【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

病院のエレベーター

      2017/06/07

Sponsored Link

自分が子供のころの話。

両親の付き合いで、知り合いの人のお見舞いに行った。

何故か病室には入れてもらえなくて、その階の待合室で弟と絵本を読みながら待ってた。

自分は子供の頃に身体が弱くてよく入院してたから、時間を潰すのはさほど苦痛なことではなかったんだけど一つ下の弟はどうしても暇を持て余してた。

うぜーと思いながら相手してたんだけど騒げば怒られるし、どうしようかなーって思ってたら様子を見に来た親が売店で買い物してきていいよとお金をくれた。

お菓子を与えておけば弟が静かにしてるだろうと思ったらしい。

正直病院の中を歩き回るのは好きじゃなかったんだけど、当時幼稚園ぐらいだった弟を一人いかせるわけにもいかず仕方なく一緒に売店に行くことにした。

大人ばかりの病棟ってかなり怖かった記憶がある。

よく入院していた病院の小児病棟は子供が怖がるから他の病棟の人は立ち入り禁止になってたから余計に。

そんで地下にある売店までエレベーターに乗って行った。

お菓子を買ってご機嫌な弟の手を引っ張って病棟に帰ろうと思ったんだけど、道を間違えたのか乗ったエレベーターがどうしても見つからない。

人に聞こうにも人が通らない。

仕方ないので売店に戻ろうしたらようやくエレベーター発見。

意気揚々と乗るものの何故か今居る階よりも下に行くボタンしか無い。

今思えば職員専用とか一般の人が使うものではなかったかもしれないけど、それに気付くはずもなく、好奇心から一番下に行ってしまった。

ドアが開くとそこは真っ暗。ここで取敢えずビビる。

怖くなって下から二番目に行くと薄暗く、白い服みたいなものを着た人がたくさん居た。本気でビビる。

一人が自分達に気付き、優しい感じで

「ここにはきちゃ駄目だよ」

みたいなことを言ってきたので泣きそうになりながら改造しないでと謝った。

どことなく当時夢中になってた特撮の悪役とダブってここに居たら改造されてしまう!と思ったんだろうな。

その人は笑いながら

「しないしない。けどいつまでもいたら改造しちゃうかも」

らしきことを言って弟大泣き。自分も本気で泣きそうだった。

悪いことをしたのかと思ったのかその人は売店があった場所まで送ってくれて、病室の階にいけるエレベーターまで送ってくれた。

その時点でエレベーターにトラウマが出来てたんだけどさ。

んでエレベーター乗ったものの上の階に行くボタンに二人とも手が届かない。他の人も乗ってない。

病室は9階で、どんなに頑張っても届かない。

Sponsored Link

仕方なく自分を踏み台に弟が手が届くとこまでボタンを押した。

人が乗り込んできたら押してもらおうとか、途中から階段で行こうとか考えてた。

運良く途中の階で足にギブスをしたお兄さんが乗ってきた。

すると「9階を押してあげて下さい」って声がした。

お兄さんは自分達を見て「いいですよー」とか言ってボタンを押してくれたんだ。

でもさ、エレベーターには自分と弟しか乗ってなかったんだよ。

あれー?とか思って後ろを向いても誰もいない。

でもお兄さんは何も気にしてなくて、もしかして自分が言ったのかなって思った。

お兄さんが何か話しかけてそれに答えてる内に病棟についた。

お兄さんにお礼を言ってエレベータから出て、もう一回お礼言っておこうと後ろを向いたらお兄さんがいない。

その代わり両腕の無い人が一瞬見えた。

ぱっと見、性別はわからんかったけど何となく女性っぽい。

ぽかーんとしてる内にドアは閉まったんだけど、ガクブル状態。

弟に今のなにって聞いても、ポカーン。なんかあったのー?みたいな顔。

後で聞いた話では最初から最後まで誰もいなかったそうだ。

お兄さんとの会話も弟には聞こえなかったらしい。

霊感なんてないけど、怖い話とかあなたの知らない世界とか好きだったから余計ガクブル。絶対に幽霊だと確信。

お見舞いが終わった両親に説明するものの「アンタの勘違いでしょ」と返される。

それどころか売店よりも地下に行ったことをすげー怒られた。

んで翌週くらいにまた同じ人を見舞いに連れてこられたわけ。

そのときはたまたま看護婦さんが相手してくれたのよ。

その人に地下のこととかエレベータのこと話したの。

そしたらさ病院では時々そういう不思議なことがあるんだって教えてくれた。

ただ話を会わせてくれただけかもしれないけど。

だけどこの病院には売店より下の階はないなんて言うのさ。

後から両親といっしょに確かめに行ったら、やっぱりない。

だったら自分が見た部屋はなに?話した人はだれ?

こっちは弟も見てたし今でも怖かったから覚えてるって言うし。

ずいぶん前の話だけどまだはっきりと覚えてるんだよね。

これ以外には怖い体験なんてしてないんだけど。

(了)

 

幽霊・怨霊の怪談

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

ehagaki
塗り潰された絵葉書

  今から三年ほど前の出来事です。 当時付き合っていた彼氏と同棲するこ …

memoryloss
メモリーロス

私は小学三年の冬から四年の五月までの間、記憶がありません。 39: 以下、名無し …

isekaiseikatu
異世界での生活

  僕はこれまで三回ほど異世界に行ったことがあります。 ただし、あそこ …

151206_008
竹薮で

友達の富士男に聞いた話。 富士男はド田舎の病院で雑用をしているんだが、ある日、病 …

tanpen_001
災いを呼ぶ突兵拵

日本刀にまつわる怖い話 ある本に載っていた、日本刀にまつわる話。 2010/10 …

jinjapurehabu
神社のプレハブ小屋

  これは私の少年期の体験です。実話ですので、人名地名は一切省いて書か …

futoukou
不登校女子 家庭の秘密

俺が小学校高学年ごろの話。 夏休みが終わってから同じクラスに登校しなくなった女子 …

tanpen_004
オカンの忠告

前にいた職場の喫煙所に、40cm四方くらいのでかい灰皿があった。 大きい建物の利 …

img0556
函女

この話は去年の三月、高校を卒業して進学で一人暮らしを始める少し前に起きた出来事。 …

siroimoya
白いもや

  五年ほど前、小さなインク工場に勤めていた頃の話。 2007/10/ …