【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

深夜のエスカレーター

   

Sponsored Link

私がビル警備員のバイトをしていた時の話です。

場所は都内の某デパートですが、当時でも既に一般的な設備は乏しく、防火シャッターの開閉は勿論、エスカレーターやエレベーターの設定変更等も、中央管制で管理室から……という訳にはいかない処でした。

閉館になり、お客さんを導線に誘導し、デパート社員を無事に建物から追い出したら、店舗内の異常がないか確認をしながら巡回します。

そのデパートは、建物の構造上細長く、警備の巡回ルートもかなりの距離になります。

そのせいで、私がI号ES(エスカレーター)の前を巡回したのは、待機所に近いにも関わらず深夜1時頃でした。

モーターの動く音がするので、防火扉を開けて中を覗いて見ると、I号ESが起動している音でした。

私は管理室に無線で確認を取ると、メンテは入っていない。

ES停止の担当者が停止し忘れたのだろう、とのことです。

ESの制動鍵は巡回者全員が所持しているのので、当然ついでに止めておいて欲しいと連絡を受け、恐らく仮眠室で眠りについている担当者に悪態をつきながら、私はいつものように鍵を差し込み、停止ボタンを押して、ESを停止……

停止……しませんでした。

古い建物です。設備もがたがきていても不思議はありません。

そういえば、頻繁にI号ESはメンテをしています。

担当者はESを停止したくてもできなかったのではないのか。

だとすると、管理室に報告が入っているはずです。

私は再び管理室に無線を入れました。

しかし返ってきた答えは、それならば最初の連絡時に伝えるとの事。

そりゃそうです。止まらないのなら、それは仕方のない事です。

私は対応を尋ねました。すると、無線のノイズとは別に、なにやら異音が聞こえます。

からかっかっ……とクラッチを入れ損ねたような乾いた音。

次いで、ごおん、ぐぎょぎょ……じゃり、じゃり……と濡れた砂利道を踏むような音がします。

私は余りに場所にそぐわない突然のその音に、身動きが取れません。

後で考えると、音の中に「……て……て……な……」と声が聞こえたような気がします。

Sponsored Link

呆然と立ち尽くしていると、突然I号ESは停止しました。

しばらくして正気に返った私は、事の次第を、I号ESが怪音を発しながら停止した事を管理室に告げました。

すると、整備業者に連絡をとったので、いったん待機室に戻り、着き次第作業の立会いをするように言われました。

最悪です。

1時間と待たずに業者は到着しました。

整備業者は何も言わずI号ESに向かって行きます。

私は管理室から連絡を受けたのだろうと思い、慌てて後を付いて行く格好になりました。

I号ESに着くと、おもむろに業者は整備ハッチを開け、ESの下に潜っていきます。

私は黙ってES室から離れた場所に立ち会っていると、ほんの10分もしない内に、ごうん、ヴィーンと音を立てて、ESは私に向かって登るように動き出しました。

しかし、その後待てど暮らせど業者が出てきません。

更に10分ぐらいすると、下の方から人影がESに乗って登って来るのが見えました。

私は業者が下のハッチから出たのかと思い、「ご苦労様です、早かったですね」と声をかけました。

しかし、確かに人影に見えたのに誰もいません。

ただ、空気が揺らいで、ESに人が乗っているかのように見えるだけです。

私は突然全身を恐怖に襲われて動く事が出来ません。

口をパクパク上下させるだけで声も出ません。

10分ぐらい固まっていたでしょうか、突然無線から応答があり、それを合図に全身の緊張が解け、カラダが動くようになりました。

管理室からでした。

整備業者が到着したので、早く待機所に戻って来いと怒鳴っています。

え……?

後で聞いた話によると、I号ESは以前整備中にESが動いて、ベルト(足を乗せるところ)巻き込まれて死んだ人がいるそうです。

その後も1人同じように亡くなり、事故が絶えないESだそうで、整備業者の人も作業を嫌がっていました。

時給は良かったのですが、これ以外のことも起き、私はこの仕事を早々に辞めました。

(了)

 

呪術秘法の書 [ 黒塚信一郎 ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

血雪

おれの住んでいる田舎町も、ふだんはあまり雪は降らないんだけど、今回はずいぶん降っ …

ブラックジャックの家

もう十年以上前だし、時効だと思うので書きます 588: 本当にあった怖い名無し …

かくれんぼ

祖父母が健在だったころ、私の田舎には大きな持ち家がありました。 母屋と離れの二棟 …

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、なんていうか……まだ終わっていないというか… …

奇妙なオフ会

ネットで知り合った八人の若い男女がオフ会をやる事になった。 213 名前:あなた …

深夜のエレベーター

  おっさんになった今でも、ひとりでエレベーターに乗れなくなったトラウ …

テンジンキの話~天神逆霊橋(てんじんきぎゃくりょうきょう)

東北の方のある村の話だった。 757 : ◆jRr8h5HXvQ :2003/0 …

いるはずのない生徒

このあいだ、久しぶりに会った二十年来の幼馴染から聞いた話。 76 :2012/0 …

冥界への道

幽霊屋敷 高校を卒業するまで住んでいた街に『幽霊屋敷』があった。 少し街外れの大 …

ラフレシア、のようなもの。

四、五年ほど前に、取引先の人から聞いた話。 171 本当にあった怖い名無し 20 …