【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

バスの運転手が体験したガチ怖い話

   

Sponsored Link

思い出してしまったので吐き出させてください。

とくにオチもないですが、気味が悪いので。

少し前バスの運転で、大都市と地方都市を結ぶ高速バスを運転していました。

いつも最終地1つ手前のバス停でよく話かけられるような気がして、気配はするんですが、はっきり聞こえないし、乗客の声が響いてそのように聞こえるのだと思って気にしていませんでした。

それでその日もいつも通り運行していたんですが、最終のバス停の2名のお客様(女性2名)しか残らない時がありまして。

1つ手前のバス停を通過する、「コツコツ」とハイヒールで歩くような足音が聞こえました。

残っている2名のお客様はカジュアルな服装だった覚えがあって、あれ他に乗っていたかな?と不思議に思ったんです。

運転席の左後ろ(通路)で足音が止まったかと思うと

「あの、次で降ろしてもらえませ……」

と小さく女性の声が聞こえました。

降車場所を乗車中に変えてくださいというのは時々ありますが、ブザーを押せばいいことですし、車内での事故は基本的に運転士の責任です。

「危ないので席に座って……」 

と声がでかかったのと同時にミラーに目線を移すと、後ろには誰もおらず、車内ずっと後ろで2名のお客様が談笑中なのが見えました。

血の気が引くような思いでしたが、最終のバス停に無事到着させ2名のお客様を降ろしました。

降りた後車内を全て見ましたが、他に誰もませんでした。

その後、その路線を乗務するにつれてある1台のバスだけが、そこを通る時だけその足音が聞こえるとわかりました。

私が入社する前に導入したバスなので、事故歴はわかりませんが、少なくとも会社では人が絡むような交通事故は起こしていないようです。

ただ、そのバスが過去にレンタカーで使用していたそうでして、そのときに何かあったかはわかりません。

それよりもわざわざ中古バスを導入した社長を恨みましたが……
(レンタカー車両は安くてもエンジンや変速機が故障しやすい)

その車両も老朽化で予備車となり、今は駐車場の隅っこで廃車になるのを待つばかりですが、出勤時に近くを通るといつも視線がそのバスにいきます。

気のせいだと思いますが……

(了)

 

怪談社 書記録/伊計翼

Sponsored Link

 - ほんとにあった怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

救急病院へ逝く道

  数年前に勤めていた病院ってのが東北のド田舎で、山間にあったんだけど …

心霊現象が起こる六畳ワンルームボロアパート

  ずいぶん前の話。当時大学生だった俺は六畳ワンルームのボロアパートに …

トウマくん

自分自身が実際に体験した恐怖体験 81 ;本当にあった怖い名無し;2007/09 …

【橋北中学校水難事件】女生徒36人集団溺死~生還者が見た異形の怨霊

橋北中学校水難事件、または津海岸集団水難事件は、1955年7月28日 三重県 津 …

呪村の悪魔祓い

今から五年前、俺が高校生だったころの話 150 本当にあった怖い名無し 2007 …

天満橋でのこと

これはもう二十五年以上も前ですが、実際に体験した話です。 701 : 本当にあっ …

あやこさんの木

  私が通っていた小学校に《あやこさんの木》というのがあった。 906 …

熟睡し過ぎるソバ殻枕

ウチの母から最近聞いた話 当時十八とかそこらの母は、ちょっと距離のあるところで就 …

走り回る男

うちの近所に、とてもデカい2m近くある男がいたんです。 そいつは、いつも近所を走 …

為松の竹林
為松の竹林

「為松の竹林」という昔話です。 779 :本当にあった怖い名無し:2015/09 …