【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

廃墟温泉旅館

   

Sponsored Link

建物が老朽化で完全に倒壊したため、二〇年前の話しを投下

732: 本当にあった怖い名無し 2015/08/22(土) 14:21:40.67 ID:wc8C/up40.net

スポットの温泉旅館は人の往来が少ない県道から更に入った所に一軒だけあり、車で三十分もかからない場所に栄えた温泉街がある。

何でこんな所に?と言いたくなるような立地。

古い新聞によると、経営難から老夫婦が駐車場で焼身自殺をしている。

少しガラスが割れたり、壁に蔦が張い所々天井や床が抜けているが、アホに荒らされる事もなく比較的綺麗な穴場スポット。

半地下にある小さい湯船の大浴場ではこんこん湯が湧き続け、ぬるいが夏なら丁度いい温度なのを確認していた。

夏休みの深夜、あまりにも暇で以前廃道探検や林道探検をしていた時に発見した廃旅館に一人で突撃。

今思えば頭おかしいと思うほどバイクで飛ばして行き、玄関に乗り付けた。

到着後、風呂場へ直行。

湯船を持参したタワシで掃除し、湯を溜めてる間に旅館内の散策を行った。

客室の六部屋は、押入れに布団が入ったままカビて凄くカビ臭い。

経営者の居住空間は当時の生活を感じさせる程物が残っている。

宿泊の記録ノートを発見し、見てみるとオフシーズンは月あたり数組という状況だったのが伺える。

冷蔵庫の中には悪臭を放つ液化した「何か」が封印されていた。

一通り探索したので、入浴し体に付いた埃を落とす。

水が出る井戸、水は出ないが水洗トイレ、温泉あり。

今度友達とキャンプでもするか?などと考えながら長湯してしまった。

風呂から上がり帰ろうかと歩を進めると、脱衣所で横にある鏡が気になった。

汚れているためタオルで拭いてみる。

多少曇っている箇所がある程度で、民宿などで見かける土建屋の名前が書いてある贈答用の鏡。

でも何か変だ?

写っているのはランタンに照らされる脱衣所とオレ。

しばらく眺めていると違和感に気づいた。

鏡に映る自分の瞬きが見える。

っていうか瞬きのタイミングが違う。

「う……マジ?キモ!」っと言い放ち玄関までダッシュ!

セルを回すもエンジンがかからない。

「これだからカワサキは!」と言いつつも、そのZXRは購入後セル一発だった。

風呂場の方から「う……う……」といううめき声とズ…ズ…と何かを引き摺るような音!

押しがけをしようと思うも駐車場とすぐ前の道は未舗装路。

舗装された道路は数百メートル先。

幸い緩い下り坂なのでギアを3速まで入れて汗だくになりながら何度かチャレンジするとバンッ!とアフターファイヤーを吐きながらエンジンが掛かった。

無事帰宅し愛猫が出迎える玄関を開けると、愛猫がオレを見た瞬間毛を逆立て激しく威嚇。

近づくと「ギャー」と叫んだ後フー!と牙を剥く。

一旦外に出て起きているであろうDQNな友人にPHSで電話。

二コール目で出たので今から行くと良い、友人宅に着くと二階の窓から「入って」と言うので、キッチンの塩を握ってから友人の部屋へ。

適当な話をしながら、こっそり体に塩を振る。

三十分程話をしてから眠くなったと告げ再度帰宅。

今度は愛猫がゴロゴロ擦り寄ってきたので無事落とせたようだ。

数日後、友人から相談に乗ってくれと言われたためファミレスへ。

どうやら友人の部屋内が霊現象が頻発しているらしい。

鏡の瞬きだけではなく、夜になると声が聞こえたり、物が落ちたり倒れたりしているらしい。

不気味なため夜は部屋に入れないとの事。

オレの所為だと思いつつも、適当に「家鳴りじゃね?」と言うと「鉄筋でも家鳴りって起こるのか」と納得した。

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1438447220/l50]

 

ふりむいてはいけない [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - 心霊スポット, 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

houmonnoooikissaten
訪問の多い喫茶店

  私が実際体験した出来事です。 彼女が癌の手術をしたばかりで、近くの …

150801_007
小さな手の跡

学校につきものの怪談ですが、表に出ない怪談もあるのです。 9 :「小さな手」:2 …

150813_002
謎の木箱

僕が学生の時の話。当時僕は女性を相手にするアルバイトをしていた。 2010/04 …

151009_017
あの夏の無人駅で

高校三年の夏、仲の良かった友人と意味もなく自転車で100kmほど離れた海まで、旅 …

raibuhausukitan
ライブハウス奇譚

最初に書くけど、俺には霊感なんてものは全くなかった。今回初めて見たんだよ。 39 …

140613_022
●顔見知りの男

ある心霊番組の制作をやった時のこと。 同じチームに細溝さんって先輩がいた。 ある …

140622_002
ナナシ(ナナシシリーズ01)

今から数年前、僕と僕の友人だった人間が、学生だったころの話。 ときは夏休み、自由 …

151119_007
ヤクルトお婆さん

あれは俺が小学校四年生のときでした。 当時、俺は朝刊の新聞配達をしていました。 …

kubifuri
訪ねてきた同級生

  連休で実家の奈良に帰ったときの話。 元々過疎がすごい村出身で、中学 …

151002_000
ローカル私鉄の怪

それは、私が地方のローカル私鉄で、運転士をしていた頃の話です。 季節は晩秋の…空 …