【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

これはただの夢でアルビノ

      2016/11/17

Sponsored Link

俺は幽霊を信じたいとは思うけど、だからこそ全力で否定するという人種。

786 :本当にあった怖い名無し:2012/04/28(土) 23:41:14.57 ID:2WTk7KE20

いて欲しいと思う反面、素直に信じれないので、科学的な理由をつけられない現象に遭遇したい。

だからそういう心霊スポットとか巡ったり、百物語したりして心霊体験をしようと探しまわってる。

不思議な現象があっても、科学的な根拠を見つけようとする。

オカ板住人的には好ましい人種ではないかもしれない。

で、そんなある日、特に心霊関係ではないオフで知り合った六波羅という男がいた。

彼と会ってすぐ、「なにか霊的なものが憑いてる」って言われたのよ。

会ったのはそれが初めて、どうやら神社の息子らしいことは、ネットを通じて知っていた。

しかしまあ、初対面の人にそれを言われても、根本が疑う気質なので、

『ああ痛い子だ。いやもしかしたら詐欺かも?』

くらいに思ってたわけだが、同時に好奇心も抑えきれなくなる。

同時に心霊スポットでヤクザに追いかけられた経験より怖いことはないと思ってた。

「ふーん?どんなのが憑いてるの?黒髪の女の子がいいな」

最初はそんな返事をしたと思う。

けど、彼は首を振って

「確かに女だけど、髪は長くて白いな。なんか人工的に塗ったような色。いやまって、蛇?」

ここで少しドキリとする。

中学生の頃から、何度もそんな女の子が出てくる夢を見ているんだ。

真っ白い髪の毛で目が赤い、アルビノの女の子。

十七歳くらいで特別可愛いわけじゃない、ちょっとキツイ印象の顔つき。

しかも、たまに白い蛇の姿か、犬と人間の間の子みたいな気味の悪い怪物になることもある。

でも、どんな姿でも夢の中ではその女だと認識してる。

特に何かしてくるでもなく、役柄や服装も夢ごとに変わるため、心霊関係だとは思っていなかった。

夢の常連キャラ程度に思っていたので、この夢の話は誰にもしていない。

そこでちょっとだけ興味が湧いた俺は、少し話を聞いてみることに。

「憑いてるってどういう感じ?背後霊みたいな?」

「んーなんていったらいいんだろう?お前に興味があって憑いてるじゃないかな。悪意は感じない」

「じゃあ、ほっといたらいいんじゃね?」

「いや、取り憑いてるのは確かだから。何かあるといけないし、お祓いした方がいいって」

その後しばらく話して、父親に見てもらって、出来れば除霊しよう、お金は取らないとそういう話になった。

この時点で、俺は少し興ざめしていた

結局、お祓いして金払えって言ってくる一種の詐欺じゃねえ?と、そういう認識になっていたんだ。

まあでも、夢の登場人物を言い当てたことにはちょっと驚きがあり、時間もあるからそのままそいつの神社へと行ってみることに。

タダでしてくれるっていうし、金を取られそうになったら逃げればいい……

幽霊を信じないが興味はある人間の標準的な反応だと思うが、そう考えていた。

俺のオンボロ軽で十分くらい走って着いた神社は、結構大きな神社だった。

本堂に案内されてから少し待たされ、六波羅は人柄のよさそうなおっさんを連れてきた。

たぶん、父親だろうと挨拶をすると、おっさんは何故かしきりに外を気にしている。

「な、なにか?」

「随分凄いものを連れてきたみたいだね、何か怖い目にあったかい?」

「いえ、特には」

この曖昧な会話、どうせコールドリーディングだろう? くらいにしか考えていない。

「まあ、とりあえず」

なにか言いかけた途端『パン!』という紙風船が割れたような、乾いた音がした。

疑問に思いながら周囲を見渡すと、妙に焦げ臭い。

お香か何かかと思ったが、それにしては臭いし、妙だ。

が、そんな疑問もおっさんの狼狽具合が半端無くて、すぐに消し飛んだ。

おっさんはしきりに周囲を気にして、先程より輪をかけて狼狽していた

その上、脂汗をたらーっと垂らしていたのが、かなり印象的だった。

「すまない。来たばかりで済まないが、もう帰ってくれないか?」

「え?でも」

「今度もっと凄い人を紹介する、だから、今日は……」

「いや、えっと。さっきの音、なんなんですか?」

「……ちょっと待っててくれ」

少し離れて、部屋の隅にあった盛塩を持ってくるおっさん。

その塩は斜めに焦げたような筋がついていて、どうやら焦げ臭いのはそれが原因だったようだ。

なんていうんだろう?盛塩にガスバーナーを至近距離で当て続けるとこうなるかも? って感じ。

「こんなものは初めてみた。すまないが私の手に負えるような代物ではない」

「はあ……」

このあと何の収穫もないまま帰されるのもシャクで、その霊について、幾つか聞きだそうとするが全くダメ。

そんな調子だから、来てすぐだったが帰されることに。

紹介するという人も、なんだか興が冷めてしまって断った。

というか、何か担がされかけて都合が悪くなったんじゃねえか? 程度に考えていた。

ぶっちゃけ、盛塩も仕込みだとすら思っていた。

ただ、今思うと、確かに夢の中で、あの女が無表情以外の表情をしたことはなかった気がする。

 

Sponsored Link

まあ、そんな事件は数年前の話。

それから被害らしい被害もなく、つい先日まで忘れていて、相変わらず時折夢に女は出てくるけど、実害もなく過ごしていた。

で、一週間前、家から離れた心霊スポットと噂される廃墟に探索に行っていた。

廃墟が好きな俺は、心霊スポットとか関係なく廃墟に入っては、写真を撮る趣味があったんだ。

昼間だし、大して恐怖もなく、いつもどおりに写真を撮ろうと中に踏み込んだ瞬間!

