【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

振り子時計

   

Sponsored Link

 

私が小学生の頃に住んでいた社宅での話です。

6 :名無しさん :2014/04/04(金)10:15:54 ID:s81h9UkuC

その社宅は一棟が四階建てで、一つの階に二部屋(二世帯)という構造でした。

当時の私の家は二階の一室で、居間に振り子付きの壁掛け時計を設置していました。

振り子付きといっても、『ボーン……ボーン』と鳴って定刻を告げるような立派なものではありません。

振り子はプラスチック製の単なる飾りで、人が触らないと揺れもせず、揺れてもすぐに止まってしまうという、本当にちゃっちいものでした。

しかし、ある日母と外出して家に帰ってきたところでふとその時計を見ると、振り子が勢いよく揺れていたのです。

不思議に思った私が

「あの振り子何で勝手に動いてるの?」と言うと、母は

「留守中におばあちゃんでも来て触ったのかもね」と言っていました。

いくら祖母でも勝手に上がって時計なんか触るだろうか?と子供ながらに不自然に感じました。

ちなみに昼間だったので父は仕事中です。

鍵をかけ忘れて外出していたわけでもありません。

なお、その動いた振り子は母が触って止めていました。

その後、再び振り子がひとりでに動いたなんていうことはなく、その一件は忘れかけていました。

十年以上経って、丁度振り子の件と同じ時期に社宅の中で話題になっていた話を母から聞いて思い出したのです。

その話というのが、同じ棟の四階の一室で不可解なことが起きていたというものです。

元々そこには夫婦が二人で住んでいましたが、ご主人が癌か何かの病気で亡くなり、奥さんも社宅を出て実家に戻ったそうです。

その後、その部屋に他の世帯が入居したのですが、皿などの物がひとりでに落ちて壊れたり、誰もいない廊下や部屋から物音が聞こえたり、ということが頻繁にあったそうです。

ある時、畳替えでその部屋の畳を剥がしたら、畳の下にお経が書かれた大量の紙が敷き詰められていたというのです。

おそらく奥さんがご主人の平癒祈願として書いたものだろうということでした。

これが原因ではないかということでお祓いをしてもらい、その紙も神社か寺でちゃんと処分してもらったそうです。

それ以来、現象は起きなくなったということだったのですが、物が勝手に動くという点が、私の家の振り子の件に似ていると思いました。

揺れる振り子を見た時、母はその話を知っていたから、私を怖がらせまいと適当なことを言ったのかもしれません。

亡くなったご主人の霊とか奥さんの念とか、そういうのが関係していたのかは分かりません。

今にして思えばその社宅自体、どことなく暗い雰囲気があったし、ちょっといわくつきだったのかなあとも思います。

現在その社宅は取り壊されて大きなスーパーが建っています。

(了)

 

The都市伝説reloaded [ 宇佐和通 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

151117_020
野球帽の少年

昔、喫茶店で会社の同僚から聞いた話。 同僚のK氏は若い頃、すすきのの飲食店に勤め …

151006_006
スパゲティ屋の若奥さん

  潰れて空いた店舗は借りるな 潰れるには潰れる理由が店舗にあるからだ …

kaiwan-keijiban
怪談掲示板

  大学時代の友達が体験した話。 215 :本当にあった怖い名無し:2 …

151021_000
●607号室の女

以前、地元警察署にお世話になってしまったことがありまして…… 「貴方はお酒を飲み …

akachanman
赤ちゃんマンといっしょ

  735 :本当にあった怖い名無し:2016/01/24(日) 02 …

musasinosousyajo
武蔵野操車場跡

  あまり怖くは無いんですが初めての心霊体験。 2002/03/10 …

manhole
自転車とマンホール

  私は今日も絵画コンテストの作品製作のため、学校の美術室にこもりきっ …

img0706
学校の階段~落書き~

小学校六年生のときのことだから、もう十年以上前の話になります。 350 本当にあ …

souryono-bourei
八鉦まかしょ・シャン、シャン、シャン

  あれは俺がまだ七、八歳の頃だった。正確な時節は覚えていないが、おそ …

byouinno-kwaidan
病院の怪談Ⅲ ~ 最期の会話

一緒に働いていた友人の話 528 :本当にあった怖い名無し:2015/09/16 …