【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

道中線路の怪

      2016/07/31

Sponsored Link

 

この間の夜、田舎の方に自転車で行って来たんだが、道中線路があってそこで信号待ちになった。

200 :本当にあった怖い名無し:2016/05/26(木) 12:37:22.14 ID:1vRC+2wt0.net

暫く経っても電車が来なくて、左右を確認してみたら青いライトが二本左右にたってるのに気づいた。

自分は左側の青いライトの方で立ってたんだけど、右側の青いライトの下にチェックのシャツを着た男性が居た。

男性は青いライトを下から見上げて、何かブツブツ独り言を呟いてた。

俺は早く線路を渡りたくてイライラしながら何度も左右を確認してたんだけど、三回目くらいの確認の時に、右のライトの下に居た男性が居なくなってた。

おかしいなと思いながら、気にせず電車を待ってると、やっと右側から電車が走ってきた。

電車がもう少しで前を通過するので、前を向いてやっと線路を渡れるって思った時、右側のライトの下に居た男性が俺のすぐ左側に立って居るのが傍目に見えた。

そして、男性は俺を見ながら

「カンカンカンカンカンカンカンカンカン……」

と呟き、電車が通り過ぎた瞬間すべてが消えた。

俺は一目散に線路を渡り、渡り切ったあと後ろを見たが誰も居なかった。

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1463021094/]

 

呪術探究(巻の2)/呪詛返し [ 原書房 ]

Sponsored Link

 - ほんのり怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ゲストハウスの怪

霊感ゼロだけれど、この前、変なものに遭いました。 654 :本当にあった怖い名無 …

睡眠撮影

自分が寝ている所を撮影するという行為をしたんです。 770 :本当にあった怖い名 …

ぐるぐる様

    僕の友人にオカルティストで霊感もそこそこ強いKという …

俺のリトルカブ事件

  俺が体験した洒落にならない話。 27 :本当にあった怖い名無し:2 …

夫にメガンテ!

  しゃべる絵皿 小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿 …

スキマ

  帰り際、自分だけ違う方向の電車だったので、仲間たちに別れを告げ電車 …

姉の電波トーク

  俺が小学生で、五歳上の姉が中学生だった頃のこと。 190 本当にあ …

最上階部屋の上から聞こえる足音

十年前、学生の頃に住んでた杉並区のマンション。 806 :名無し不動さん:200 …

廃屋探検

大学時代、バイト代を貯めては、地方の廃墟に遠征したり、野宿したりしてた。 元々興 …

新聞奨学生

  1980年4月。大学という大学を落ち、オレは予備校生の身となった。 …