「いぎゃあああああああああ!」

という男性の悲鳴が聞こえた。

昼間というのもあったかもしれない、幽霊だとか、そういう思考は微塵もなくて、

ただ「事件だ!」と、反射的に考えて、声が聞こえた廃墟の二階に向かって走りだした。

そこは山奥で人通りも少ないから、殺人事件とかそういうことがあってもおかしくない雰囲気だったんだ。

懐中電灯を武器のように構え、深呼吸して二階に入るが何もない。

部屋は三部屋あったんだが、どの部屋を見ても人の気配すらしない。

しかし、どう考えてもあの悲鳴は二階から聞こえてきた。

百歩譲っても、建物はこのへんにここしかないし、高い位置から声が聞こえるとしたらここだけ。

おかしいなー。確かに聞こえたんだけどなー。

とふと死角だったドア側の壁をみると、そこにはあの時の盛塩と同じ。

ガスバーナーで描いたような線が斜めに引かれており、それを見つけた途端にあの時の焦げ臭さを感じた。

……とまあ、それだけ。

直接的な被害も無ければ、俺が聞いた悲鳴だけが変ともいえる。

似たような現象はこの二件しかない。

一週間前のも、悲鳴さえ気のせいかもしれないと思い始めてたんだが、今朝、あの女の夢を見て数年前のことを思い出した。

ちなみに、夢では無表情で愛想が悪いマクドナルドの店員だった。

オカルトに解釈すれば、憑いた霊が、俺って獲物に手を出しそうだった霊を殺す? ってのはおかしいか、破壊? しちゃったんじゃねえかなーと、考えたわけだが、どうだろう?

こんなことがあっても、幽霊は信じてないんだけどね、怖い思いもしてないし。

ただまあ、妙だなーって経験だったので、書いてみた。

参考資料

アルビノ(Albino)とは?

動物学においては、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。

先天的なメラニンの欠乏により体毛や皮膚は白く、瞳孔は毛細血管の透過により赤色を呈する。劣性遺伝や突然変異によって発現する。

広く動物全般に見られ、シロウサギやシロヘビが有名である。

ほとんどの場合、視覚的な障害を伴い、日光(特に紫外線)による皮膚の損傷や皮膚がんのリスクが非常に高い。

また外部から発見されやすく自然界での生存は極めてまれである。

そのため、しばしば神聖なものやあるいは逆に凶兆とされ、信仰の対象として畏れられる。

また、観賞用としても人気がある。なおアルビノは、正常な遺伝情報により白化した白変種とは異なる。

ヒトのアルビノは医学的に先天性白皮症と呼ばれる。

チェディアック・東症候群 (CHS) 、ヘルマンスキー・プドラック症候群 (HPS) 、グリシェリ症候群 (GS) の合併症として起こる色素欠乏を白皮症に含める場合もある。

アフリカ南東部(サブサハラ)では、「アルビノ」の体には特別な力が宿るという迷信から、臓器や体の一部など売却する目的で、アルビノの人々をターゲットにした殺人が後を絶たない。

アルビノの人体は迷信的な呪術の道具に使用される。

その用途は富や豊穣、 選挙に勝つ事だったり、病気の治療だったりと多岐にわたる。

呪術に使用されるために殺される他にも、その外見などからアルビノの人に対し様々な差別や迷信を持つ地域や人が多い。

2014年11月18日、国連総会は六月十三日を「国際アルビニズム(白皮症)啓発デー」と定めた。

アルビノの著名人

ノア
旧約聖書に登場するノアに関して偽典『エチオピア語エノク書』には、「彼の身体は雪のように白く、またばらの花のように赤く、頭髪、(ことに)頭のてっぺんの髪は羊毛のように白く、眼は美しく(エチオピア語エノク書106:2)との記述がある。

清寧天皇
名を「白髪皇子(しらかのみこ)」といい、日本書紀によれば生来白髪であったことから、父の雄略天皇は霊異を感じて皇太子としたとされる。

粕谷幸司
アルビノの日本人タレント。

(了)

 

呪術探究(巻の2)/呪詛返し [ 原書房 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

img1542
事務用品セールスマンの奇妙な体験

こないだ俺が体験した、すんごいゾッとした話。 216 名前: 本当にあった怖い名 …

151129_012
●とあるバイト

1990年代中半の話。 オレはその頃名古屋の大学に通ってて、一人暮らしをしてた。 …

img0292
時空の同級生

  母から聞いた話。ほんの一ヶ月くらい前の話です。 599 :本当にあ …

kounaikamikakusi
校内神隠し

私が高校生のときの話。 969 :本当にあった怖い名無し:2013/01/31( …

151110_002
訪ねて来た友人

弟の友人の話。 633 :本当にあった怖い名無し:2012/08/03(金) 1 …

tunagaru
繋がる

  私が学生だった頃の話です。 友人が親元を離れ、一人暮らしをすること …

infity-repeat
インフィニティ・リピート

子供の頃の不思議な体験 412 :本当にあった怖い名無し:2013/01/03( …

tanpen_004
オカンの忠告

前にいた職場の喫煙所に、40cm四方くらいのでかい灰皿があった。 大きい建物の利 …

kawatta-rinjin
変わった隣人

  私が住んでいるマンションのお隣さんがちょっと変わっている。 536 …

151116_011
彼女の手

20代前半で地方から上京して仕事をしていた時、間もなくして同僚の女性と仲良くなっ …