【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

赤い服の女【定番・都市伝説】

   

Sponsored Link

三年近く前、泉の広場のところでヘンな女がうろついていた。

208 :あなたのうしろに名無しさんが:02/06/21 10:59

通勤の帰りによく見かけた。

三十前後で、赤い色のデザイン古そなドレスっぽい服着てて、小柄で、顔色悪く目がうつろ。

髪は背中近くまであって、伸ばしっぱなしに見えた。

目立つ服の色と、なんか独特の雰囲気があって、目がいってしまう。

でも怖い(キ印っぽい)感じして、何気なく観察はしても、目はあわせんようにしてた。

女はいつも広場の中をうろうろしてた。

地下出口を出たとこの何本か外れた飲み屋筋に、立ちんぼのネエちゃんの多い場所があって、そこのネエちゃんかな?と思ってた。

ある日の仕事帰り、広場内の薬局の店頭でコスメの安売り見てた。

私は買い物するの時間かけるほうで、そん時も多分一時間近く店にいたと思う。

その夜も女は広場をうろついていて、いつものことなんで特に気にとめてなかった。

でも、店から出た時、視線感じて顔上げると、広場の真ん中の噴水を隔てて女がこっち見てた。

なんかヘンな感じがした。

私は目が悪くて、眼鏡かけてても、少し離れた場所だと相手の顔とかよく見えないのに、女は妙にくっきり見えたんよ。

3Dみたく。

目があった途端、気持ち悪くなった。

何か本能的に怖くて、びしぃ!と鶏肌立って。

うわ、ヤバい。

でも何が?自分でも思考回路謎のまま、それでも反射的に店内に戻ろうとしたけど、金縛りかかったみたいに身体が動かん。

助け求めようとして、声すら出ないことに気付いた。

いつもふらふら歩いてるはずの女が、すっと素早く近寄ってくる。

明らかに普通じゃない様子で、髪振り乱してドレスの裾ゆらしてこっち来るのに、誰も気付いてくれない。

もの凄い顔で笑ってて、その表情の怖さにふーっと気が遠くなった。

だって、目のあるとこ、全部黒目にかわってるんやで。

怖い、もうあかんって思ったときに、いきなり誰かが後ろからぎゅっと腕を掴んできた。

ここで身体の自由が戻った

驚いて顔上げると、男の人だった。

話しかけようとしたら、「静かにして」って小声で注意された。

呆然として顔見上げてると、男の人はますます手をぎゅーっと握ってきて、怖い顔で前を見てる。

つられて視線戻したら、女がすぐそばに立ってて、男の人を呪い殺しそうな目つきで睨んでた。

すごい陰惨な顔してて、怖くて横で震えてたけど、女はもう、うちのことは眼中にない感じで

「……殺す……」

ってつぶやいて、男の人の横をぶつかるみたいに通りすぎて、店内に入ってった。

男の人はその後、私をぐいぐい引いて、駅構内までくると、やっと手を離してくれた。

駅が賑やかで、さっきあったことが信じられんで呆然としてると、「大丈夫か?」って声かけてきたんで、頷いたけど、本当はかなりパニクってたと思う。

相手の名前聞いたりとか、助けてもらったのにお礼言うとか、まともにできなかった。

男の人は改札まで見送ってくれた。

別れ際に「もうあそこ通ったらあかん」とか言われて、「でも仕事あるし」「命惜しかったらやめとけ」答えようがなくて黙ってると、

「今日は運よかったんや。あんたの守護さんが俺を呼んで、あんたを守ってくれたんやで」

「…………」

「たまたまやねん。わかるか?あんたが助かったの、たまたま守護さんがわかるもんが、たまたまそばにおった、それだけやで。あいつにとり殺されたくなかったら、もう通らんとき」

守護さんって何やのん。

守護霊のことか?霊なんて見たことなかったから、自分の体験したのが何なのかわからなかった。

正直、今もわからない。

女はどう見ても生身の人間に見えた。

それで返答に困ってると、その人は私に何度も「一人で通るなよ」と繰り返して、行ってしまった。

未だにアレが何だったのかわからない。

私は二ヶ月後、そこの仕事場辞めたけど、その間、夜は泉の広場を一度も通らなかった。
男の人も、女も共に謎。

男の人の名前、聞いて置けばよかった。

今も半信半疑だけど、助けてくれたんならお礼言いたかった。

反面、かつがれたんかな?と思わなくもない。

でも目的は何?

