【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

牛蒡種(ゴンボダネ)

      2017/09/18

Sponsored Link

これは俺が育った田舎町の話。まわりは山に囲まれてる普通の田舎の町。

837 :本当にあった怖い名無し:2016/01/25(月) 13:40:08.82 ID:onrHJkFz0.net

田舎ゆえなのか閉鎖的な町で、就職も進学も家から通うのが普通だったんだけど、俺はそれが嫌で、高校卒業して関東の学校に進学決めて田舎を離れた。

その田舎での話なんだけど、そこで生活していた俺はさほど怖くはないが、他とは違う特色というか独特な一族がいたので話します。

牛蒡種(ごぼうだね・ごんぼだね)』って聞いた事ありますか?ネットで検索すると出てきます。

自分が小さい頃は『憑き物』をあやつる一族って聞いてたんだけど、検索すると『邪視』の部類らしい。

っていっても、近代その力はだいぶ弱まってると思うけど。

まず『牛蒡種』の話をすると、その一族の祖先がその力を得て、子孫は何もしなくてもその力を継承というか受け継いでしまうらしい。

ただ、血がうすまるにつれその力も弱くなってるみたいで、自分が小さい頃近所のおばあさんの後は、変な話は聞かなくなった。

その力というのは、妬み・嫉みの感情を持って相手を見ると、見られた方は高熱を出したり身体が痛くなったりと、体調に異変が出ます。

ただ、死なせるほどの事はないのと、相手がその力を持つ者以上の立場だと効かないらしい。

俺が保育園の頃

おふくろが高熱で寝込み、病院の薬も全然効かなかったので、親父が行者を呼んで見てもらったら、「くらっとる(憑かれてる)」って言われた。

親父がおふくろに心当たりはないかと聞くと、「そういえば最近、寺前のおばあさんに『庭の花が綺麗ね』って言われた」と。

寺前のおばあさんは近所に住む、牛蒡種の一族から嫁に来ていた人。

とりあえず行者さんにお祓いを受けさせてる間に、親父がそのおばあさん家に怒鳴りこんでいった。

で、そのおばあさんに「いいかげんにしろ!」みたいに言ったらしい。

おばあさんは意識的にやってるわけじゃないけど、自分の力は解ってるからか「っへ」って少しおどけて笑ったらしく、帰ってきても親父はブツブツ怒ってた。

おふくろは、うってかわって熱は下がり起き上れるようになった。

うちもちょっと特殊な一族で、先祖に行者がいた家系なんで貰わないはずだったんだけど、おふくろは嫁に来た身だからか、くらっちゃたみたい。

元気になったおふくろに親父が、

「弱みを見せたり弱いと思われるとまたやられるから、強い気持ちでいろ」

って言ったみたいだけど、怖くてしばらくは外には出なくなった。

年寄りがいる家は、『牛蒡種』の話、誰が一族かって事は家族に聞かせるから知ってる人もいたけど、町開発で、後から入ってきた人たちは知らない。

土地柄か、呪い・祟りの話は普通に食卓で話題にあがってて、

「どこどこの誰々さんがくらっとる」とか、

「あの家でまたやっとる(別の憑き物の話)」とかよく聞いていた。

子供なりに、厄除け魔除けの方法や、心の持ち方やなんか教えられてたから、俺は怖いというイメージはないけど、ある意味痛いなと思ってる。

正直、呪ったり、念込めたりって簡単に出来るけど、その反動を考えるとやってはいけないって理解してる。

なお、これ普通に実話で現実です。

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1449924627/]

Sponsored Link

参考文献

タブ-に挑む民俗学 [中山太郎土俗学エッセイ集成]
差別・人柱・憑き物・葬礼―柳田國男の「不肖の弟子」中山太郎は、その奔放な想像力と史癖を駆使して、人柱、葬礼、差別研究など、ことごとく国家あるいは社会のタブーに触れるテーマを追求することになった。忘れられた民俗学者の今日性に迫る。

 

Sponsored Link

 - 集落・田舎の怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

歪んだ面

半年ほど前から、二、三日に一回の頻度で怖い夢を見る。 夢の中では自分は五歳ぐらい …

聚落 ヤバイ田舎集落の怖い話

もう二〇年以上前、少年時代の話である。 怖い話投稿:ホラーテラー 寅さん :20 …

雀塚

東北地方の民族文化を研究してる大学の教授が雑談として話したんだけど 268   …

【異世界】俺が不思議な村へ行った話(画像付・グーグルアース有り)

こんな時間だし俺が不思議な村いった話するわ 1 :以下、名無しにかわりましてVI …

山の中の鳥居

数年前結婚した年のお盆休み、嫁の実家に泊りがけで行った時のこと。 822 :本当 …

山で猿を見たら目を隠して逃げろ【定番・名作】

俺はある島にすんでるんだが、そこでの話。 325 :本当にあった怖い名無し:20 …

茨城の農村で出会った何か……

僕が大学生だった頃、バイト先だったバーのお客さんの話です。 小松さんはその店にわ …

お茶湯(おちゃとう)

今年のお盆、俺のひい婆さんの初盆だったんだ。 いろんな細かい行事がいろいろあって …

十九地蔵

俺の家は広島のド田舎なのだが、なぜか隣村と仲が悪い。 俺の村を富毛村、隣村を端下 …

能面と鎮魂

私は東北在住なんですけど私の住んでいる地域で最近変な話があるんです。 692 本 …