【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

開かずの地蔵堂

   

Sponsored Link

話の舞台は長野県と新潟県の県境にある寒村。

その村には『開かずの地蔵堂』なるものがあるらしい。

地蔵堂と言っても、お堂の中にあるのは御地蔵様ではなく『大きな赤い石』らしい。

御地蔵様はお堂の入り口を塞ぐ様に立っているので、いつの頃から『開かずの地蔵堂』と呼ばれるようになったとか。

お堂の中にある『大きな赤い石』については、ハッキリした記録は無いらしいんだが、村に伝わる伝承だと今から200年以上前に畑の開墾中に土の中から出てきたそうだ。(この時、石は赤くなかったらしい)

畑の真ん中にそんな『大きな石』があったら、当然じゃまって事で、かなりの人数と牛を何頭か使いどかしたそうだ。

その時は何事もなかったらしいんだが……

何日かすると、石の撤去に関わった者が体調を崩し始めたそうだ。

皮膚が火傷の様に爛れ、血を吐き倒れる。人間だけではなく、石を引かせた牛までも……

更には、何とその石は、夜になるとボンヤリと発光したらしい。

で、

「この大きな石は山の神様の化身だっ」

「無理矢理動かしたから祟りが降り掛かったんだ!」

って事になり……

大きな石を隠す様にお堂を建て、祀ったそうだ。

Sponsored Link

ところが、祟りは治まらなかったらしい。

お堂を建てた職人や御供え物を持って行った者まで体調を崩し倒れてしまった。(祟りにあった人達は、殆んどそのまま亡くなったそうです)

その後お堂の入り口に犠牲者の供養と祟りの鎮静化を祈って御地蔵様を建立したらしい。

現在のお堂は大正時代に村の勇者? 達が、古いお堂に被せる様に新しく造った物らしい。(初代お堂が老朽化した為)

その時は特に祟りなどは無かったとか。

とまぁそんな経緯で『開かずの地蔵堂』になってるらしい。

この話は村の中でも「さわらぬ神に」的な扱いを受けていて年々マイナーになっているそうです。

『大きな赤い石』の正体も全く解らんし……

(了)

 

怪談実話のネタ本 [ 不思議な世界を語る会 ]

Sponsored Link

 - 集落・田舎の怖い話

[PR]

Comment

  1. 名無し より:

    多分その石出土時には大量の放射線が出てたんじゃない?時間が経過して半減期に近づき近寄っても大丈夫になったとか、そうなると呪いでも何でもないね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

もんじょこき

  小学生だった時の話です。 675 : 本当にあった怖い名無し : …

くだん(件)

知り合いの話。 311 :雷鳥一号:2003/11/28 21:40 学生の頃、 …

よりかたさま【集落にまつわる怖い話】

会社の新入社員研修の時に同じ部屋だった同期の藤田から聞いた話。 741 : 20 …

因習の村

このあいだ、就活で山間の村に行ってきたんだが、そこはキ○ガイ村だったんだ。 5 …

カワサキ村【定番!!子々孫々語り継がれる怖い話】

昔、俺が体験した話。 俺は出張で岐阜県に一ヶ月ほど滞在していた。 岐阜市内より三 …

ささら

うちの実家は、東北の田舎なんだが、旧暦の正月に『ささら』っていうお祭りがある。 …

十九地蔵

俺の家は広島のド田舎なのだが、なぜか隣村と仲が悪い。 俺の村を富毛村、隣村を端下 …

死者が屋外を練り歩く

この夏に友達と、駅から徒歩二時間ほどの村へ行ったんだよ。 896 :本当にあった …

止めてはならない祭

子供の頃の話です。私が住んでいた山奥の村では、年に一度、奇妙な祭りがありました。 …

木の杭

俺はド田舎で兼業農家をやってるんだが農作業やってる時にふと気になったことがあって …