すっきりしない。

後日談

怖い目にあった次の日、性凝りもなく泉の広場を通ろうとした。

霊体験の少ない悲しさで、なんか日が変われば、(夜だったけど)白昼夢みたいな感じで、恐怖感が薄れた。

実際、昼間通った時は何ともなかった。

で、帰り道。

さすがに暗くなってると、あの男の人の『とり殺される』って言葉が浮かんで怖かった。
ただ、梅田界隈って賑やかやから、警戒心は薄れてた。

自分の中に、女が人間かどうか確かめたい気持ちもあった。

でも、甘かった。

泉の広場に続く階段を途中まで降りると、赤服の女がしっかり居た。

下から三段目ぐらいの階段右の隅っこのほうに、背中こっちに向けて座ってた。

もしかしてこれは待ち伏せ?反射的にそう思った。

私は広場をうろつく姿は見てたけど、女が階段に座ってるのを見たことはなかった。

妄想かもと思ったけど、ぞっとした。

逃げたほうがいいと思った時、女がゆらぁと立ち上がった。

まるで操り人形の糸を引いたみたいな不自然な立ち方で、何故かその瞬間、あっ、こっち向く!って判って、慌てて階段駆け上がって後も見ず逃げた。

その時は体動いたんで、神様ありがとうと結構マジに思った。

それからは、全然泉の広場付近には行ってない。

チキンな私には、もう確かめる根性はなかった。

ただ、仕事辞める少し前、あの道を通る同僚の子三人に、(怖い体験は伏せて)広場に赤い服着た女の人いるよね?って聞いてみたら、二人は、「そんなん見たことない」と言って、一人は、「あー、あの不気味な人ね」と返してくれた。

見たことあると言った子は、とにかく怖い感じなんで、視界に入らないようにしてると言ってた。

彼女も幽霊とは思ってないみたいだった。

今でもたまに、あの人まだあそこにいるのかなって思う。

Sponsored Link

スピンオフ・赤い服の女

2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:3Nbu4Z100.net

この話を読んだ姉が、「その赤いワンピースの女を知ってる」とか言い出したのね。

今から一七、八年ぐらい前かな?

その当時私と姉は年二回ぐらい大阪に出張があって、たいていは日帰りなんだけど、その時にかぎって一泊ぐらいしようっつーてホテルをとったのよ。

で、そのホテルが噴水の向こうの階段を上がったところにあったのね。

仕事も終わってデパートとかで買い物三昧も済ませて、そろそろホテルに行こうかってことで、ホワイティ梅田をてこてこと噴水の方まで歩いていたのよ。

私自身はまったく霊感とかなくって本当に普通の人間で、その時もなんも感じずに地図を見てたのは憶えてる。

姉曰く、噴水の近くで浮浪者のような赤いワンピース(ピンクハウス系)の女性と眼が合ったそうだ。

その瞬間、周囲とは切り離されたようになって(なんか時間が止まっていた感じらしい)、その女性がすーっとこちらに滑るように近づいて来た。

姉は金縛りにあったようになってて、「まずい、眼をそらさなきゃ」って思うのに全然身体が動かず、「どうしようどうしよう」って心中パニックで焦った。

もう少しでその女が目の前に来るって瞬間、私がいきなり姉の腕を取って、私の方にひょいっと引き寄せた。

急に時間が動き出して、周囲の雑音とかも聞こえてきて、姉は大いに戸惑う。

私に「いま、女の人が……」と話しかけても、私は「無視、無視、無視」って言ってまったく取り合わなかったらしい。

たったこれだけの話なんだけどね。

不思議なことに、私はその時の記憶が全くない。

その直前で地図をみたとか、地図をみながらあの階段じゃない?とか話したのは憶えているのだが、姉の手を引いたとか、「無視、無視、無視」って言ったとかはまったく記憶にない。

その後階段を上ってホテルを見つけて、とかはちゃんと憶えているのにね。

あれは姉の白昼夢だったんだろうか?

(了)

 

恐怖箱怪泊 [ 加藤一 ]

Sponsored Link

 - 都市伝説

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

koukaitokyoufu
後悔と恐怖の記憶

  私が九年前から苦しめられつづけている、後悔と恐怖の記憶。 429 …

toirenofuta
トイレの蓋

  ABCラジオさんで大賞をとった話だよ。 大阪府豊中市 カモメのジョ …

151009_022
ちょうちんび

  この前久しぶりに会った地元秋田の女の子に会った。 2003/07/ …

151107_002
ヒサルキ

最近、保育園で、保母さんをやってる友達に聞いた話。 114: あなたのうしろに名 …

teikokurikugun
●帝国陸軍第十三号坑道

これを書いたら、昔の仲間なら俺が誰だか分かると思う。 バレたら相当やばい。まだ生 …

ico-tosidensetu
杉沢村 【都市伝説】

地図から消された村……杉沢村 今から五十年ほど昔、青森県八甲田山系の裾野に杉沢村 …

140730_001
エンジェル様

私が高校三年生の頃、こっくりさんやエンジェル様などが流行りました。 でもみんな怖 …

haikei.2
真っ黒な部屋

小学生の頃、俺は友達と2人で廃屋探検に行きました。 ターゲットは町内でも田舎な地 …

140624_011
手【ナナシシリーズ03】

学生時代、まだ桜も咲かない3月のその日。 僕はクラスメートのアキヤマさんという女 …

140613_018
★剥かれた犬

知り合いの話。 仕事でイギリスに出張した際、現地の同僚から変わった話を聞いたとい …