【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ボーン・コレククター

      2017/08/17

Sponsored Link

 

昔、父が若い頃、墓石を壊す仕事をしてた事があります。

610 :墓石を壊す仕事:2009/07/06(月) 11:10:57 ID:+SMmA3sN0

なんでも、無縁仏になったお墓をツルハシ等で粉々にして更地にして、新たに販売するらしく、「坊主のやることはえげつない」とよく言ってました。

生活苦の為やむを得ずしてた仕事ですが、霊感のある父にはキツイ仕事でした。

ツルハシをおろしす毎に、オレンジ色っぽい人魂が、狂ったように頭の上を飛び交ってたようです。

その後の父は苦労の連続で、五十歳で不幸な人生を終えました。

 

612 :本当にあった怖い名無し:2009/07/06(月) 11:43:58 ID:ttkYhAqNO
>>610
俺も墓石作ったり砕いたりする仕事してる。

んで、作業の中で一番気味が悪いのは、『骨上げ』っていう作業。

新しい墓に骨を移す作業なんだけど、古墓だと土葬が多いからたまったもんじゃないよ。
まだ髪が残ってる骨とかあるからね。

たまに、桶に引っ掻き回した後も残ってたりするし。

 

613 :本当にあった怖い名無し:2009/07/06(月) 11:45:44 ID:w62JUWO/0
>>612
それって……生き埋め……

 

615 :本当にあった怖い名無し:2009/07/06(月) 11:54:24 ID:ttkYhAqNO
>>613
かもね。

無縁仏の墓によくあるよ。誰も墓の中までみないしね。

ただ、地元に一人だけボーンコレクターがいてさ、大騒動になった事があったよ。

 

619 :本当にあった怖い名無し:2009/07/07(火) 16:52:43 ID:XKCfdyg+0
>>612-613,615
ジョン・ラルー》で検索すると出てくるけど、カナダのオンタリオ州の墓地を掘り返した結果、5%の確率で、土葬の遺体が生き返って中で動いた節があるそうだよ。

日本も似たような確率で生き返ってる可能性はあるね。

Sponsored Link

 

634 :番組の途中ですが名無しです:2009/07/09(木) 05:08:43 ID:YxTC6S7VO
>>615
ボーンコレクターの話詳しく。

 

638 :本当にあった怖い名無し:2009/07/09(木) 10:30:32 ID:9yaOcGGCO
>>634
まさかボーンコレクターに食い付いてくれるとは……

まぁ、俺らがよく仕事で行く墓地は、普段はほとんど人がいないのよ。

夜になると、車も絶対通らない場所なんだ。

四年前ぐらいかな?いっつも夕方になると、一人だけ若い兄ちゃんが来てて、深々と帽子かぶって、その服どこで売ってんの?って聞きたくなるピチピチの黒シャツと、パッツンパッツンの黒皮のズボン履いてた。

俺も職業柄、挨拶はするんだけど、軽く会釈しかしないんだ。

まぁ、仕事の邪魔じゃないから気にせず仕事してたんだけど、その兄ちゃんは俺らが墓を解体するのを離れた所から凝視してんだな。

お墓の解体に興味示す人なんか滅多にいないから、ちょっとおかしいのかなって思ってた。

それからその墓地で仕事する度に見かけるから、声かけてみた。

「この仕事に興味あるの?」って。

そしたら「はい」って言うもんだから、嬉しくて(結構毛嫌いする人が多いからね)色んな事喋っちゃったの。

墓の解体はこうだとか、組み付けはこうだとか、骨ツボはどうのこうの。

んで、いつの間にか俺らの仕事を少しずつ手伝ってくれるようになって、バイト代を渡そうとしても受け取らなかったんだよ。

それから、当分その墓地で仕事が無くて、会社で墓石作ってたらお客さんが怒鳴り込んで来た。

なんでも、最近身内が亡くなって納骨をしようとしたら、先代の骨ツボが無くなっているって、クレームだったんだ。

「そんなはずはありません。ちゃんと入れました」って言っても、聞く耳持たず。当たり前だよね。

結局、弁償って形になったんだけど、その後も同じ墓地から半月に一回の割合で同じクレームが来るから、さすがにおかしいって思って、見に行った。

で、素人目には分からないけど、骨ツボが入ってる所付近を明らかに動かした後があった。

他の業者がする訳は無いし、あいつしかいない……でも、確信はなかったから夜に交代で見張る事にした。

そしたら案の定、兄ちゃんがバール持って辺りを見渡しながら墓地に入って来た。

そろ~っと後ろから近付いて、

「おどりゃーー!何しとんじゃい!」って怒鳴ったら

「ぎゃああああっ!ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!」

って、パニック状態になった。

捕まえて事務所で詳しく聞くと、こんなことを暴露した。

・骨が好きで性的興奮がある。

・盗んだ骨は瓶に入れて家に飾ってある。

・若くして亡くなった女性の骨は食べる。

・少しぐらいならバレないと思ってた。

……完全に気が狂ってると思ったよ。

最初は弁償で済まそうかと思ったけど、ここまで異常だとまた別の場所でやりそうだから警察に連絡した。

この話は口外するなって言われてたけど、言っちまった(笑)

でも気を付けろよ!

そいつは、ネットで知り合ったボーンコレクター達と骨を見せ合ってた、って言ってたからな。

もしかしたら、おまいらの先代の骨も盗まれているかもよ?

 

怪談五色(呪葬) [ つくね乱蔵 ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

冥界マンション

それは私が一人暮らしを始めて三日目のことでした。 その日、私は仕事がうまくいき、 …

満員電車の空席

高校一年生のときに、電車でヤバそうなものに出くわした話 180 :本当にあった怖 …

牛の森

俺の地元に『牛の森』と呼ばれる森がある。 森から牛の鳴き声が聞こえるからそう呼ば …

忌廻し【読むと呪われる話】

私が中学生だった頃一人の友達を亡くしました。 表向きの原因は精神病でしたが、実際 …

婆ちゃんのフラッシュバック

  家の暗部を書くようで恐縮だけど……うちの婆ちゃんが呆けてから、暫く …

貧困の国

私が今から話すことは、所謂『オカルト』といった性質のものではない。 しかし、私に …

聖なる護美屋敷

親父が死んでからちょうど今日で一年たった。 941 本当にあった怖い名無し 20 …

白い顔の女

自分は幼少時代、四国の瀬戸内海沿いの田舎の村で育ちました。 この話は六歳の誕生日 …

追いかけて赤女

深夜、コンビニで酒とつまみを買おうと自宅のマンションの部屋からエレベーターで一階 …

福島の保育所であった事【閲覧注意】

福島から五月頃、関東に避難してきた。 それまでの地元は、避難制定地域よりもわずか …