【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ゲアー!!!な体験

   

Sponsored Link

小学5年の時

オヤジが突然「会津若松へ行こう、城を見よう」と言い出し、

小3の弟と一緒にまるで拉致されるがごとく車に乗せられました。

夜の9時ぐらいに東京大田区の自宅を出たのですが、あっという間に寝てしまい、気がついたら暗い暗い道を走ってました。

まわりは山だらけ。時間は午前2時ごろ。

どうもそれなりに大きな道らしいのですが、明かりはあまりありません。

しばらく夜景を見ていると(といっても真っ暗なんだが)突然車が止まった。

「眠いから寝る。誰かが窓を叩いても開けるな」とだけ言ってオヤジ爆睡。

そんなこといわれれば怖いじゃないですか。しかも眠気はもう来ない。

仕方なく通りすぎる車の数を数えていると、妙なものに気がついてしまった。

道路の向こう側……木と木の間で白いドレスを着た女が踊っている!!ゲアー!!

目を逸らし、見なかったことに。

弟もオヤジも依然として爆睡。俺も別のことに思念を集中する。

2時間ほど経過……チラリと白い女がいたところを見る。

ゲアー!!まだ踊っている!!

毛布を頭から被り、震えているといつのまにか寝てました。

オヤジの声で目が覚めるともう6時。どうやらまだ車は動いてない。

「オマエ、夜中に叫んでなかったか?」

の一言で先ほどの恐怖体験を思いだし、白い女のいたところを見た。

ゲアー!!釣堀の旗だ!!

Sponsored Link

もう一つあったな、霊体験もどき。

5年ほど前に実家に帰省した時のこと。

他の部屋が埋まっており、一階の仏間に寝ることになった。

普段は人があまり入らない部屋で、神棚と仏壇と掛け軸があるだけの怖い場所。

もう二十歳は越えてたが、それでもなんか怖い。

というより嫌なカンジが肌に来ている。

それでも疲れていたのでグッスリ就寝。結構気持ちよく寝てた。

だが突然夜中に目が覚めた。何か音がしたような……

薄明かりの中、ふと見ると部屋の入り口の戸が開いている。

布団から体を伸ばし、戸を閉めた後で気づいた。

「寝る前にここ、閉まってたよな」

布団の中で少し考えてみた。でも結論は出ない。

そうこうしているうちに何かの気配が上の方でする。

仰向けで寝ている俺の視線の先……上……天井……?

いくらなんでも2階は寝ているだろうし、そもそも何か違う気がする。

もっと近い位置……音がする……気配が……膨らんでいる!

ゲアー!!これが霊感か!!

驚いている間もなく、黒い何かが俺の視線を横切って、腹に当たった!!

すさまじい衝撃!!うめき声が漏れた……

薄明かりのもと、それを見た……ゲアー!!実家の飼い猫だ!!

どうも夜中はその猫は神棚でよく寝るということを、後にオヤジに聞いた。
batiatarinekokamidana

[画像出典:http://blog.goo.ne.jp/cotobuki-h/e/856a1832fbeab09a382a548476050ff0]

(了)

 

東京伝説(閉ざされた街の怖い話) [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - ほんのり怖い話

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    ゲアーってなんだよ(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

kamensyasin
老僧が教えてくれた亡霊への接し方

  数年前お寺で働いてた時に経験した話。 282 :本当にあった怖い名 …

sibikku
いわくつきの中古シビック

むかし乗ってた中古シビックの話。 85 本当にあった怖い名無し sage 201 …

tanpen_004
不幸な結婚式

  自分が実際に見たわけじゃなくて、ウェディングカメラマンの友人に聞い …

igyounomono
防砂ダムで見た異形の者

  知り合いのコウさんというおっさんから聞いた話です。 304 :ノブ …

nekono-oharai
妹が選んだ瑕疵物件と猫の御祓い

  妹が『当たり』を引くタイプらしく、色んな意味で怖い物件にあたってる …

sougisougeibasu
葬儀送迎バスの運転手

  舅の体験した幽霊がらみの話。 2009/11/08(日) 21:4 …

usagiongaesi
兎の恩返し

  当時小学校低学年だった私は飼育係で、校庭の隅にある小屋には何匹かう …

yugeotoko
夜間警備

  これは私が社会人になって六年目、去年の話。 249 :哀しい顔をし …

miyakekiyaridaiko
三宅木遣り太鼓

  八月初旬、夜中に我が家の次男十五歳がリビングでいきなり歌い出し、私 …

wanko
老犬は見た!

私は本家の土地の中に建てられた自宅で生活していましたが、夜になると本家で寝ていま …