【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

コインロッカー

   

Sponsored Link

199X年 都内某所にて、ある女が赤ちゃんを産んだものの育てられず、駅のコインロッカーに遺棄して死なせてしまうという痛ましい事件が発生した。

警察の懸命の捜査も虚しく、遺棄した人物は特定できず、その女は平穏な生活へ戻っていった……

それから数年後、その女はごく平凡なサラリーマンと結婚し、幸せな家庭を築いていた。

そして、結婚二年目のその身体には、新たなる生命が宿っていた。

その女にとっては、二度目の妊娠であった。

妊娠してみて、その女は初めて、以前捨てた子供のことに思いをはせた。

「これから産もうとする子と比べ、なんて可哀相なことをしたのだろう」

女は自責の念に駆られ、人知れず涙した。

そしてその女は「せめて花だけでも添えて供養したい」と思い、花を持参して赤ちゃんを捨てたコインロッカーの所へ向かったのであった。

あの日以来、決して足を向けることのなかったその駅は、数年の歳月を経て、その雰囲気は大きく変わっていた。

そのため、女は例のコインロッカーの場所がわからず、途方に暮れるのであった。

交番や駅員、あるいは町行く人々に聞けばよいのだが「後ろめたい事をしている」という気持ちのせいか、それもできず、いたずらに時間だけが過ぎていった。

身重の身体がきつくなってきた。その時

「コインロッカーを捜してるの?」

と、突然背後から声がした。

振り向くと、そこには8歳ぐらいの色白の男の子がたっていた。

女が「うん、そうなんだけど、場所がわからなくて……」と言うと、男の子は

「僕、知ってるよ!こっちだよこっち」

と言って、女の手を取り迷路のような構内を走り始めた。

心身ともに疲れきっていた女は、その子供に引かれるまま、その後を着いていった。

そして、女はあのコインロッカーの前に辿り着いた。

そう、そこは確かにあの時のコインロッカーだった……

女は、安堵感から「フー」と一息ついた後、男の子に「ありがとう」と礼を言った。

男の子は、ニコリともせず、ジーッっと女の顔を見ていた。

Sponsored Link

その時になって初めて女は、いくつかの不審点に気がついた。

この男の子は、どうして一人なのだろう?

なんで、こんな迷路のような駅の構内を熟知しているのだろう?

そして、どうしてこの子は私がコインロッカーを捜していることがわかったのだろう?

女は、恐る恐るその子にきいてみた。

「ボク、一人みたいだけど、ママとかは一緒じゃないの?」

すると男の子は、ようやく女から視線を外してうつむき、小さな声で、

「ママは……ママは…… ママは……」

と呪文のように唱えた後、再び女の方を向き、

「ママはお前だぁ~」

と叫んだのであった。

そして、翌日、無理矢理ロッカーに詰め込まれた女の死体が発見された。

そのロッカーの前には、女を供養するかのように「花」が添えられていた。

その花が、女自身が持参したものであることは、誰も知らない……

(了)

 

史上最強の都市伝説極 [ 並木伸一郎 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

kwaidan-kataribe
怪談の語り部

  この話は誰にも話したことがありません。 533 :あなたのうしろに …

151025_003
稲生物怪録(いのうぶっかいろく)

稲生物怪録とは   江戸時代中期の寛延2年(西暦1749年)に、備後三 …

temaneki-wonna
手招く少女

ある夏の日の出来事。 612: 本当にあった怖い名無し:02/01/15(火) …

151002_000
ローカル私鉄の怪

それは、私が地方のローカル私鉄で、運転士をしていた頃の話です。 季節は晩秋の…空 …

gost-stop
ゴーストップ

  山での話。 山といっても、国道で、本線の裏道のような道路でのお話。 …

img1019
少女のブローチ

十年以上前になるけど、夏になると今もふと思い出してしまう、ちょっとぞわっとした話 …

aotoakano-kwaidan
青と赤の怪談

  今年国試受験なんで家で勉強してたんだが、夜二時くらいかな、部屋の壁 …

sofukitoku
祖父危篤スグカエレ

  それは八年前の夏だった。転勤で家族と共に上京してから五年が過ぎてい …

agaranai-syadanki
上がらない遮断機

  少し前に取引き先の人に「この間、こんな事あってさ~」と聞かされた話 …

150813_002
謎の木箱

僕が学生の時の話。当時僕は女性を相手にするアルバイトをしていた。 2010/04 …