて、十年前のおぼろげな記憶では、同じ駅を見つけることは出来ずじまい。

今も鮮明に耳に残る『花いちもんめ』の歌声は何だったのか。

霧に包まれたホームは一体どこだったのか。

恐怖はなく、俺はちょっとだけ電車に乗るのが好きになった。

今もあの霧に包まれた不思議な駅には、人知れず子供たちの歌声が響いているのだろうか。

(了)

 

「超」怖い話(鬼胎) [ 深澤夜 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    笑ゥせぇるすまんの昼間の灯を思いだす

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

藤原清衡の呪い

作家、民俗学者として知られる山田野理夫氏の話。 宮城の民話 [ 山田野理夫 ] …

母を探して

少々長い話しになりますが私の不可解体験を書きます。 登校中信号待ちでボーっとして …

人をひいてしまった……

2年前に体験した話なんだけど 平日の夕方に親戚の家に親と遊びに行ったんだけど、次 …

とうせん坊

毎年降誕会の辺り(4月8日)に北国海路に吹きすさぶ強い風を《とうせん坊風》と呼ぶ …

記憶の中の母親

俺の母親は、俺が小学生二年生の時に死んだ。 45 :本当にあった怖い名無し:20 …

アフロシルバニアハウス

今から十年以上前の話。 2015/09/02(水)09:31:13 ID:05g …

感受性

  大学に通っていた時友達になった奴がいた。 956 :本当にあった怖 …

恋の方角

長い話になるんだけど聞いて欲しい事がある。 9 : 本当にあった怖い名無し : …

ワンカラの怪

先日、地元のカラオケ店に一人で行った時の話。 436 :ざんげの値打ちもない:2 …

因果の般若面

  過去から現在まで続く、因果か何かの話。 904 本当にあった怖い名 …