【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

幻視

      2016/11/02

Sponsored Link

 

お伊勢参りで内宮に向かう途中、式年遷宮用にすでに砂利をひいてある、ひらけた場所の前を通ったとき、幻が見えた。

3 :名無しさん :2014/03/23(日)06:00:23 ID:icuQcrB1A

もう二十年以上前のことだ。

天まで届くかという太くて大きな柱が3本、∴の形にそそり立っていて(手前二本、奥一本、手前二本は参道に平行に近いが、時計回りに一〇度ほどずれていたような)木の船がゆっくりと、右から、一番右の柱の天辺に触れそうになったところで幻は消えた。

今さらだが、何の意味がある幻だったのか知りたい。柱が三本というのもよくわからないし、昔の神様が見えた時代のことなのか、それとも式年遷宮で移られる神様の船だったのか。

キリスト教やらエホバさんやら、連れられるままにいろいろ巡った自分だが、よく考えると日本の神様に縁がある気がしてきた。

次も幻の話。

これも二十年近く前のこと、当時好きだった大きな神社さんのそばを夜八、九時頃に車で通りかかったときのこと。

参道から続く民家の、一軒の玄関の暖かい灯りに魅入った瞬間にまたぶわっと幻が見えた。

一人の時代劇農民風の男が、人を殺したか何か、ひどく罪のあることをして刑場へ連れていかれるところで母親が泣いている。

場面が変わって、その男が子供の頃、友達と遊ぶシーンや、母親の視点から子供(その男)をあやすシーンなど男の一生と、母親の寂しい気持ちを、時間を移動させながら一瞬で見た。

数秒のことだったが、映画を一本見たくらいの長さで、神様か何かの記憶と感情だろうか?「見つめ続けているだけで、救えず、つらい」というとても切ない気持ちが同時に伝わって来て、一緒に泣いた。

詳しくないのでよくわからないが、山里の守り神様みたいなのは、人の生活にあまり手出しをしてはいけないのだろうか。

「長く長く見つめているだけなのは、なんという切ないことか」と。

自分の好きな、愛知の大縣神社さん付近でのこと。

(了)

 

ジェットパイロットが体験した超科学現象 [ 佐藤守 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

奇妙なアパートの隣人

最近引っ越したアパートの隣人の事。 ここは学生や単身者がほとんどなので、引越しあ …

小人はトイレに住んでいるのです。

  大学進学と共に実家を離れ、部屋を借りて一人暮らしをして三年になりま …

鍾乳洞の少年

俺の地元には小さな鍾乳洞がある。 田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても …

氷原にて

狩りの達人であるエスキモーの雪ソリに同乗して、僕は見渡す限りの氷原を進んでいた。 …

夢の女

俺は物心ついた頃から、夢の中に度々同じ人物が出て来ます。 起きてもしっかり内容覚 …

山城跡の鈴音

今から七~八年前の実話です。 お盆休みを利用し旅行がてら、当時の彼女と某山城跡を …

秘密基地

数年前に子供の頃不思議だった物が繋がった話なんですけど。 五歳くらいの記憶で、よ …

記憶の中の母親

俺の母親は、俺が小学生二年生の時に死んだ。 45 :本当にあった怖い名無し:20 …

訪ねて来た友人

弟の友人の話。 633 :本当にあった怖い名無し:2012/08/03(金) 1 …

不思議な女の子【ゾッとして、やがて感動に変わる話】

私の家は昔の古い日本家屋といった感じの、ジブリの映画に出てきそうな家でした。 2 …