【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

初めまして

      2016/02/11

Sponsored Link

 

hajimemasite

うちの母方のバアちゃんの話。

母方のジイちゃん、バアちゃんはアメリカ人で、うちの父は日本人、母はアメリカ人。

出張でアメリカにきていた父。交際は、当時むちゃくちゃ反対された。

特にバアちゃんが、日本人だけはダメ と猛反対。

しかし、母も、そこはアメリカの女の性格。持ち前の気の強さと揺るぎない意志で、絶対一緒になる!と突っ走った。

バアちゃんが母を往復ビンタ、絶交する!と怒鳴りちらしても母はきかなかった。

母は車ぶっ飛ばして家出して一時音信不通になったりしていた。

とうとうお金を貯めた母は父の住む日本東京へ行く日になった。

バアちゃんは、空港に見送りに一緒にいきたいと告げた。

穏やかなバアちゃんに?と感じつつ、空港でバアちゃんに会った。

バアちゃんが何かを差し出した。

古くて小さい日本のお守りと、古びた写真。

母は初めてみる物だったから(お守りというものすら知らなかった)無造作に中を開けた。

そこには、古くてシワシワの小さな白い紙。米粒ひとつが入っていた。

古くてシワシワの紙を読んでみた。

日本語で『ローザ、君を愛している』と書いてあり、英語で、綺麗な字でアイラブユーとあった。

パッとバアちゃんを見ると泣いていた。

わけをきくと、バアちゃんは結婚するまえ、大昔、日本人と恋に落ちた。

写真に写っている、背の低く、丸い典型的昔の眼鏡をした優しそうな日本人。それがバアちゃんが恋に落ちた彼だった。

しかし、戦後すぐのアメリカと日本。戦争の傷跡からか周囲は二人の結婚に大反対。

日本にいる彼の親も大反対。連れ戻すように、彼の親がアメリカにきて、彼を強制的に連れ帰ってしまった。

バアちゃんは、何ヶ月か泣いて泣いて毎日を過ごした。自殺未遂まではかった。

そして、日本から一通の手紙が届く。

中には、そのお守りがあった。

『ローザ、君を愛している』

読めない日本語だったが、住所も書いてあり、バアちゃんは彼への愛を確信し、彼に会いに日本へ。

どうにかして、彼の住む家付近についた。

近くを通った人に、住所をみせ、家をきくと顔色が変わった。

つたない英語で『DEAD』と言われた。

半信半疑で家についた。生気のない母が迎えた。

彼は自殺していた。あのお守りは、彼が厳しい両親の目をかい潜り送った彼からのメッセージだった。

あれを書いた数日後自殺した。

彼は死んだ……アメリカにもどり、その後の狂乱ぶりは、街でも有名になるくらいバアちゃんは病んだ。

セラピーも何年も受けた。どうにかして彼を忘れ日本を忘れ、ジイちゃんと結婚。

『まさかユーが日本人と恋に落ちるとはね……
私はミツオを忘れようと、何年も必死だった。本心はミツオがいない世界なら、死にたかった。あれから日本人とは関わらないように関わらないないようにしてた。日本がトラウマになってたから猛反対した。怖かったから。悪かったね。だけど日本人を好きになったと聞いたとき、ほんとうは嬉しかった』

とバアちゃんが号泣しながら語ったという。

写真には幸せそうに寄り添うミツオと若いバアちゃん。

不思議なのは、バアちゃんも母さんも何も知らない日本人に一瞬で恋に落ちた。

家系なのか、単なる偶然なのか……

あと、ひとつエピソードがあって、ミツオさんが日本に連れ戻される前、泣き出したバアちゃんに

『もし二人が引き裂かれて、離ればなれになっても、僕は絶対生まれ変わってでも君にあいにくる。君がおばあちゃんになってても、僕は絶対に君にあいにくるよ。その時は、僕はすました顔で日本語で《初めまして》って笑って、桜を見せてあげよう。僕を忘れてもかまわない、だけど、そのときは思い出してほしい』

と言っていた。

母ちゃんが初めて父ちゃんをバアちゃんちに連れてきたとき、緊張しまくった父ちゃんは、散々練習した英語も虚しく咄嗟に「初めまして」って言って、中で日本桜が舞い散るスノードームのようなものをバアちゃんにプレゼントした。

誰にも話してないエピソードだから、バアはむちゃくちゃビックリした。

バアちゃん嬉しかったってさ……ミツオさん、ありがとう。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 心霊ちょっといい話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

koinunoorei
子犬のお礼

  子供の頃不思議な経験をしました。 小学校5年生の時、当時私はド田舎 …

150729_001
彼女のアニキが暴走族を辞めたワケ

  七年前に付き合ってた彼女のお兄さんの話。 彼女と付き合うまで知らな …

siroifukunoonnanoko
★白い服の女の子

当時、俺は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていた。 その日も …

oddoaineko
医療の神様ありがとう。

  もう五年以上一緒に住んでいる飼い猫が獣医にもうダメかもと診断をされ …

bike-paisen
バイクチームの先輩

  私が中学二年生だった時の話。 700 :2016/07/13(水) …

hahanoai
母の愛

  以前、上京して間もない頃、熱を出して寝込んだ。 837 :あなたの …

migawarikorochan
身代わりになったコロ

  怖い話系の漫画に投稿して、昔かるく漫画にもなったものです。 201 …

katakurrinohana
カタクリの華とお爺さん

  春の晴れた日のこと。友人宅に遊びに行き、ドアチャイムを押した。 1 …

151213_019
郷~ダム男奇譚

自分は『ダムカード』なるものを集めてるヲタクなんだが。 727 :ダム男@\(^ …

jyukun-kannusi
従軍神主

  先日、曾祖父の七回忌があった時に、祖父から聞いた話です。 575 …