【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

雨宮ファイル

   

Sponsored Link

自分、数年前まで警察の人間でした。

大学を出てすぐ東京都豊島区の警察署に配属。

自分は東大出のいわゆるキャリア組で(自慢に聞こえたら済みません)、いわゆる期待の星。

そういう背景もあって、お偉いさんたちには自然可愛がられる傾向に。

で、ある日署長サンに飲みに誘われた。

自分はもう着替えおわって、帰り支度が済んでいたけど、署長はまだ制服姿で、しかも「もうひとメール打つから待て」と言う。

暇を持て余して、また自席につき、ぼんやりと閑散とした室内を眺めていると、目の前にぽん、とバインダーが投げ出された。

「キミも、いずれ知ることになるだろうから。暇潰しに読んでて」

そう言うと署長はまた席に戻り、カタカタとキーボードを叩く。

厚さ2cmほどのプラスチックバインダの背表紙には、『雨宮さん』と書いてある。

なんだろう……パラパラとページをめくる。

調書や現場写真。いわゆる捜査資料の類がファイリングされている。

そして、その内容を読んで愕然とした。

本当に、なんというか、オカルトチックな事件の集大成。

そして、そのほぼ全てが未解決。

1ページめくる毎に、ぞくぞくと背中に悪寒が走る。

キツネ憑きの窃盗事件容疑者の写真とか、顔つきが半端じゃない。

人間の顔じゃない。洒落になってない。怖い。

事情聴取の調書にも、素で『ケーン』とか『キキキ』とか書いてある。

いろいろ他にもあったけど、マジでこれ以上は勘弁。割愛します。

三分の一ほど読んだところで、署長にファイルを取り上げられる。

「はい、そこでストップ。続きは、キミが署長になったらね」

そう言うと、署長はそのファイルを自席の鍵付きの引き出しにしまった。

頭がボーっとして、脇にイヤな汗をかいていたのを覚えている。

Sponsored Link

池袋の小料理居酒屋で署長に話を聞く。

簡単に言うと以下のような感じ。

警察にも所轄毎に、いわゆる『成績表』がある。

検挙率とか、そういうふうに考えてもらえばいい。

で、警察とはご存知、地域密着型のサービスゆえ、様々な側面で『地域格差』が出るのは否めない。

例えば、所轄により、どう頑張っても『科学捜査では解明できない事件』が多発するエリアがあるらしい。

そういったエリアでは、当然事件解明に至る確率は低下する。

そのような地域による評価の較差をうめるべく、70年代あたりから、特定の条件を満たす特殊な事件に関して、その評価の対象から暗黙のうちに除外される、というルールができていたらしい。

それが雨宮さんファイルに綴じられているような事件である、と。

「で、雨宮さんて、誰なんですか?あのファイルの名前……」

自分がそう聞くと、署長は胸のボールペンを取り出し、和紙の敷物に一文字、

『霊』

「な、上のとこ。雨、だろう」

ニヤニヤする署長さん。

また後日、俺はそのファイルの事が気になり、署長に再度見せてくれと頼んだところ、

「気にするんじゃない。忘れておきなさい」

と、ピシャリと一喝されてそれ以来。

その後、その署長といろいろゴタゴタがあって、警察も辞めてしまい、今はお気楽サラリーマンやってます。

なんていうか、まんまXファイルでした。
同期の話では、文京区、足立区の所轄にも同様なファイルが……

書いたあとで、ちょっとヤバいかなと思ってるんで、とりあえず、フィクションですということでよろしくです……

(了)

 

「極」怖い話(甦怪) [ 加藤一 ]

Sponsored Link

 - 都市伝説

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ナチスドイツのUFO!! 映画アイアン・スカイにみる仰天都市伝説の真相とは!?

UFOはナチスが開発した!?ってホント? 奇跡の兵器 世界中で目撃されている未確 …

小指のない村人

母方の祖母に会いに行ったときの話。 私はまだ母方の祖母に会ったことがなく、もう長 …

クラシマヒサユキ(ヒサルキ まとめ)

ひさゆき? ヒサルキ? イサルキ? そういうのがネットの都市伝説っぽくなってるみ …

呪いのコンパクト【巣くうものシリーズ07】

今年初めのことだから、もう結構前のことです。 前回書いた怨霊のカタマリ憑き男Iの …

宮迫博之が語る『パイロットのタブー』BAR UFO 人志松本のゾッとする話より

雨上がり決死隊の宮迫博之さんが語る…… 「信じるか信じないかはあなた次第」な話 …

姑塩漬け殺人事件

賃貸不動産板で、最低と書かれている不動産会社で働いていた友人三宅(仮名)から聞い …

秘匿の幽閉一家【未公開事件シリーズ】

  興味深い話を聞いたので紹介しておきます。 警察には未公開な事件が多 …

廃墟のイタズラ書き

俺が小学生の頃の話。俺が住んでいた町に廃墟があった。 844 :本当にあった怖い …

模倣【巣くうものシリーズ08】完

また時間ができて、少し前にあった話をまとめたんで、気晴らしに投下。 去年の秋の話 …

最後の夜【ナナシシリーズ07】

物事には終りというものが必ずあって、それは突然に訪れるものだと知ったのは、15の …