【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

雨の日の匂い

      2017/01/28

Sponsored Link

高校生の頃の話。ある日、吐き気とめまいがして早退した。

681 :本当にあった怖い名無し:2013/05/26(日) 01:38:37.03 ID:XqfjlOSA0

普段は健康そのものなので、めまいなんか初めてだった。

あんまり具合が悪いんでタクシーで帰ろうと思ったけど、あいにく手持ちの金がなかった。

近くのコンビニで金を下ろして出てくると、雨が降り出していた。土臭さの中に少し生臭さが混ざったような雨の匂いに、ますます気分が悪くなる。

普段雨の匂いなんて気にもとめないんだけど、その時はやたらと鼻について不快だった。もう今にも吐きそうなくらい。

もともと車酔いしやすいたちだから、今タクシーに乗ったら絶対吐くと確信した。

仕方ないから歩いて帰ろうとしてると、めまいがひどくなって世界がグルグル回っている感じがした。

雨の匂いも、どんどん生臭くて嫌な匂いになっていく感じがした。

立っていられずにうずくまっていると、通りすがりの人に声をかけられた。

俺とそう歳の変わらなさそうな若い男だった。

若いっていうか、まだ中学生か高校生くらい。制服は着てなかったけど。

「匂いにあてられたんじゃない?」

とか言って、入れ歯洗浄剤みたいなでかいラムネ菓子みたいなやつをくれた。

普段なら知らない人からもらったものを口にしたりはしないと思う。

でも、なんだかそいつとは初対面とは思えないような親近感があって、警戒心を抱かなかった。

食べると、やっぱり入れ歯洗浄剤みたいに口の中でシュワシュワした。

でも味はうまかった。梨みたいな甘い味だった。

それを食べると、気分がかなり良くなった。

急に生臭い匂いも薄まったように感じて、ほとんど気にならなくなった。

だいぶ具合も良くなったし、これで無事帰れると思ったら、そいつが送って行くって言い出した。

もう平気だし、うちは結構遠いからいいよって断った。

でもそいつは近道を知ってるからついて来いって言って、勝手に歩き出す。うちとは逆方向に。

だいたい家の場所を教えてないんだから、近道も何もあったもんじゃない。

こいつヤバい奴かなって、ついて行くのをためらった。

まだ中高生くらいなのに、平日の昼間から私服で出歩いてるし。

でももらったラムネに薬が入ってたんじゃないかってくらい楽しい気分になってきて、結局ついて行くことにした。

そいつはドラッグストアの駐車場に入って行った。

塀があるから通り抜けはできないはずなんだけど、構わずどんどん歩いて行く。

塀と壁のすき間に、人ひとりがやっと通れるくらいの狭いすき間があった。

そいつは戸惑う俺になんかお構いなく、スルスルっとすき間に入って行った。

俺もついて行こうとするけど、狭くて進みにくい。あちこち体がこすれて痛かった。

スタスタ先に行ってしまうそいつに、

なぜか俺は「レオ、待って」と口走っていた。

レオは死んだ猫の名前。

本当になんで何の脈絡もなく猫の名前が出てきたのかわからない。

そいつは何も言わずに立ち止まっていたけど、俺が追いつく前にまた歩き出して先に進んでしまった。

少し歩くとすき間から抜けられた。

そこは俺の家のすぐ裏だった。

しかもあいつの姿もない。狐につままれた感がハンパない。

Sponsored Link

後日、その不思議な近道を確認しに行った。

塀と壁のすき間を覗き込むと奥は完全に行き止まりになっていて、通り抜けられるすき間なんかなかった。

その後、大学生になった俺は飲み会で一つ上の黒木さんと出会った。

その人は高校の頃謎の近道で家に送ってくれたあいつにそっくりだった。

俺は興奮して「一度会ったことありますよね?」と問い詰めた。

黒木さんは思いっきり嫌な顔をして

「はぁ?お前誰だよ」って迷惑そうに答えた。

黒木さんは大人しい人で、馴れ馴れしい積極的なリア充タイプの人間が嫌いだそうだ。

俺は普段そういう感じではないけど、その時は確かにうざいほどテンションが高かったと思う。

黒木さんはどこからどうみてもあいつそっくりだし、さらに驚くことに近づくとあいつからもらったラムネ菓子そっくりな匂いがする。梨みたいな甘い匂い。

俺はオカルティックな好奇心に駆られて黒木さんに接近しようと頑張ったんだけど、すげーうざがられた。

最初はアドレスすら教えてくれなかったし、話しかけてもほとんど反応すらしてくれなかった。

それでも粘ると、ようやくまともに接してくれるようになった。

今は結構仲がいい。でも結局黒木さんは高校生の時の俺に会ったことは絶対にないって言う。

それに、なぜ黒木さんに激似のあいつに対して、死んだ愛猫の名前を口走ったのか謎のまま。

(了)

 

図説日本妖怪大全 [ 水木しげる ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

見えない古本

  おじいさん一人と奥さんの二人でやってる古本屋でバイトをしてた時の話 …

生きとし生けるもの

先日、次男坊と二人で、河原にふきのとうを摘みに行きました。 まだ少し時期が早かっ …

和菓子屋の手紙

私は編集者をしており、主にイベントや食べ物屋さんなどの紹介記事を書いています。 …

アイスクリンバス

これは私の父が、若い頃に友達から聞いた話です。 昭和××年四月九日、斉藤一家は父 …

デ顔んナ

映像製作の専門学校がありまして、私はそこで講師の助手のような仕事をしています 4 …

空き家の赤べこ女

小学校低学年の頃、両親の用事で俺は知り合いのおばちゃんちに一晩預けられた。 86 …

渡されたメモ

二十五歳の時の実話です。怖いというよりは不思議要素が多い実話です。 263 :本 …

不思議な旅館

怖いというよりちょっと不思議な話です。 怖い話投稿:ホラーテラー 弓月 :200 …

まぶたの赤児【哀しくて切なくてチョッと怖い話】

よく怖い話で「昨日までいた彼女の存在がそっくり消えた」とか「昔の友達に関しての記 …

謡い聲(うたいごえ)

今からお話するのは、おそらく毎日、私の身の回りに起こっていた出来事でそれが日常だ …