【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

青と赤の怪談

      2016/06/04

Sponsored Link

 

今年国試受験なんで家で勉強してたんだが、夜二時くらいかな、部屋の壁から音がした。

99:本怖名:2008/06/26(木) 20:17:25 ID:3JaXpmyB0

「ぽん、ぽん、ぽん……」

誰か壁を手のひらで優しく叩くような感じ。

何だと思って壁のほう確認したんだが、誰もいない。

しかも、おれの部屋って四階の隅に位置してるから、誰か壁の向こうから叩いてるってわけでもない。

実際確認したらいなかったし。

しばらくしたらまた、「ぽん、ぽん、ぽん……」って音がする。

なんか勉強に集中できないし、だんだんうざくなってきた。

しばらくしたらまた音がしてきたんで、その瞬間壁に向かって「ドンッ」って思い切り叩いてやった。

いま考えたら隣人さんごめんなさい。苦情こなくて良かった。

そしたらピタッと音やんで、三時くらいまで勉強して寝た。

次の日、また二時くらいだったと思う。また音してきた。

「ぽん、ぽん、ぽん……」

んにゃろって思って、また壁蹴ろうかと思って近づいたら、ピタッと止んだ。

今日は早く寝ようと思って、そのまま風呂に入ったんだ。

シャワーしてるとき、いきなり後ろからドンッって蹴られた。

ちょうど足の裏で背中にベタッと押す感じで。

それからというもの、なんか知らないけど、歩いてて後ろから誰かが押してくるっていうことが多くなった。

このまえなんか、電車を待ってたら後ろからドンッって押されて、危うく落ちそうになった。

先月、二度それでマジ死ぬかと思った。

一度目は電車を待ってるとき、電車がホームに進入してくるところで後ろから押された。

「落ちる!」って思った瞬間、ガシッって誰かが手首つかんで、すごい力でホームのほうに引き戻された。

そのまま尻餅ついちゃったんだけど、なんでか助けてくれたのは人間じゃないなって思った。

だって、手首つかまれた瞬間すごく熱かったし、目の中に真っ赤なイメージが浮かんだから。

後ろ見たらそれらしい人はいなかった。

二度目はバス停で待ってるとき。

また後ろから思いっきり押された。

ちょうど重い肩掛けバッグ持ってて、バランス大きく崩して反対車線まで行って倒れた。
車が来て、轢かれるって思った瞬間、またすごい力で引き戻された。間一髪。

ちょうど友人もいっしょにいて見てた。

「お前の動き、体操選手より不自然だったぞ」って言われた。

そりゃあ当たり前だ。おれの力じゃないもん。

一緒にいた友人がそういうことにくわしくて、心配されてそれまでのいきさつを話すことになった。

「おまえの後ろに誰かいるな」

「やっぱり?」

「うん、おっきい」

「どんなの?」

「んー。なんか真っ赤な男」

聞くと、別に害はないそうだ。守護霊ってわけじゃないけど、その類。

たぶん、いろいろ助けてくれたのはそいつじゃないかってこと。

「じゃあ、後ろから押してきたのは?」

「知らない」

じゃあ、誰だよ。

友人と帰る途中、友人は道の影にいる男の子に気づいたそうだ。

「おい、たぶんお前を押したの、あいつだ」

真っ青で、大きな目でじっとこちらを見てたらしい。

「見るなよ、目ぇ合わせたら終わりだ」

いやでも、おれには見えないんですけど……

おれらが通り過ぎた瞬間、宙に浮いて付いてきたらしい。

ちょうど頭の上あたりで。

信号待ちしてたら、案の定、そろそろと子供が近づいてきたらしい。

その瞬間ドンッて押された。その次に手首つかまれてグイッて引き戻された。

「……またかよ!」

友人はその瞬間を見てた。

「どんなだった?」

「んー。青い子供が、おまえの背中を思いっきり押してった。その次に、真っ赤な男が手首をつかんでお前を引き戻した。でもなんか違うんだよな」

「何が」

「青い子供が押すまで、真っ赤な男は腕組んでジッと見てるだけなんだ。……たぶんお前、もて遊ばれてるぞ」

なんだよ、てことは、そいつらはグルだったってことか。

「いや、そういんじゃなくて、赤い方はたぶんおまえの守護霊。青い子の力が強すぎて、手が出せないっぽい。だから、ギリギリじゃないと助けられないみたい」

明日、知り合いの住職に相談してみてくれるとのことで、友人と別れた。

ふと考えたんだが、背中を向けてるから押されるんじゃないか?

幼稚な考えだったんだけど、信号待ちのとき、道路を背にして待っててみた。

はたから見たら変だよな。まあそしたら押されることは無くなったんだけど。

バス停で待ってたとき、隣の女の人がいきなり道路に飛び出して、車に轢かれた。

轢かれた瞬間を見てしまった。

誰かにドンッて押されるように、倒れるように飛び出して、走ってきたトラックに……。
確かにおれは大丈夫だったけど、助けろよ守護霊!他人には知らんぷりか。

あとで友人に聞いたら、やっぱり部屋の音の主は、あの子供だったみたい。

人間の霊とかじゃないんだけど、無差別に害をなすモノらしい。

それよりも、轢かれた女の人が心配です。正直おれもその瞬間見てトラウマが。

友人も押されたって。やっぱり、他人には知らんぷりですか。

今度、友人と御祓い行ってきます。

(了)

 

怪談幽戯 [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

nezuminotenpura
鼠の天麩羅

ねずみの天ぷら 元号がいくつか前の時代のお話。 木樵と炭焼きと猟師を兼業で生活し …

151117_006
茶色い帽子のおじさん

  小学生の頃、塾に通ってたんだ。確か夜六時から九時ぐらいまでだった。 …

151002_000
ローカル私鉄の怪

それは、私が地方のローカル私鉄で、運転士をしていた頃の話です。 季節は晩秋の…空 …

rengeoneisan
レンゲ畑のお姉さん

  父方の実家での昔の話。 俺がまだ5歳の時のことで、その頃はなんでそ …

asiuribaasan
足売り婆さん

第6話 足売り婆さん 大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談 これは、俺の先輩に聞いた話だ …

yakedonotiryou
★火傷の治療

昭和の初め頃、夕張のボタ山でのお話。 開拓民として本州から渡って来ていた炭鉱夫A …

usotuki
嘘つき幽霊

  五年くらい前に昼過ぎの空いた電車に乗っていたら それまでカバンを抱 …

okuribokko
おくりぼっこ

今は昔。頃は夏。二度目の田舎への一人旅での事。 2005/07/13(水) 07 …

nazonokyoku
謎の曲

  出所が分からない所からの楽曲ダウンロードはしばらくやめよう思った俺 …

kudankudan
くだん(件)

知り合いの話。 311 :雷鳥一号:2003/11/28 21:40 学生の頃、 …